1: 2016/01/15(金)21:13:41
 15日午後7時半ごろ、全国初となるヘイトスピーチ(憎悪表現)の抑止策を
定めた条例案を審議中の大阪市議会本会議場(大阪市北区)で、
傍聴席にいた男性がカラーボールのようなものを議場内に投げつけた。
男性はその場で警備員に取り押さえられ、議場外に出された。
人には当たっておらず、けが人はなかった。
審議は中断され、大阪府警が現場の確認などを行っている。

 騒ぎが起きたのは、大阪維新の会の市議が演壇に立ち、条例案に賛成する討論をしていた最中。
傍聴席にいた男性が「日本人の人権を守れ」「表現の自由を守れ」などと叫びながら、
カラーボールのようなものを2つ投げつけた。
【【社会】ヘイトスピーチ抑止条例に反対?議場へカラーボール 大阪市議会、傍聴席の男取り押さえ [H28/1/15]】の続きを読む

1: 2016/01/15(金)22:13:20
 「夫婦は同姓」と定めた民法の規定について昨年12月、最高裁は「合憲」と判断した。
ただ、判決では女性の不利益も認め、選択的夫婦別姓を含めた議論を国会に促した。
多様化する家族や姓のあり方についてあらためて考えたい。

 「これからも『訳あり?』と聞かれ続けるのでしょうか」。
事実婚をして15年になる福岡市の会社役員、洞(ほら)明子さん(52)はため息混じりだ。

 ライブバー経営、白井哲哉さん(63)とは再婚同士。
「姓がころころ変わるのは、親しくない人にまで離婚や再婚を宣言しているようで、変えたくない」
と、事実婚を選んだ。

 中学2年の息子(14)は洞さんの姓を名乗る。息子の小中学校で白井さんがPTA役員を引き受けると、
洞さんは「もしかして訳あり?」と尋ねられるようになった。
役員名簿で息子の姓と異なることに気付いたのだろう
。年度初めの保護者会で必ず「姓を変えたくないので事実婚をしています」と説明しているが、最近もまた聞かれた。

 実家の事業を継ぎ、収入があるため、配偶者控除は必要ない。携帯電話の家族割も適用され、
事実婚のデメリットはほとんど感じない。折に触れて別姓の理由を伝えてきた息子も理解してくれていると思う。
ただ、周囲からの無用の詮索(せんさく)には閉口している。「自分の思いに正直にいたいだけなのに」

※以下小見出し
姓が変わったことで違和感や喪失感

夫婦別姓を法律で禁じている国は日本だけ
【『訳あり?』と聞かれ続け…夫婦別姓考える 法律で禁じている国は日本だけ [H28/1/15]】の続きを読む

1: 2016/01/15(金)16:44:50
 茨城県警の嘱託警察犬にトイプードルの「アンズ」(雌、3歳)が選ばれ
15日の嘱託式で、警察犬章のメダルを授与された。
飼育放棄されて殺処分になるところを引き取られ、審査会で合格した。
嘱託期間の1年間、行方不明者の捜索や犯人捜査で活躍する予定だ。

 アンズは生後間もない2013年春、県動物愛護推進員で警察犬の指導もしている
茨城県東海村の鈴木博房さん(65)に保護された。
当初は最低限のしつけを受けるだけだったが、鈴木さんが一緒に飼っていた
シェパードの訓練に興味を示し、ともに訓練を受け始めた。

続き 産経フォト
http://www.sankei.com/photo/daily/news/160115/dly1601150014-n1.html

 茨城県警の嘱託警察犬に選ばれたトイプードルの「アンズ」=15日午前、茨城県茨城町
http://www.sankei.com/photo/daily/expand/160115/dly1601150014-p1.html
no title

【【社会】トイプードルが警察犬に 殺処分免れ、審査に合格 [H28/1/15]】の続きを読む

1: 2016/01/15(金)15:52:03
 韓国・平昌五輪組織委員会は2016年2月に実施予定の平昌五輪
(18年2月開催)の初のテスト大会となるスキー・ワールドカップ(W杯)開催に
向けて必死だ。施設建設の遅れで「赤信号が灯った」と韓国メディアでも
中止が懸念させたほど。開催は国際的な信用問題だけに、
五輪組織委は利用可能な人材や装備を総動員し、
テスト大会が滞りなく行われるようにすると焦燥感を募らせる。
すでに15年2月の段階で、国際スキー連盟(FIS)の
ジャン・フランコ・カスパー会長が開催は「ほぼ不可能」と警告し、
緊急代替開催地を定めている。五輪組織委は国際オリンピック委員会(IOC)と
FISに開催を何度も約束しているだけに、万が一中止になれば
「世界に恥をさらすことになるのでは」などと韓国ネットユーザーも懸念を募らせている。
【【2018平昌五輪】 テスト大会も中止の危機 韓国テレビも「とてつもない国際的な恥さらし」と報道 組織委はなお強気だが… [H28/1/15]】の続きを読む

1: 2016/01/15(金)11:16:00
ヘイトスピーチ調査、3月公表=法務省

 岩城光英法相は15日の閣議後の記者会見で、法務省が実施している
ヘイトスピーチ(憎悪表現)に関する実態調査結果を3月末をめどに
公表する方針を明らかにした。
法相は「人権擁護策を一層充実させるための基礎資料とする」と述べた。
【【社会】ヘイトスピーチ調査、3月公表 法務省 [H28/1/15]】の続きを読む


このページのトップヘ