サッカー*サッカー【サッカーまとめ】

日本代表、W杯、Jリーグ、CL、・・・サッカーの話題とネットの反応をお楽しみ下さい!


1: 2016/07/18(月) 15:06:17.56
教えてくれ

【【チーム8】坂口、岡部、小栗、佐藤七、佐藤栞、横山、谷川、倉野尾、山田、永野、小田、中野以外でかわいいメンバー】の続きを読む

1: 2016/07/13(水) 16:10:36.51 _USER9

“洗脳”や引退報道が相次いだ能年玲奈(23)が、「週刊文春」の「阿川佐和子のこの人に会いたい」で、 現在の心境を語った。前事務所との契約が6月に終了した能年は、洗脳や引退を否定。 今後も女優業を継続し、絵や音楽などにも活動範囲を広げていくという。

能年は次のように語っている。 「洗脳報道もそうですけど、色んな言葉を浴びてそれと対峙することで自分が成長できたんじゃないかなって 今は感じてます。辛いこと、無駄なことは削ぎ落とすようになりました。

何かに囚われるよりも、面白いことをしようという風に気持ちを切り替えられるようになりました。 これから頑張っていきますのでどうかよろしくお願いいたします」

no title

【能年玲奈が独立後、初告白!「辛いことは削ぎ落とす」】の続きを読む

1: 2016/07/14(木) 10:03:18.22 _USER9

SMAPの中居正広が、13日に放送された日本テレビ系バラエティ番組『ナカイの窓』(毎週水曜23:59~24:54)で、 楽しみにしていた野球のものまねができず半泣きする場面があった。

今回、「野球VSサッカーSP」と題して、野球好きとサッカー好きが集結し、お互いの球技の魅力について熱いトークを展開。 大の野球好きで、巨人ファンとしても知られる中居は、冒頭からテンション高く、「だれでしょう?」と元巨人の吉村禎章氏のものまねを披露した。

ゲストの元大洋ホエールズ・高木豊氏を紹介する場面では、高木氏のものまねをして、「見てたなあ。本当に見てたなあ」としみじみ。 ダレノガレ明美が、過去に交際がうわさされた野球選手として「巨人だったら坂本(勇人)選手」と発言した場面でも、坂本のものまねをして笑わせた。

生き生きと番組を進めていた中居だったが、トーク時間終了を迎えると、「はぁ…」とため息。ゲストMCの近藤春菜(ハリセンボン)が「どうしました?」と聞くと、 「ペース配分間違えた…。打ち合わせで、最後は中居君に好きなだけ野球ものまねやらせてくれるって」と泣き顔になりながら打ち明け、ペナルティのヒデが「さんざん出してたわ!」と突っ込んだ。

さらに中居が「『絶対中居さんは台本通りに行かなくて押すけど、それでもやりたいんだったらやってください』、『野球ものまねの時間は絶対確保する』って言ってたのに」と駄々をこねると、 ヒデは「第2弾やろうよ」と提案。すると中居は「第2弾まで…我慢する!」と納得していた。 
【中居正広、大好きな野球ものまねできず半泣き「ペース配分間違えた…」】の続きを読む

1: 2016/07/14(木) 09:05:47.80 _USER9

地方の女子アナの“車上不倫”をフライデーされたばかりのNHKで、 今度は北海道の美人女子アナA(25)が高級愛人クラブに登録していたことが発覚! 大騒ぎになっている。

スッパ抜いたのは週刊文春と週刊新潮で、Aは昨年4月からNHKの室蘭放送局に契約アナとして所属し、夕方のニュース番組に出演。 Aは“パパ活”を推進する高級愛人クラブに登録したことは認めたものの、新潮の取材に「普通の出会い系とか結婚相談所みたいと思っていた」 「怖いと思ってやめた」と“愛人契約”については否定している。

もっともAが登録していた愛人クラブはHP上で〈会員制の安全な枠組みの中で 愛人マッチングサービスをご提供する完全に合法な組織です〉とうたっているだけに、にわかには信じがたい。

■正社員アナと契約アナの待遇格差

契約アナのAの月収は手取りで「15万円程度」というから、なおさらだろう。ある民放の契約女子アナがこう明かす。 「契約アナは正社員とは違い、番組ごとに募集されます。待遇は派遣社員とほとんど同じで、給料は20万円ほど。 昇給もまず望めない。“スイカップアナ”のようにタレントに転身できる可能性もあるから、 “女子アナ浪人生”が応募するケースが多いんですが、給料だけで生活するのは厳しいというのが現実です」

在京キー局の正社員女子アナが年収1000万円とかいっているのとは、えらい違いだ。 「基本的に休みもない。でも、代わりのアナはたくさんいますし、何かあればすぐに切られる。 NHKでは少なくとも100人以上の契約女子アナがいると思いますが、最近は民放もコストカットで契約を使うケースが増えています」(前出の契約女子アナ)

NHKは、Aについて「プライベートなことなので」、契約女子アナについても「数は公表していません」(広報局)とにべもないが、 年収は低く、身分が不安定では、愛人クラブに走る契約女子アナがいたとしても不思議じゃない。

Aが登録していた愛人クラブは、まさに最高級だった。 「女性は容姿のレベルによって4つにクラス分けされ、現役モデルもいる最上位のブラック会員の女性と会うためには、男性は約50万円かかる。 さらに、女性に1回デートを申し込むだけで8万~10万円をクラブに払う。 そこから先は当人同士の交渉次第ですが、お手当の相場は週イチのデートで最低でも月30万円です。 もちろん女性は登録無料です。ちなみにAは、登録女性3000人のうち3%しかいないブラック会員だったそうです」(業界事情通)

相当な人数の女子アナがイケナイことをしていそうだ。 
【NHK契約アナを愛人クラブに走らせた“手取り15万円”の現実】の続きを読む


このページのトップヘ