1: 2016/01/15(金)16:12:43
韓国衝撃のアンケート 経済の終末まで「あと10分」 IMF危機よりも悪質 (1/3ページ)
2016.01.15

 韓国経済の危機まで「あと10分」-。核戦争の危険性を示す「世界終末時計」になぞらえた
韓国の大企業の経営者や学者らのアンケートで、経済の現状を「午後11時50分以降」
とみる回答が相次いだ。頼みの中国経済も失速状況で、市場では「韓国売り」が加速。
朴槿恵(パク・クネ)大統領も1997年の「IMF(国際通貨基金)危機」の再来に言及する非常事態だ。

 「先制的な改革をしなければ、IMF危機当時に経験した大量失業の痛みや
莫大な社会的コストが再現されるかもしれないと多くの専門家が警告している」

 朴大統領は13日の国民向け談話で経済の現状について、1997年のアジア通貨危機をきっかけに、
IMFの管理下で改革を余儀なくされた事態を引き合いに出した。

 経済の専門家たちの危機感も強い。韓国日報がサムスン電子や現代(ヒュンダイ)自動車など
主要大企業の最高経営責任者(CEO)45人と、
経済学者・経営学者20人を対象にしたアンケートでも衝撃の結果が出た。

 核戦争による世界の滅亡(午前0時)までの残り時間を分単位で象徴的に示した世界終末時計に
韓国経済の現状をなぞらえると、「午後11時以降」、つまり危機までの時間が1時間との
回答が約64%にものぼったという。さらに「午後11時50分以降」、
つまり危機突入まで10分も残っていない状況だとの認識を示した回答も約26%あったと報じた。
【【韓国】韓国衝撃のアンケート 経済の終末まで「あと10分」 IMF危機よりも悪質 [H28/1/15]】の続きを読む

1: 2016/01/15(金)22:11:24
タイムマシンは実現可能?「未来に行くのは簡単」と東大教授

 子どもの頃に誰しも憧れたであろう、「ドラえもん」に登場するひみつ道具。
夢の道具のひとつが、「タイムマシン」だ。技術的に実現は可能なのか、専門家に聞いた。

 ひみつ道具のタイムマシンは、のび太の勉強机の引き出しが搭乗口で、
形はまるで空飛ぶじゅうたん。あなたの机の引き出しも……というわけにはいかないが、
未来に行くことは、理論上は十分に可能だ。

 知られているようにアインシュタインの「特殊相対性理論」は、
「すべての物質は光より速く移動することはできない。
物質は光速に近づくと質量が増加し、時間の流れが遅くなる」。
速いスピードで移動し続けると、地上で普通に暮らすより時間がゆっくり流れる。
例えば、双子の赤ちゃんの兄を地上に残し、弟は光速に近い乗り物の中で暮らしたら、
80年後、地上に戻ってきたとき弟は10歳。70年後の未来に到着したことになるのだ。これが「ウラシマ効果」。

「新幹線に乗って東京から博多まで1200キロを移動すると、
10 億分の1秒だけ未来に行くことができます」と話すのは、
自然科学研究機構の機構長、佐藤勝彦東京大学名誉教授(宇宙物理学)だ。
【タイムマシンは実現可能?「未来に行くのは簡単」と東大教授 [H28/1/15]】の続きを読む

1: 2016/01/16(土)10:54:24
宮内庁が週刊文春に厳重抗議 記事の即時撤回求める
2016年1月15日17時43分

 宮内庁の小町恭士東宮大夫は15日の定例会見で、「週刊文春」
1月21日号に掲載された「美智子さまが雅子さまを叱った!」
と題した記事について「全くの事実無根」として、編集部に厳重抗議し、
即時撤回を求めたと明らかにした。

 記事は、昨年12月23日の天皇誕生日の夜、皇居・御所で天皇ご一家
で歓談中、皇后さまと雅子さまが別室に移って2人だけで話したという
内容。(以下略)
【【皇室】宮内庁が週刊文春に厳重抗議 記事の即時撤回求める[H28/1/15]】の続きを読む

1: 2016/01/16(土)10:05:29
売れ行き伸びず、「セブン」がドーナツ刷新へ
2016年01月16日 08時55分

 コンビニエンスストア首位のセブン―イレブン・ジャパンは15日、
レジ横で販売しているドーナツを、19日から全面刷新すると発表した。

 2014年10月に投入し、ローソンなども追随したことで、コンビニと
ミスタードーナツとの「ドーナツ戦争」が話題となったが、最近は
売れ行きが伸び悩んでいたことが要因とみられる。
【【経済】売れ行き伸びず、「セブン」がドーナツ刷新へ[H28/1/16]】の続きを読む

1: 2016/01/15(金)21:13:41
 15日午後7時半ごろ、全国初となるヘイトスピーチ(憎悪表現)の抑止策を
定めた条例案を審議中の大阪市議会本会議場(大阪市北区)で、
傍聴席にいた男性がカラーボールのようなものを議場内に投げつけた。
男性はその場で警備員に取り押さえられ、議場外に出された。
人には当たっておらず、けが人はなかった。
審議は中断され、大阪府警が現場の確認などを行っている。

 騒ぎが起きたのは、大阪維新の会の市議が演壇に立ち、条例案に賛成する討論をしていた最中。
傍聴席にいた男性が「日本人の人権を守れ」「表現の自由を守れ」などと叫びながら、
カラーボールのようなものを2つ投げつけた。
【【社会】ヘイトスピーチ抑止条例に反対?議場へカラーボール 大阪市議会、傍聴席の男取り押さえ [H28/1/15]】の続きを読む


このページのトップヘ