2018年08月

1: 2018/08/16(木) 09:03:58.74 ID:CAP_USER9
静岡市内で行われた主演ドラマ「プラスティック・スマイル」の会見に出席した「ももいろクローバーZ」の百田夏菜子さん
no title

no title

no title

no title


アイドルグループ「ももいろクローバーZ」(ももクロ)の百田夏菜子さんが、13日に静岡市内で初主演ドラマ「プラスティック・スマイル」(NHK・BSプレミアム)の会見に役衣装で出席した。静岡市内のプラモデルメーカーに勤務する会社員を演じる百田さんは、サックスブルーのストライプシャツに、紺のパンツという爽やかな“お仕事ファッション”だった。

シャツは控えめなパフスリーブで、百田さんの可愛らしさを引き立てるデザイン。肩まである髪を低い位置ですっきりとまとめ、黒いパンプスと、黒いベルトの腕時計、茶系の細ベルトを合わせていた。

ドラマは、NHK静岡放送局が初めて制作する地域発ドラマ。静岡県が全国一の出荷額を誇る模型・プラモデルや、コスプレでの地域おこしを題材に、自らの仕事や人生と向き合い、成長していくヒロインの姿を描く。百田さんは完璧な仕事ぶりで、趣味のコスプレのクオリティーも高い主人公、林田紬(つむぎ)を演じる。全1回。放送は11月21日午後9時から。

会見には紬の同僚・望月翔を演じる「劇団EXILE」の青柳翔さん、紬が勤める会社の島田浩一社長を演じる俳優の武田真治さん、人気コスプレーヤーのジェンを演じる片山萌美さんも出席した。

【【ももクロ】百田夏菜子、爽やかお仕事ファッション!シャツのデザインに可愛らしさも www】の続きを読む

1: 2018/08/16(木) 11:55:37.95 ID:CAP_USER9

テレビ朝日の「報道ステーション」でキャスターを務める小川彩佳アナは、2011年からサブキャスターとして出演していた。有名なのは安倍晋三首相と対峙した昨年9月25日放送の報ステ。小川アナは国連で北朝鮮問題について演説した安倍首相に対し「トランプ大統領と歩調も口調も一つにするような言葉が相次ぎましたけれども、そうした言葉を聞いていますと、逆に危機を煽っている、危機を招いてしまうのではないか」と指摘。これに安倍首相は食い込み気味に「危機を作っているのは北朝鮮、ミサイルを発射しているのも核実験をしているのも国際社会の要請に反しているのも北朝鮮だ」と反論し、番組は険悪ムードになりかけた。

小川アナと言えば、「嵐」の櫻井翔と交際していたが、すでに破局。一部週刊誌では「破局による傷心で報ステを降板したのでは?」とも報じられたが、小川アナは周囲に「せいせいした」「こっちから払い下げ」と話しているという。これが櫻井のことを指すのか、報ステのことを指すのかは定かではない。

http:/dailynewsonline.jp/article/1501932/
【報ステクビ!小川彩佳アナ「せいせいした」「こっちから払い下げ」】の続きを読む

1: 2018/08/16(木) 11:55:52.42 ID:CAP_USER9

元NMB須藤凜々花「大胆発言連発」のウラ

元NMB48の須藤凜々花(21)が、14日に放送された日本テレビのバラエティー番組
「踊る!さんま御殿!!」に出演して過激発言をブッ放し、物議を醸している。4月に結婚した新婚ホヤホヤの須藤は“絶口調”で、夜の生活について大胆発言を連発したのだ。

AKB総選挙での“結婚宣言”をはじめ、怖いもの知らずは相変わらずだが、この“あり得ない過激さ”を可能にしている存在が、出版業界の大物・X氏だという。14日の放送では、結婚している芸能人が大集合し「ややこし夫VSイライラ妻」と題してトークを展開した。3年前にも同番組の「ウブな女と恋多き女SP」に出演した須藤は「死ぬまでにチューしたい」とロマンチックな発言をして話題をさらっていたが、4月13日に一般男性と入籍した須藤は、一転して大胆発言をブチかました。

甘~い新婚生活をぶっちゃけまくりで、司会の“お笑い怪獣”明石家さんまらも、3年前とのあまりの変貌ぶりに驚きを隠せない状況だった。須藤といえば、昨年6月の「第9回AKB48選抜総選挙」の壇上で、まさかの結婚宣言。ファンだけでなくOGをも巻き込んだ大騒動を起こしたのは記憶に新しい。その後、同8月にグループを卒業し、タレントに転身し、宣言通り入籍した。

ソロ転身後は、信じられないほど過激エロ路線を突っ走り始めた。6月にニッポン放送「AKB48のオールナイトニッポン」に出演した際にも「コソコソしてする恋愛なんてクソですよ。今、堂々と観覧車でするベロチューは最高ですよ! それが幸せなんですよ」とぶっちゃけトークを展開。ネット上ではファンから猛バッシングを浴びたが、意に介した様子はなかった。もはや“炎上上等!”といわんばかりの危ない体質となっている須藤だが、そんなことができるのは、後ろ盾になっている人物がいるからだという。

それが、出版業界の大物X氏だという。「ファン、メンバー、スタッフ、報道陣みんなを驚かせた総選挙での結婚宣言についても、須藤は前もってX氏には相談していました。苦楽をともにしたスタッフやNMBメンバーには誰も話していなかったのですから、信頼の厚さが分かりますし、X氏の力も推して知るべしでしょう」(テレビ局関係者)

ソロ転身後も芸能界での活動や人生の生き方、将来の夢に掲げている哲学者になることについても相談しているというが、そんな須藤をX氏も仕事面でバックアップしている。グループを卒業すると、ほとんどのメンバーが少しずつ露出を減らしていく現状のなかで、須藤は卒業しても、炎上してもコンスタントに仕事をこなせている。

そこにはX氏という大きなバックボーンがあったからだというのだ。あるネット番組で「アイドル時代より給料が倍になった!」と無邪気に喜んでいた須藤。何も考えてない炎上キャラと思いきや、実際は押さえるべきところは押さえる賢いオンナだったようだ。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180816-00000005-tospoweb-ent
【【元NMB48】須藤凜々花の後ろ盾は出版業界の大物www】の続きを読む

このページのトップヘ