1: 2019/01/22(火) 09:18:32.54 ID:LrKmJ4EM9

AKBグループ、人気メンバー以外「放置」の代償
NGT48暴行事件で元48Gメンバーの母親が告白

事件が明るみになって約2週間経つが、いまだ収束する気配はない。そんな中、最近まであるAKB48グループに娘を在籍させていた母親のAさん(40代)に、この件について直撃。率直な心情を聞くことができた。

――AKB48グループを運営するAKSのマネジメントについて。?

抱えているメンバーの人数に対して、つねにマネジャーの数が不足しているように思います(メンバー7~8人に対してマネジャー1人)。一人ひとりのケアができているとは思えません。人気メンバーや売り出したいメンバーに注力するので、それ以外は”放置”されている感じ。単なるスケジュール伝達係ですが、それすらもできていなくて、メンバーはファンから(ホームページなどに掲載された)予定を教えてもらうことだって、あるんです。メンバーがどんな悩みを抱えているのか、心を許して相談に乗ってくださるマネジャーがいたら、今回のような事件は起きなかったのではないでしょうか。

――数百倍とも言われる競争率を勝ち抜いて合格したAKBグループのメンバーが”放置”されているんですか?

(AKB48だけで100人超、国内姉妹グループ合計で約400人いる)メンバー数が多すぎなんです。受かっても、まともに育成してもらえない。だから、一部で彼氏を作ったり、ファンとつながったりと、「遊ぶ」子が出てきてしまうのだと思います。

――CD販促の握手会や多数のSNSへの投稿など、メンバーの負担は大きいです。?

大半のメンバーはつねに一生懸命で、与えられた課題には全力で取り組んでいて、そこにかかるストレスは相当なものです。メンバー内でトラブルが起きても、まず誰に相談するべきか、メンバー自身もわかっていないと思います。自分1人で問題を抱えてしまいがち。マネジャーさんは異変に気づいてはいても、忙しすぎるので、気づかないふりをしていると思う。しかし、問題が大きくなってから運営が対処するのでは遅すぎるので、メンバーが何でも相談できる窓口を作ってほしい。

――では具体的にどのような対処が有効だと思いますか。

実際、襲われたときにメンバーが、(再発防止策として全メンバーに配布する)防犯ブザーのひもを引けるのか?つねにすぐにひもを引ける状態で携帯することはできるのか??疑問に感じますが、何もないよりはいいでしょう。しかし、結局はメンバーの一人ひとりがつねに危機感をもって行動することが、いちばん大事なことだとは思います。

――運営会社に改善してほしいことは何でしょうか。

メンバーのメンタルケアを目的とした定期的な面談をしてほしい。かつては年1回、親との面談がありましたが、いつの間にかなくなってしまいました。外部の専門機関との連携や委託も必要かと思います。あるグループで、しつこいストーカー被害に遭った子がいたそうですが、結局、親御さんが警察に行ったりして、運営会社はあまり力になってくれなかったという話を聞きました。そういった点も本腰を入れてもらいたいです。


真相究明のための第三者委員会の設置や警備体制強化が発表され、運営会社のAKSも遅ればせながら対応に乗り出したように見える。だが、48グループに子ども等身内を在籍させる多くの家族や近親者の不安は、なかなか払拭しきれていないと言っていいだろう。

https://toyokeizai.net/articles/-/261526?page=2

【【NGT48】母親が告白 「人気メンバーや売り出したいメンバー以外は 放置されている。だから、遊ぶ子が出てくる」】の続きを読む

1: 2019/01/22(火) 09:08:16.26 ID:LrKmJ4EM9

「殺されてたらどうすんだって思う。生きてる感じがしない」

「もう外をひとりで歩くのだって怖い。全部嘘だと思いたいけど真実です」

1月8日、ネット動画配信で自身の暴行被害を号泣告発したNGT48の山口真帆(23)。騒動は静まるどころか、CNNなどで報じられたうえ、アイドルの過酷な労働環境や運営側の管理不行き届き、芸能界の異常性、また日本の女性蔑視の考えまでもが世界に批判され、波紋は大きく広がっている。

「事件は昨年12月8日午後9時半ごろに起きました。公演を終えて自宅マンションに帰宅した山口に、NGTのファンである無職男性A(25)と男子大学生B(25)が玄関先まで押しかけ、ドアに手をかけ声をかけたところ、彼女が悲鳴をあげた。慌てた男らが彼女の口をふさごうとした。実際には世間が勘ぐるような性的暴行はありませんでしたが、彼女が、暴行魔に襲われそうになったとパニックになるのは当然ですし、結果的に未遂に終わっただけかもと考えると事態は深刻です」(地元記者)

SOSを受けて駆けつけたメンバーと、山口の帰宅時間を聞き出したとされる男らの仲間Cも加わって、双方で口論が続いたという。ようやく当時の支配人と警察が来て、男3人は警察に連行され、翌9日にAとBが暴行容疑で逮捕された。「彼らは20日間勾留されましたが、12月28日に不起訴処分となりました。NGTの他のメンバーが犯人に協力していた、暴行をしむけていたという山口の主張をもとに、警察もメンバーの事情聴取や、携帯電話の通信記録を調べて関与を調べましたが、それはなかったそうです」(前出・地元記者)

しかし、いまや世論を誘導する存在のSNSでは「警察の情報も嘘だ。地元自治体と手を組んだ運営側が操作している」「被害者の山口の涙の訴えがすべて。彼女の主張が正しい」「チームNとチームGの関係は険悪。山口に嫌がらせして辞めさせようとした派閥の仕業」などという意見が活発に飛び交っている。

それが揣摩臆測(しまおくそく)や思い込みであったとしても、フェイクニュースに引きずられてしまうのが人間のある種の特性ゆえ、それが真実だと信じられがちだ。では、なぜこんな大混乱を招いているのか。まずは、事件発生から山口の告発まで1カ月間、ファンに知らせなかったという「隠蔽」。そして、最大の被害者である山口にステージ上で謝らせた「謝罪」。

この2点は、申し開きできないほどの運営側の大失態である。未成年の少女を預かっておきながら、大人がここまで無責任なのかと失望したし、憤りの感情も湧いた。運営側は、メンバー、そしてファンの信頼回復が急務である。

http://www.zakzak.co.jp/ent/news/190122/ent1901229980-n1.html

【【NGT48】運営の大失態に失望と憤り www【山口真帆さん暴行事件】】の続きを読む

1: 2019/01/22(火) 08:25:43.93 ID:fRuK1il19

■加害者に近いメンバーを処分しないのは失態

――単刀直入に聞きます。もし、自分の娘が山口さんのような被害を受けたら、どう受け止めますか。

毎日が不安で仕方ないでしょう。山口さんは今後活動を続けることを選択しましたが、もしわたしが親なら、1日でも早く辞めて、安全な道を選んでほしいと思います。

――”被害者”である山口さんがまずステージで謝罪したことに、世間は驚きました。

運営側からの詳細な説明もないままに、被害者の山口さんに謝罪させるという運営の意図がわかりかねます。(暴行を受けたことで)精神面でもまだ不安定な山口さんにあんな形でステージに立たせること自体が問題ではないでしょうか。(素行が悪く加害者とつながっていたとされる)当該メンバーらを早急に処分しなかったのは運営の失態でしょう。目立たない形で処分していれば、山口さんが動画配信で公表するようなこともなかったのに……。加害者をかばうような対応をしたことはとても不思議です。

――この間の異常さに対して、グループOGで前NGT48のキャプテンである北原里英さん、現役では指原莉乃さんらがSNSで発言しましたが。

さすがはベテランだと思いました。彼女たちは運営のどういった点がダメなのかもよくわかっているので、言葉を選びながらいいタイミングで発言してくださいました。

――AKB48グループを運営するAKSのマネジメントについて。

抱えているメンバーの人数に対して、つねにマネジャーの数が不足しているように思います(メンバー7~8人に対してマネジャー1人)。一人ひとりのケアができているとは思えません。人気メンバーや売り出したいメンバーに注力するので、それ以外は”放置”されている感じ。単なるスケジュール伝達係ですが、それすらもできていなくて、メンバーはファンから(ホームページなどに掲載された)予定を教えてもらうことだって、あるんです。メンバーがどんな悩みを抱えているのか、心を許して相談に乗ってくださるマネジャーがいたら、今回のような事件は起きなかったのではないでしょうか。

――数百倍とも言われる競争率を勝ち抜いて合格したAKBグループのメンバーが”放置”されているんですか?

(AKB48だけで100人超、国内姉妹グループ合計で約400人いる)メンバー数が多すぎなんです。受かっても、まともに育成してもらえない。だから、一部で彼氏を作ったり、ファンとつながったりと、「遊ぶ」子が出てきてしまうのだと思います。

■トラブルが起きても1人で抱えてしまいがち

――CD販促の握手会や多数のSNSへの投稿など、メンバーの負担は大きいです。

大半のメンバーはつねに一生懸命で、与えられた課題には全力で取り組んでいて、そこにかかるストレスは相当なものです。メンバー内でトラブルが起きても、まず誰に相談するべきか、メンバー自身もわかっていないと思います。自分1人で問題を抱えてしまいがち。マネジャーさんは異変に気づいてはいても、忙しすぎるので、気づかないふりをしていると思う。しかし、問題が大きくなってから運営が対処するのでは遅すぎるので、メンバーが何でも相談できる窓口を作ってほしい。

――では具体的にどのような対処が有効だと思いますか。

実際、襲われたときにメンバーが、(再発防止策として全メンバーに配布する)防犯ブザーのひもを引けるのか?つねにすぐにひもを引ける状態で携帯することはできるのか?疑問に感じますが、何もないよりはいいでしょう。しかし、結局はメンバーの一人ひとりがつねに危機感をもって行動することが、いちばん大事なことだとは思います。

――運営会社に改善してほしいことは何でしょうか。

メンバーのメンタルケアを目的とした定期的な面談をしてほしい。かつては年1回、親との面談がありましたが、いつの間にかなくなってしまいました。外部の専門機関との連携や委託も必要かと思います。あるグループで、しつこいストーカー被害に遭った子がいたそうですが、結局、親御さんが警察に行ったりして、運営会社はあまり力になってくれなかったという話を聞きました。そういった点も本腰を入れてもらいたいです。

真相究明のための第三者委員会の設置や警備体制強化が発表され、運営会社のAKSも遅ればせながら対応に乗り出したように見える。だが、48グループに子ども等身内を在籍させる多くの家族や近親者の不安は、なかなか払拭しきれていないと言っていいだろう。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190122-00261526-toyo-bus_all&p=1

【【NGT48】加害者に近いメンバーを処分しないのは失態!今やCNNなども取り上げる世界的な関心事 www【山口真帆さん暴行事件】】の続きを読む


このページのトップヘ