プロ野球タイムズ【野球まとめ】

プロ野球ニュース、試合結果、スコア速報、選手の移籍情報、ファンの反応
NPB、MLB、WBC、侍JAPAN、高校野球・・・野球まとめブログです~!


1: 2016/05/18(水)10:36:17 ID:???

性懲りもない不正で日本の五輪開催はこれが最後か
日本ではなぜかもみ消される電通の闇、海外では詳しく報道

きれいごとだけでは済まない」のか?

こうした動きに対して、国内では「オリンピックの招致なんて重大事には、多少の工作資金や袖の下は仕方ないのではないか?」という本音があるのではないでしょうか?

招致委がまとめた活動報告書によれば、平成23年9月から25年9月にかけて、寄付金や協賛金などで集まった約65億円の中から計7億8600万円が「海外コンサルタント」に支払われているという。

税金など官費ではないから、ある種の刑事訴追は免れるのかもしれません。いや、そこに落とし穴があるとも言えます。「政治資金」として集まったお金を選挙運動員に配るというような信じがたい事件もありましたが、ご浄財というのはおかしな使途に使ってよいお金というわけではない。

オリンピックを呼べるなら、多少の賄賂くらい仕方ない、というような「草の根の腐敗意識」が、国際的に腐った構造を温存し続けている第一の元凶だと私は思います。
 
【性懲りもない不正で日本の五輪開催はこれが最後か?】の続きを読む

1: 2016/05/17(火)16:24:36 ID:???
 人種や民族への差別をあおるヘイトスピーチを根絶するための法律が今国会で成立の見通しとなる中、在日コリアンを標的に川崎市川崎区でヘイトデモを繰り返している男性が6月5日にデモを計画していることが16日、分かった。集会とデモの集合場所として同区内の公園を仮予約し、人種差別団体「在日特権を許さない市民の会」(在特会)のインターネットサイトで開催を告知している。

 在日コリアン3世、崔(チェ)江以子(カンイヂャ)さん(42)が再びのデモ計画を知ったのは15日夜。「悲しい。子どもが泣いた。それがつらい」

 わが街、川崎・桜本に迫った差別主義者の一団に抗(あらが)い、母子は路上へ出て、差別をやめて共に生きようと呼び掛けてきた。

 崔さんは顔と名前、心の傷までさらし、国会では参考人として一刻も早い法整備を訴えた。「わが子の目の前でゴキブリ、死ね、殺せと言われ、心は殺された。このままではいつか本当に殺される」。中学2年生の長男中根寧生(ネオ)さん(13)も院内集会で登壇し、署名集めの街頭にも立った。「大人たちがルールを作り、オモニ(お母さん)や桜本の街やこの街の友だちを守ってくれると信じているから」

 ヘイトスピーチ解消法案が全会一致で委員会採決された12日、崔さんは寧生さんに「差別の根絶へ、法律という仲間が加わったよ」と伝えた。その3日後に告げなければならなかった悲しい知らせ。無言で流すわが子の涙に、ツイッターで「絶望」とつぶやいた。
 
【ヘイトデモ再び計画 6月に川崎、コリアン標的!】の続きを読む

1: 2016/05/17(火)17:15:40 ID:???

 「乱倫」とは、本来許されない、親子や兄弟姉妹どうしの「一線を越えた関係」のこと。記事は、日本の「2次元」においてこの「乱倫」がしばしば題材として用いられ、とくに親子の関係よりも「兄と妹」、「姉と弟」の色情がより好まれる傾向にあると説明。倫理的な問題になるデリケートな題材ながらも、それを「『萌え』によって性欲的な色彩や道徳的な意味合いを消し去っている」と解説した。

 また、世界各国の神話において語られる人類の起源の大部分は「乱倫」によって始まったものであるとし、日本の「2次元」における「兄弟姉妹への欲望」も人類の本能である、潜在意識にある自然の傾向である、と考える者も存在すると紹介している。そして「2次元」にはあれやこれやという枠組みがないゆえ、その世界の中で思う存分「自らのホルモンを放出させ、人類において最も禁忌とされる分野の妄想をすることができるのだ」とも論じた。

 記事はさらに、「日本人は男が強いにしろ、女が強いにしろ、不平等な性の関係を好む」と説明。

【どうして日本人は「2次元」において兄弟姉妹どうしの恋愛を描きたがるのか?】の続きを読む


このページのトップヘ