1: 2016/03/04(金) 14:40:03.43 _USER*.net
大火傷のメンバーへのSNH48特別公演

 中国・上海を拠点とするAKB48グループのSNH48のメンバー、タン・アンチーさん(23)が全身の8
0%を火傷する重傷を負ったことでSNH48は3日、公式サイトで、8日にタンさんの回復を祈る特別公演
を実施、収益をタンさんの治療費、リハビリ費用に充てることを発表した。

 特別公演はSNH48の全5チームが参加して行われ、チケットはオークションの形で販売される。メンバ
ーたちはタンさんの回復を祈りながら、特別公演に向けてハードトレーニングを開始したという。

 タンさんは1日、上海のカフェで友人と口論になり、何らかの理由で着火したライターの火が引火して大
やけどを負った。

全身の80%を火傷する重傷で、目下、集中治療室に入っているという。

 ANHを兼任するSKE48の宮澤佐江は、ツイッターで「心が苦しくて苦しくて…何も出来ないのにどうしよ
うどうしようと、気持ちが落ち着きません」と無事を祈っている。 
【【SNH48】 全身の80%を火傷したメンバーへの回復を祈る特別公演】の続きを読む

1: 2016/03/04(金) 13:06:53.63 _USER*.net
ナインティナインの岡村隆史(45)が、 フジテレビ系「めちゃ×2イケてるッ!」のレギュラーを務めていた三中元克(25)がクビになったオーディション企画が行われた背景には、 三中の番組スタッフらに対する態度などが問題視されていたことを明かした。

同番組の2月27日放送回では、 これまで“素人”として出演していた三中がお笑い芸人を目指すことになり、
プロとしての出演を継続させるべきかを決めるオーディションが視聴者投票によって行われた。
その結果、三中は不合格となり、番組降板が決定した。

岡村は3日深夜放送のラジオ番組「ナインティナイン岡村隆史のオールナイトニッポン」で同企画を振り返り、
「まさかまさかの不合格」と予想していなかった結果だったとしたが、 三中の降板については「『三中、可哀想や』とか言う人もいるかもわからないですけども、 このままずっと『めちゃイケ』におってもね、正直、ロクな人間にならなかったと思う」と語った。

岡村いわく、番組加入当初の三中は、朴訥なキャラクターで「かわいらしい三ちゃん」そのものだったが、
次第に「三中の根っこにある黒い部分」が見えてきたのだという。

「(三中は)素人さん、一般人代表やのに、後から入ってきたADさんに対しては、ものすごい“ADあつかい”する、みたいな」と、 テレビで見せる顔とは別の姿が見られたという。
また、番組の企画を途中で放り出してしまうことなどもあった。

放送ではそうした“黒い三中”を見せないようにカットしてきたが、「段々、それもできないようになってきて」と岡村。 三中に対して、周囲は「ちゃんとせなアカンよ」と注意してきたが、本人には伝わらなかったようだ。 
【岡村隆史、“めちゃイケクビ”三中元克の裏の顔明かす 「黒い部分」が見えて】の続きを読む

1: 2016/03/04(金) 15:29:26.42 _USER*.net
プロレスラーのハヤブサ(本名・江崎英治さん=えざき・えいじ)が、くも膜下出血で3日に
死去したことを所属事務所が4日、発表した。47歳だった。

ハヤブサは1991年に、FMWに入団。2001年10月22日に試合中のアクシデントで
頸椎(けいつい)を損傷し、レスラー休業を余儀なくされた。その後、賢明なリハビリに挑み、
14年には「5年後、レスラーとして再びリングに立つ」と意気込み、復帰を目指していた。

通夜並びに葬儀は、親近者のみで執り行い、後日「ハヤブサを偲ぶ会」を催す予定。 
【【訃報】プロレスラーのハヤブサ、くも膜下出血で死去 2001年に頸椎損傷でリハビリ中】の続きを読む

1: 2016/03/04(金) 10:21:01.83 _USER*.net
 日本テレビは4日、小説「火花」で芥川賞を受賞したお笑い芸人の又吉直樹さん(35)が、4月から同局系報道番組「NEWS ZERO」(月~木曜午後11時、金曜午後11時半)のキャスターに就任すると発表した。出演は月1回程度で、4月28日に初出演する予定。さまざまな「働く現場」を又吉さんが取材し、一流の職人や最高の技術などを紹介するという。

 又吉さんは「今、日本や世界で起きていることに敏感でありたいです。あらゆる問題に対して簡単に答えを決めず、迷い、悩み、考え抜きたいと思います」とコメントしている。 
【又吉直樹さん、4月から「NEWS ZERO」キャスターに就任!】の続きを読む


このページのトップヘ