2016年04月

1: 2016/04/28(木) 21:25:30.10 _USER9.net

4月22日、“千年さん”こと橋本環奈が所属する13人組の福岡のアイドルグループ「Rev.from DVL」(以下Rev)の高橋菜々美と神谷帆南が5月末をもって、グループを卒業することを発表した。 この発表を受けて、26日、橋本がオフィシャルブログでコメントを出したのだが、 そのメッセージにファンたちは「環奈ちゃんが良い子過ぎてヤバい」「涙でできた」「色々モヤモヤしていましたが、ブログを読んでスッキリしました」と、心打たれているようである。

今回の2人の卒業理由だが、高橋は自身のブログで、2年前より原因不明で脊柱が側方へ曲がり、ねじれも加わる病気「側弯症(そくわんしょう)」という病気を発症しているためと説明。 自然治癒の可能性もないと言われているこの病気により、高橋は昨年頃より真っすぐ立ち、バランスをとるのもきつくなってきたようで 「この頃より、もう限界なのかな。と少しずつ思うようになりました。 でもRevを辞めたくない気持ちが強くて誰にも言えず、痛みを堪えながら毎日レッスンに通っていました。 なかなか思うように踊れず、毎日辛く、苦しかった」と綴っている。しかし、ファンの声援に励まされなんとかここまでは頑張ってこれたというのだ。

そして、神谷は卒業の理由を自身のブログで「高校3年生を迎え、進学するかしないかなど、 大きな節目を迎えた時自分のこれからの人生について見つめ直しました。 その結果この世界を一度立つを決めました(原文ママ)」と綴っている。

高橋は橋本と同時期の2009年6月からグループに加入、神谷は10年10月より加入と、 長い間Revを支えてきた2人の突然の卒業発表にファンは悲しみに暮れていた。

そんなときにブログを更新した橋本。「今まで本当にありがとう!」というタイトルで、「なっちは、唯一の同い年の同期。 家族ぐるみでも仲が良く、沢山語り合って何年も一緒に過ごしてきました。 帆南ちゃんは、Rev.に加入したのは私より後ですが、1歳年上でとても頼れる存在です。 アクロバティックな動きも、メンバーみんなに対して沢山教えてくれました。ここに書ききれないぐらいの思い出が沢山詰まってます。 やっぱり寂しいし、辛いし、とにかく色んな感情がグルグルと…でも2人のこれからを私達Rev.from DVLが1番応援して、 背中を押してあげる存在でありたいです」と2人の卒業に対する心情を綴り、「2人の事を笑顔で送り出したいと思います。 なので是非みなさん会いに来てください!Rev.from DVLは3周年目に突入致しました。 これからも皆様と共に歩んでいけたらなと思います!」とこれからの活動に対する意気込みを語った。

橋本はグループの中で圧倒的に知名度が高いため、以前からメンバーとの“不仲説”がささやかれているが、その質問が出るたびに否定している。 実際、橋本は年上メンバーからは妹のように可愛がられていたり、ほかのメンバーともカフェやカラオケに行くなど非常に仲が良いよう。 さらに「(不仲説を)信じてる人は、一度ライブに来て仲の良さを見ていただけたら」とも語ったことがある。

一部では「ソロの方がいい」「アイドルという枠が足をひっぱっている」なんて言われていても、卒業するそぶりを一切見せずに、グループ愛に溢れ、 今回も卒業するメンバーにはなむけの言葉を贈る橋本。これに「Rev.は続いていくと宣言してくれた事で、 やっと前を見られるようになった気がします」とファンは安堵と喜びをみせている。

天使過ぎるアイドル橋本環奈は、美しすぎる心も持っていた。こういった姿勢もまた、千年に1人の逸材と言われる所以なのだろう。


no title

【橋本環奈が卒業するメンバーに送った言葉が泣ける・・・橋本環奈は卒業しません!】の続きを読む

1: 2016/04/29(金) 18:33:57.69 _USER9.net

 リオ五輪アジア最終予選で惨敗し、立て直しが急務とされるなでしこジャパン。だが、先行きが不安視されるような仰天プランが持ち上がっている。 「浦和のMF猶本光が日本航空とサポート契約を結びました。具体的なサポート内容はまだ明らかにされていませんが、日本代表の顔として特別扱いを受けることになりそうです」(スポーツ紙記者)

 女子サッカーの普及やなでしこのイメージ戦略を担当することになりそうだ。だが、それがなぜなでしこ崩壊を加速させるのだろうか。 「猶本はU-17女子ワールドカップで日本の準優勝に貢献し、14年には日本代表入りを果たした逸材です。ただ、日本代表の顔になる選手かと言われると、まだまだこれから。ただ、ルックスなら日本代表ナンバーワンと言っていいでしょう。 実力だけでなく見た目もプラスされてサポート契約にこぎつけたと勘ぐる人が出てきても仕方ないですね」(サッカージャーナリスト) 
【ルックスがいいからって…猶本光の“特別待遇”は「なでしこ崩壊」の時限爆弾!】の続きを読む

1: 2016/04/29(金) 18:37:54.78 _USER9.net

no title


TBSで最大ボリュームを誇る宇垣美里アナ(25)をリストアップ。局関係者が断言する。

「とにかくデカいのひと言に尽きます。今でこそ看板アナに成長しましたが、入社当時の顔が売れる前、あのバストにとあるスカウトマンが熱視線を送っていたのは有名な話です。 本人も『渋谷を歩くとすごいの。スカウトに声をかけられて困っちゃう』という悩みを周囲に漏らしていました」

 街角だけでなく、宇垣アナの美しく大きいバストは局内でも注目の的だという。

「胸は推定Gカップの完璧な釣り鐘形。局内を歩くと、その釣り鐘が上下左右にユッサユサと揺れて『ゴーン』と音が聞こえてくるようです」(前出・TBS関係者)

 そんな宇垣アナは、ある飲み会で好きな男のタイプを聞かれ、

「芸能人よりは収入が安定したサラリーマンがいい」 と答えて、男たちの喝采を浴びたという。

「これまでもテレビ朝日の男性アナや同僚テレビマンとの熱愛が噂されていたので、安定志向が強いのは確か。『オレにもチャンスあり』とアタックを仕掛ける局員があとを絶ちません」(前出・TBS関係者)

 芸能評論家の織田祐二氏も、宇垣アナの推定Gカップをこう査定する。

「担当する『スーパーサッカー』で見せたドリブルでは、足元のボールさばきよりプルプル揺れる上の2個のボールのほうが気になってしまった。 早朝の『あさチャン』は4月からリニューアルし、胸の膨らみがわかる左斜め前からのアングルを多用するなどサービスカットのバリエーションが増えました。日ざしが強まる夏には野外ロケで透けブラを見せてほしいですね」

 宇垣アナの1年後輩に当たる宇内梨沙アナ(24)は、4月から「NEWS23」のスポーツ担当に抜擢された。

「3月初めに小林悠アナが電撃退社したことで回ってきた棚ボタ的な起用ですが、お色気路線で頑張っています。ロケット乳と呼んでもいい張りのよさで、今注目の巨乳アナと言えます」(女子アナウオッチャー・丸山大次郎氏)

 お次は日テレの女王を徹底調査。大食いぽっちゃりアナとして好感度の高い水ト麻美アナ(29)だ。局プロデューサーはこう話す。

「世間は何でもたくさん食べるいい子というイメージだろうけど、素顔はちょっと違う。今や日テレのエースどころか3年連続で『好きな女子アナ1位』を獲得しているだけに、退職されたら困ると周囲は水トアナの言いなり状態。
昨年はジャニーズタレントとの交際も発覚したが、以前には局内の上司ともイイ関係になってキャリアアップにつなげたそうで、意外と計算高いのです」

 男関係では“美食家”で知られる水卜アナだが、 「タイトな衣装を着た時の横乳は見応え十分。ただ、最近またしても太り始めているのが気になります」(前出・丸山氏)

 暴飲暴食に要注意!? 

【美バスト女子アナ!TBSで最大ボリュームを誇る宇垣美里アナ(25)】の続きを読む

1: 2016/04/29(金) 09:58:35.01 _USER9.net

焼津市出身のSKE48青木詩織(19)が、ポスト久保ひとみ(46)に名乗りを上げた。 「目標は静岡県テレビ局の番組でコーナーを持って、県民の誰もが知っているタレントの 久保さんのようになることです」。

AKB48のファンだった青木は13年、名古屋を拠点にするSKE48の6期オーディションに合格。 アイドルの道を歩んでいる。 昨夏からは「やいづ親善大使」を務め、イベントに出演するなどしている。だが、これで満足はしていない。 「静岡県の観光ポスターに登場したいです。そんな存在になれれば」。

県出身のアイドルは多数いる。乃木坂46の深川麻衣(磐田市)若月佑美(富士市)、ももいろクローバーZ百田菜々子(浜松市)、 AKB48メンバーも複数いる。その中で「県代表アイドル」になることは至難だが、目指す将来像は「静岡県で活躍するタレント」であり、 理想が久保なのだ。

「久保さんは憧れですし、ああなれたら最高です。東京に行くよりは、静岡で活動していきたいです」。 MCには定評があり、2月21日に静岡市の清水文化会館マリナートで行われたSKE48のコンサートでも高いトーク力を披露した。 最近はファンが、積極的に焼津市を訪れているといい、青木はあらためてアピールした。 「焼津は魚が有名ですが、トマト、志太梨、コンサートの時、差し入れていただいたいちご『桃薫』も最高でした。 高草山からの景色もきれいです」。

SKE48では、埼玉・和光市応援団長の松村香織(26)、栃木・佐野市ブランド姫の福士奈央(16)と青木の3人で ユニット、「地域振興課」を組んでおり、今後も各地域のイベントに参加していくという。

◆青木詩織(あおき・しおり)1996年(平8)4月22日、焼津市生まれ。13年にSKE48の6期生オーディションに合格。 研究生となり、15年にチームK2の正規メンバーに。愛称は「おしりん」。153センチ、血液型O。

no title

【【SKE48】青木詩織「目標は久保ひとみさん。東京よりも静岡で活動していきたい。」】の続きを読む

このページのトップヘ