1: 2018/04/15(日)13:35:13 ID:btE
「アンドロイドは電気羊の夢を見るか」でおk?

引用元: ・日本三大SF小説って「地球幼年期の終わり」「月は無慈悲な夜の女王」とあとは何やろ?

2: 2018/04/15(日)13:36:12 ID:xVg
日本……?

3: 2018/04/15(日)13:39:37 ID:1dN
日本?

4: 2018/04/15(日)13:40:19 ID:p0B
イッチの上げてるSFは日本のやないで

5: 2018/04/15(日)13:40:21 ID:s4D
日本とは

6: 2018/04/15(日)13:40:36 ID:gl0
ジャップ・・・・・?

7: 2018/04/15(日)13:40:41 ID:UUO
概念こわれる

8: 2018/04/15(日)13:40:47 ID:ILr
どこの世界線の話や

9: 2018/04/15(日)13:41:09 ID:gl0
日本語に翻訳されてたら日本の小説扱いなんやろな

10: 2018/04/15(日)13:43:04 ID:UUO
イッチはスペシャルもしくはアンドロイドなんやろ(適当)

11: 2018/04/15(日)13:44:12 ID:1dN
日本sfって伊藤計劃くらいしか思いつかない
アニメとか入れるなら攻殻機動隊とか?

13: 2018/04/15(日)13:45:14 ID:xVg
>>11
小松左京は入るやろなぁ

15: 2018/04/15(日)13:45:25 ID:p0B
>>11
SF自体が過去のブームやからな…
小松左京とかが活躍してた頃くらいしかまとまった数の作家がおらん

17: 2018/04/15(日)13:46:47 ID:btE
>>15
最近だと小川一水の天冥の標シリーズとか

12: 2018/04/15(日)13:44:51 ID:Fvi
時かけでええやろ(適当)

14: 2018/04/15(日)13:45:23 ID:C1N
日本……?

16: 2018/04/15(日)13:46:39 ID:C1N
星新一(異論は認める)
小松左京
伊藤計劃

かなあ

19: 2018/04/15(日)13:48:08 ID:xVg
>>16
星新一ってSFというより落語的やない

22: 2018/04/15(日)13:49:59 ID:C1N
>>19
だから迷ったんや

とはいえ最近の神林とか小川一水とか3大に入れるか言うたら微妙やん?

23: 2018/04/15(日)13:50:22 ID:xVg
>>22
筒井康隆でええやん

26: 2018/04/15(日)13:51:33 ID:C1N
>>23
筒井康隆
小松左京
伊藤計劃
どうや

27: 2018/04/15(日)13:52:24 ID:xVg
>>26
伊藤計劃浮いとるな
うーん、やっぱり星新一で!w

29: 2018/04/15(日)13:52:47 ID:C1N
>>27
ほらそうなる草

18: 2018/04/15(日)13:47:48 ID:1dN
そういや、sfファンからしたらハルヒってどういう扱いなん?

21: 2018/04/15(日)13:49:49 ID:btE
>>18
ライトSFとしてはアリやろ
イリヤの空、UFOの夏とかオールユーニードイズキルとかタイムリープとか他のラノベSFといっしょで

24: 2018/04/15(日)13:50:41 ID:ErW
>>18
どういう扱い言われも困るわ
普通の小説やんけ

28: 2018/04/15(日)13:52:34 ID:1dN
>>24
いやラノベとして評価されてるのか
ちゃんとsf作品としての土俵に乗れてるのかって話や

20: 2018/04/15(日)13:48:54 ID:ErW
ふわふわの泉

25: 2018/04/15(日)13:50:58 ID:goA
ジュブナイル小説やライトノベル含むと、1990年代はこれやな。

「クラインの壷」岡嶋二人
「時の果てのフェブラリー」山本弘
「やみなべの陰謀」田中哲弥

34: 2018/04/15(日)13:54:12 ID:btE
>>25
岡嶋二人はSFってよりミステリ作家やろ

36: 2018/04/15(日)13:56:35 ID:goA
>>34
「クラインの壷」は珍しくバーチャルリアリティを取り入れてたのでな。
市場的には20年早かったが、NHKはいち早くドラマ化してて、なかなか面白かった。

37: 2018/04/15(日)14:04:23 ID:btE
>>36
たしかに
攻殻とかよりも早いんやっけ?

30: 2018/04/15(日)13:52:49 ID:btE
黎明期御三家
小松左京、星新一、筒井康隆

その後の世代
大原まり子、神林長平、小川一水

ゼロ年代以降
円城塔、伊藤計劃、宮内悠介

って感じか

33: 2018/04/15(日)13:54:08 ID:xVg
>>30
ところでスレタイの日本とは?

35: 2018/04/15(日)13:56:10 ID:C1N
>>30
やっぱざっくり年代でこんなふうに分けんとアカンな

31: 2018/04/15(日)13:53:30 ID:eaK
ヤプーでも入れとけばええんやない

32: 2018/04/15(日)13:53:54 ID:3TE
日本で有名なってことでええんかな

38: 2018/04/15(日)14:08:58 ID:goA
「攻殻機動隊」はヤングマガジン海賊版1989年5月号が初出。
「クラインの壷」は初出は新潮社から1989年に刊行されてる。
ちなみにシュワルツネッガー版「トータル・リコール」は1990年日本公開。

――なのでほぼ同時期に出てる。シンクロニシティ。

39: 2018/04/15(日)14:10:14 ID:btE
>>38
ギブスンのニューロマンサーでブームが来たのがそれくらいなんやろなあ

40: 2018/04/15(日)16:21:44 ID:iq6
虐殺器官はディレイニーのバベル17のパクリという風潮

42: 2018/04/15(日)16:22:52 ID:btE
>>40
日本のSFなんてたいてい海外のやつなぞってるやろ

45: 2018/04/15(日)16:23:32 ID:iq6
>>42
高千穂遙の名作「変態の方程式」もそうやったな

41: 2018/04/15(日)16:22:46 ID:tE5
高い城の男

43: 2018/04/15(日)16:22:57 ID:tE5
宇宙の戦士定期

46: 2018/04/15(日)16:25:12 ID:btE
>>43
宇宙の戦士は日本のロボットアニメのすべての元ネタだけど
ストーリー的にはルナゲートの彼方のほうが好き
映画はB級スプラッタ

44: 2018/04/15(日)16:23:17 ID:tw@TimeFires_BFU2t
は……<harmony/>……。

47: 2018/04/15(日)16:25:49 ID:TF2
時をかける少女
おーい出てこい