1: 2016/02/21(日) 10:42:40.39 _USER*.net
2016.2.21 10:09

no title


 女性ファッション誌「non-no(ノンノ)」の専属モデルで女優、遠藤新菜(21)が3月26日公開の映画「無伴奏」(矢崎仁司監督)で俳優の斎藤工(34)を相手に初体験の濡れ場を演じ、早くも注目されている。(サンケイスポーツ)

 原作は作家、小池真理子さん(63)の自伝的同名小説で、安保闘争で全国に学生運動が広がる1969年から2年間の仙台市内が舞台。主演の成海璃子(23)演じる女子高生、池松壮亮(25)と斎藤工の大学生仲間、遠藤演じる女子高生の屈折した恋の四角関係を描く。 
【「自分の裸でどこまで表現できるか」21歳ノンノモデル遠藤新菜、斎藤工と初濡れ場熱演】の続きを読む

1: 2016/02/21(日) 11:00:09.02 _USER*.net
2016年2月21日

 ダウンタウンの松本人志(52)が21日放送の「ワイドナショー」(フジテレビ系)で、
バイオリニストの高嶋ちさ子氏が東京新聞に掲載した子育てコラムで遊ぶ時間を守らなかったとして子ども2人のゲーム機を真っ二つに折った写真を掲載したことを受けて「ゲーム機を一生懸命つくっている人からしたら、いい気はしない」と意見を述べた。

 松本は、「僕が子どもがバイオリンをひいていてバキバキに折ったら、高嶋さんはどうするのか」と仮定。「この人、怒ってるよ」と予想した。 
【松本人志 高嶋のゲーム破壊に持論「僕が躾でバイオリンをバキバキに折ったら、高嶋さんはどうするのか」 (デイリースポーツ)】の続きを読む

1: 2016/02/21(日) 11:10:12.36 _USER*.net
俳優で歌手の武田鉄矢(66)が21日、フジテレビ系「ワイドナショー」(日曜前10・0)に出演し、
演歌歌手、紫艶(しえん、38)との不倫疑惑を報じられた落語家、桂文枝(72)についてコメントした。

武田は、フライデーが書いた桂の不倫疑惑記事につけられた「師匠、あなたもゲスだった」という見出しに対し
「これ、タイトル間違ってますよ。流行り言葉だけど使い過ぎだよ。『あなたもゲスだった』って…ゲスじゃねえよ!って」と、見出しが不適切だと一蹴した。

続けて、武田は「(桂の)不倫が事実だとしても、どこがゲスですか。
ちゃんと自分のお金で、自分の名前を懸けて、自分の時間で、自分の稼ぎでやってらっしゃるわけだから。
一点の曇りもない“立派な間違った恋”ですよ」と桂を擁護した。

最後に武田は「(先輩の背中を見て)学びましょう、明日は我が身ですよ皆さん」と、穏やかな表情で共演者を諭した。 
【武田鉄矢、桂文枝の不倫疑惑に「ゲスじゃねえよ!立派な間違った恋ですよ」】の続きを読む

1: 2016/02/21(日) 11:28:38.20 _USER*.net
グラビアアイドル、タレントのおのののかが、20日にTBSのバラエティ番組『新チューボーですよ!』に登場。
おのは最近受けた結婚に関する占いの話や、毎日行っている美容の話などを語った。

現在はまだ相手が出来ないと嘆くが、
ハワイで占いを行い「結婚は2~3年後、名前のイニシャルがTの方」との結果であったことを明かした。
番組MCの吉村崇が「おれの名前、Tですよ」と突っ込むが「結婚願望、あるんですよね」とはぐらかし、
吉村の言葉を完全にスルーし絶句させていた。

朝は毎日豆乳を摂取するというおのは「肌にもいいし、胸にも張りが出るんです」と、
その意図を答えると、「胸の張り」というキーワードに、
吉村はおのの胸をガン見、同じくMCの堺正章から「こら!」と突っ込まれていた。

現在、デビューより4年が過ぎたというおの。
最初の2年は仕事がなく、毎月のギャラが500円だったと明かすと、
対して番組MCの堺正章もザ・スパイダース時代に同様の金額だったことを明かす。
するとおのは「本当ですか?いっしょだ!」と驚いた表情を見せるも、
堺から「一緒にすんな!こっちは52年やってるんだから」と突然のダメ出し。

さらには堺より、昨年のネットでの炎上に関する話をたずねられると、
おのは「私もネットでツイッターとか…ツイッターってわかります?」と堺に逆質問。
その言葉に「知っているよ!!そういう発言が炎上させるんだよ!年寄りをバカにした!」と若干切れ気味でまたもツッコミ。
おのは笑いながらもあせったような表情をしていた。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160221-00041584-crankinn-ent

おのののか
no title

【おのののか「ツイッターってわかります?」 失礼発言に堺正章キレる】の続きを読む

1: 2016/02/21(日) 08:25:20.45 _USER*.net
落語家・桂文枝(72)が20年に渡る不倫をしていた──2月19日発売の写真週刊誌「フライデー」では、
不倫相手とされる演歌歌手の紫艶(しえん、38)のコメントおよび旅行先と思われる場所での2ショット写真が掲載されている。

■「新婚さんいらっしゃい!」の司会が不倫とは……

文枝は上方落語の重鎮であるとともに、吉本興業所属の大御所タレントとしてテレビでも長年にわたり活躍してきた。
2012年まで「桂三枝」として活動していたため、「三枝師匠」と呼ぶ人もいまだに多い。

1971年1月から続く長寿番組、テレビ朝日系「新婚さんいらっしゃい!」では、椅子から転げ落ちる芸も人気。
2015年7月、文枝が司会を44年127日務め続けたとして、「同一司会者によるトーク番組の最長放送」のギネス記録に認定された。
放送開始の1971年は、文枝が婚約した年でもある。

そんな新婚さんをいじる立場の文枝が不倫と聞いて、多くの人が、椅子からこけるほどの驚きを見せたのではないか。
しかも、紫艶の年齢が公称通りで、20年前から交際しているのが事実であれば、紫艶が未成年である高校時代からの付き合いになる
紫艶は1978年の早生まれ。1月に38歳になった妙齢の女性だ。

ベッキーに始まり、イクメン議員と2016年は何かと不倫のトピックが多い。しかし、文枝の不倫報道はそこまでめくじらがたっていないから不思議だ。

「2016年に入り、政治家やミュージシャンなどの不倫騒動が次々と発覚し、当事者たちもそれなりの代償を受けてきた。
しかし、文枝の件は好意的な反応も多い。落語家の芸の一部だから、とか、20年の付き合いなら、事実上の妻では? とか。
文枝さんの人柄によるところも大きいのでしょうね」(芸能関係者)

なお、フライデーの報道を受けて、吉本興業は交際の事実を完全否定。また、文枝と紫艶とは「10数年会っていない」としている。
なお、芸名「紫艶」の名づけ親は文枝である。

紫艶は中江ひろ子名義で活動していた18歳で「吉本演歌歌謡曲選手権」で優勝。紫艶名義では2000年に「渋谷のネコ」でデビュー。
同年、日本有線大賞新人賞を受賞した。写真集を出すなど「セクシーな演歌歌手」として知られたが、近年は目立った活動を行っていない。
ホステスをしており、芸能界からは事実上引退状態とも報じられている。

そんなことから、

「フライデーに写真を流出させたのは紫艶側ではないか。今、話題になっている加藤紗里の影響もあって、そんな連想をする芸能関係者もいます」(同前)

と推測する声も。お笑い芸人・狩野英孝(33)と破局したグラビアアイドル・加藤紗里(25)と似たような動きにも見えなくもない。

文枝側が完全否定したことで早々に収束するのか、紫艶からの反撃はあるのか、今後の動向はいかに。

http://dailynewsonline.jp/article/1092202/
デイリーニュースオンライン 2016.02.21 08:00

no title

【桂文枝、不倫騒動を完全否定…第二の加藤紗里疑惑も】の続きを読む


このページのトップヘ