引用元: ・古代出雲王朝は実在した

401: 2015/01/27(火) 10:53:51.03
出雲族とか言ってるところが神話からの引用プンプンだけどなw

404: 2015/01/28(水) 22:36:22.93
どこにD1bだなんて書いて有るの?
しかも現代人調べて意味あるのかね

405: 2015/01/30(金) 07:52:19.02
大和朝廷が日本列島統一する過程で征服された、一部族だったんだろ。
ただ、他の部族と違って、圧倒的な武力の差を目の当たりにし、最初から無駄な戦闘を避け、戦わずに降伏したのだろう。
大国主の「国譲り」の話は、こういった出来事が元になっているような気がする。

406: 2015/02/02(月) 18:57:52.10
逆にすべて物語だったほうが面白いな
どういった心理からうまれたんだろうか?

407: 2015/02/18(水) 13:53:46.71
出雲方言は東北弁に似てるからなあ。
島のように取り残された地域なんだろ。

408: 2015/03/02(月) 02:01:58.33
 オノゴロ島は古事記を熟読すると安来の十神山と思ってしまう。

409: 2015/03/02(月) 09:27:52.21
出雲王朝という言葉は存在しない
出雲王朝というものも存在しない
日本列島に存在した王朝は畿内王朝だた一つだけだ

410: 2015/03/02(月) 14:25:02.50
丹後の言葉って尾張地方と似てるんだよなあ。
海部氏の系図とか尾張氏の系譜とか関係があるんだろうなあ。

411: 2015/03/02(月) 15:53:11.61
広域に分布するある物の中心が出雲
出雲王朝的な何かはあったんでしょうね
そして国譲りした出雲には他の抵抗者とは違う格別の高配をせよと

413: 2015/03/04(水) 14:33:33.22
マジで畿内以外で王朝という言葉は使わないでほしい

414: 2015/03/08(日) 19:20:59.73
酋長とかかな?

416: 2015/04/19(日) 17:40:38.75
アジア大陸から移動してきたんだか、出雲に権利の中枢機関があったはず。
日本列島、西から東へ勢力を拡大させながら都の本拠地も出雲から大和にと考えるのが自然

419: 2015/04/20(月) 01:57:04.72
出雲はスサノオでしょう

420: 2015/04/21(火) 21:32:04.24
出雲朝廷とは、おこがましいだろ!
県知事が元首を名乗るようなもん。
力のもった大
豪族はいたと思う。出雲は当時は全国でも有数の勢力の一つだったのは疑いようがない。

421: 2015/04/22(水) 00:51:23.14
>>420
おまえもまだ騙されてる。そんな大勢力など存在していない

422: 2015/04/22(水) 23:23:22.62
>>421
出雲族に由来する国造家。

423: 2015/04/22(水) 23:29:45.64
国譲り(崇神朝時代)前に、全国、主に関東の国造家に制定された出雲族。

451: 2016/01/28(木) 12:34:34.57
>>423
国譲りはそんな新しい時代じゃなく、もっと古いと思うよ。
早ければ紀元前2世紀、遅くとも紀元2世紀。
日本の神話や多数の神様は五穀豊穣が多く語られる。
決して「コメ」だけではない。
古く縄文の昔から引き継いだ生業だったのだろう。
だけど、コメの生産性の高さによって他のものが脇役になっていったんだろうな。
地域がまとまると広域の河川の管理が可能になる。
「クニ」が出来るともっと広域の対策が出来る。
大河の下流はもっと後まで難しいが、中小河川はある程度可能だ。
ヤマトは大河はなく、中小河川ばかり。
邪馬台国時代の技術で開拓に最も適した土地だったのかも知れない。
筑紫三郎は大きすぎて当時は制御出来なかったんだろうな。

427: 2015/05/13(水) 10:28:45.76
五万戸の投馬{(い)つま}国は、出雲(いずも)国!

428: 2015/05/13(水) 15:18:05.90
大国主命の国譲りがあるんだから、出雲王朝もあったんだろうね。

出雲王朝に限らず、邪馬台王朝とか、ナガスネヒコ王朝とか、熊襲王朝も蝦夷王朝もあったんだろう。

429: 2015/05/13(水) 18:59:27.39
>>428
諏訪家の祖、建御名方命が長脛彦命と言う説があるね。

431: 2015/06/04(木) 18:44:13.52
出雲=イズシ=イツツヒコ=倭国王師升

432: 2015/06/05(金) 20:16:14.90
 神世の古事記の記述は東部出雲しか出てこないと見るべきでは。

433: 2015/06/05(金) 20:23:22.44
>>432
ローカルヒーロー

434: 2015/06/05(金) 20:26:20.81
数ヶ月前、一年前くらい?に書いたはず

・ローカルヒーローも必要なんだよ、
 ホンモノは渡来人という説があるから

435: 2015/06/05(金) 20:40:44.81
大きい国の主だから、一地方や国内ではダメなんだよ

大国主と小国主

436: 2015/09/21(月) 15:57:04.68
日本の歴史教科書での古代は飛鳥時代から平安時代までです
従い、古代出雲王朝はありません

437: 2015/09/22(火) 12:45:37.07
スサノオって須佐の王って意味だっけ?
歴代のスサノオに双子っていないよね

438: 2015/10/05(月) 00:36:49.65
スサノオをテーマにした壮大な映画がみたい。
作れるのはジブリの宮崎駿氏しかいない。
死ぬ前に、頑張ってくれないかな。

もののけ姫や千と千尋以上に、日本的で
世界的に価値のある作品になるはず

439: 2015/10/05(月) 00:51:11.76
>>438
スサノオは、出雲の国譲り後の渡来側天穂日(千家の祖)の神様です。

440: 2015/10/05(月) 01:00:20.48
天穂日の千家の系譜に取り込まれた、向家(子筋の東北の富家(登美氏・鳥海氏))や神門臣家(建部(武部)・斯摩(武内)宿禰(千熊長彦・出雲笠夜)=葛城宿禰(志摩国造家の志摩氏・島氏・・島族))に取ってスサノオでは無く、≠国常立(クナト)大神で=イザナギ神です。

441: 2015/10/05(月) 01:02:39.15
>>440追記。
島族は、古事記表記の「三字以音」(散自出雲)の南関東国造家に成ります。

442: 2015/10/09(金) 00:34:26.88
もしかしてアラハバキがイザナミなのかな?

445: 2015/10/09(金) 21:34:50.29
>>442
正解です。

443: 2015/10/09(金) 13:25:45.44
アラハバキは遮光器土偶のしゃこちゃん。津軽外三郡誌ネタだけど。津軽安東氏っていう、東北の津軽地方の豪族が神としてたやつ。
名古屋近くの津島神社って、祭神スサノオなんだけど、長崎の対馬からきたから津島神社なんですか?

444: 2015/10/09(金) 19:44:26.33
 安来って日立金属さんのこう工場と研究所があるところですよね。じつに
興味深い。

446: 2015/10/09(金) 22:00:20.20
今はスサノオと呼んでいますが、ちょい昔?迄は、『ソサノオ』。
ソサノオがより本義に近いかも?
ソ・サノ・オ(う)=祖(素)のサノ(狭野)の王、、、神武天皇の諱(お若い時の御名)がサノの命。
神武天皇の亦名をホホデミ様。

449: 2016/01/20(水) 01:24:41.95
 一私企業なのに日立金属はなぜか気になる。

450: 2016/01/28(木) 11:24:30.77
出雲は縄文系だよ。
もっと正確に言えば、縄文の生業を変えようとしなかった人達。
さらに言えば、土地が豊かで人口も多く、独自の文化を持ち、ヤマトに従う必要が
なかったから支配下に入って納税することを拒否したんだろうな。で、攻められた。

北陸も同様。九州地方も同様。関東も東北も。
吉備もだろうな。伊勢と尾張・美濃もそうだが。

縄文文化というか、稲作もやってただろうが畑作と狩猟の比率が高い。
長期にわたって先祖代々豊かにしてきた土地。
出雲地域の黒土の多さは異様といえるほどであり、遺跡があまり出ないのは
子孫が今も住み続けているから。

「遺跡」になるのは、放棄された土地だからだ。洪水や土砂崩れ噴火、地震・津波
などの天災にあい放棄したから「遺跡」となる。

452: 2016/02/01(月) 08:19:10.33
あなたは40代ロサンゼルス府警新聞作りですか?ドーハの悲劇「中国衝撃イヤフォン」「中国悪夢イヤフォン」ですか?

それともいくつですか?

それともいくつですか?

それともいくつですか?

453: 2016/02/08(月) 23:46:42.04
一つ疑問なのが出雲族が天孫族に国譲りして
天孫族が天照を立てて素戔嗚をその弟として神話を確立したことだけれど
出雲族の神話含め、なぜ天孫族が神話を系譜できたのかっていうこと
血なまぐささは多少あったにしろ
侵略した民族の神話をそのまま踏襲して統治するってその当時でも現代でも異常さが見受けられると思う
そもそもが出雲族と天孫族は渡来系だからその渡来する前の土地での親族というかお互いがそういう立場であって
天孫族が出雲族よりも位が上だった可能性があるよね
だから出雲族は泣く泣く諏訪や各地に散らばっていって神話体系を築いていった
そもそも本当に対立していたのなら天孫系の皇族と出雲系の皇族の争いはもっと激化していたと思うよ現代でも

454: 2016/02/09(火) 10:38:40.03
>>453
出雲も天孫族も日本土着系だ。
渡来系は諸蕃のこと。

457: 2016/02/09(火) 14:23:37.64
>>453
オレも出雲も天孫も土着だと思うな。
渡来ならば、由緒正しい漢王朝(周王朝でもいいが)の末裔だと主張すれば
いいのさ。

491: 2016/02/12(金) 14:14:58.43
>>453

>>
侵略した民族の神話をそのまま踏襲して統治するってその当時でも現代でも異常さが見受けられると思う

これってそうですかね?
被侵略国の民を統治する方法として、宗教や神話を利用するのはわりとポピュラーな方法だと思うのですが。

551: 2016/07/13(水) 20:28:59.03
>>453
お前、何年歴史勉強してるんだよ
日本は基本的に、権謀術策・談合・金で情勢が動くの
国同士の大戦争なんて、めったに起きないの
どうせ国譲りも、大昔に行われた談合の痕跡が神話として残ってるだけだろう

455: 2016/02/09(火) 11:26:54.43
ツクヨミ=ニニギ
スサノオ=神武天皇

456: 2016/02/09(火) 11:45:16.01
>>455
トンデモ。
なんで、わざわざ、そんなことしないと駄目なんだ?
スサノオ、ツクヨミも
神武やニニギよりも前の世代の話だ。

458: 2016/02/09(火) 16:32:04.61
出雲は縄文時代の渡来だと思う
殷よりも前だから末裔という主張が無いのでは?

459: 2016/02/09(火) 16:33:14.16
縄文人は4万年前の渡来人の末裔だからな

460: 2016/02/09(火) 18:31:40.45
俺は出雲人が徐福を祖とする斉人(倭人)物部で天皇家が秦の始皇帝の子孫弓月君(ペルシャ)の家系だと思ってる
これだと国譲りがスムーズに行くね

461: 2016/02/09(火) 18:39:33.19
男系で継承されるY遺伝子を解析するプロジェクトが
世界的に行われているんだよ。
その結果をみれば、ここでオカルト的な話なんて無意味になってくる。

分子生物学でみれば、このY遺伝子は、およそいつくらいに移動して
どのあたりで突然変異したかも分かってくる。

それによると、遅くとも4000年前には弥生時代が始まってないといけない。
日本の神話の伝承なんて、だいたい2000年くらい前の話でしょう?
日本が弥生時代に移行し始めて2000年くらいたった時代が
出雲国譲りの時代だったことになる。
そんな時代に縄文も弥生もあるかよw

462: 2016/02/09(火) 18:45:36.14
神話は強烈な事実の抽象化だから
スサノオが暴れてアマテラスが天岩戸に隠れる話は
7300年前の喜界カルデラ大噴火で立ち上がる噴煙、たくさんの雲、八雲=スサノオによって
太陽=アマテラスが何カ月も雲=天岩戸に隠れた事象を忘れないために口伝されてきた話

463: 2016/02/09(火) 18:48:28.39
>>462
×喜界カルデラ
○鬼界カルデラ

464: 2016/02/10(水) 09:00:24.86
出雲人が渡来系ではないのならなさら
渡来系の天孫族(侵略者)に反発すると思う
高天原から遣わされた神はオオクニヌシに取り入れられたり
オオクニヌシの身内の一人は国譲りに賛成していて
結局、一番に反発している感じがするのはオオクニヌシとその息子の健御名方神だけだったりね
朝廷の都合ありきで血なまぐささとかを排除しているのだろうけれども
やっぱり、どちらの視点に立っても国譲りしかり出雲族から天孫族への流れって凄い不自然だよね
さきにも述べたけど、侵略した側もなぜ出雲文化を取り入れたというかほぼ原形で踏襲して日本神話を形成したのか
ここに異常性が見られる

出雲族と天孫族はもともと同じ文化を形成していて、出雲族と天孫族のまた大本が存在するって感じがしてならない
天孫族が唯一トップじゃなくて、多分渡来系地域の文化そのものが一緒だったんじゃないかと
だから出雲族の神話を踏襲できたり、出雲族が国譲り後もそれに反発せずに
天孫族由来の八百万の神々として暮らしていったんじゃないかなって思う

465: 2016/02/10(水) 16:29:04.47
>>464
出雲も天孫も渡来系じゃなくて縄文系だと思うよ。
渡来系だとしても、2000数百年とかそんな最近じゃなくてもっと昔。
縄文時代に様々な外来植物が現れ、農耕をしてた形跡がある。
考古学からは、近年に先進文化を持った支配層がやって来たという証拠は
見つからない。

遠賀川式土器や突帯文土器の広がりは、その先に受け入れる住民がすでに
存在していたとしか考えられない。
どんぐりだけでなく、雑穀やいもを育てながら狩りをし、漁労をして暮らしていた
縄文人たちがね。
そうでなかったら、現代日本人の中にこんなに濃厚に縄文人の痕跡が残るはずがない。

551: 2016/07/13(水) 20:28:59.03
>>464
お前、何年歴史勉強してるんだよ
日本は基本的に、権謀術策・談合・金で情勢が動くの
国同士の大戦争なんて、めったに起きないの
どうせ国譲りも、大昔に行われた談合の痕跡が神話として残ってるだけだろう

466: 2016/02/10(水) 17:38:19.65
世界的にY遺伝子の分析が進んでいて、色んなことが解明されつつある。

467: 2016/02/10(水) 17:41:21.18
天孫って、天から降り立ったというから
なんとなく海外から渡来したというイメージがわきやすいけど
どうみても、天というのは畿内のことだよ。
実際に記紀とか読み込んでも、、天と外国は区別しているしな。
戦国時代も天下とは五畿内のことだったし。

478: 2016/02/10(水) 22:15:10.26
>>467
天が畿内説はちょっと考え難くないかな?
古来から畿内が日本の中心であれば、なぜ辺境の出雲で幅を利かせてた一族に「国」を譲るように迫るのか
この「国」というキーワードから明らかに出雲では当時の日本の中で重要な地域だったこが見て取れる

>戦国時代も天下とは五畿内のことだったし。
あれは戦国時代に室町幕府と朝廷などの日本の中枢組織が畿内に集中していたからだよ
その説を唱えるのなら
さきほど言った「国」という表現から出雲には戦国時代の畿内と同じぐらいの中枢組織が存在していたことを意味している

468: 2016/02/10(水) 17:58:11.23
出雲と天孫は違うところもあれば親戚みたいなところもあったのでしょう。

469: 2016/02/10(水) 18:08:01.81
南シナ海や東シナ海で遭難した船は海流の関係で高確率で出雲に流れ着くんだよ
だから縄文時代から既に出雲は他民族国家だったと考えられる
八百万の神が集まるのはそのせいだ

471: 2016/02/10(水) 18:14:45.79
手に入れた刀剣、
その刀剣などを作った人々こそが、ホンモノなんだろうと

そう思われてしまうので逆効果

472: 2016/02/10(水) 18:30:26.14
これは信長の野望onlineの話

プレイヤーがイヌ サル キジに化けて
材料を集めるクエストのようなものがあったはず

採集ポイントに着き・・・五右衛門に発見されると失敗
プレイヤーは爆発?(忘れた)し、元の姿に戻ってしまう

こんな感じだったような

なぜか五右衛門が出て来る

473: 2016/02/10(水) 18:33:24.39
わかる人にはわかる

五右衛門から盗んでいるのか?
というような話だよ

歌舞伎役者のようなメイク 五右衛門

474: 2016/02/10(水) 18:42:34.57
ゴエモンに見つかってしまい

斬鉄剣!で…斬られた??

そういうコンセプトだろう

475: 2016/02/10(水) 18:52:10.82
鋼鉄ジーグ

479: 2016/02/10(水) 22:19:37.93
出雲族の出自が不明だから出雲族が創作でなければ渡来系と考えるのが今のところは妥当
邪馬台国の全容がさだかではないから邪馬台国の真相さえわかれば
天孫族、出雲族含め大和朝廷のことももっとわかると思うのだけれど
宮内庁はなぜ歴史解明に消極的なのだろう

483: 2016/02/11(木) 08:09:02.16
>>479
打倒じゃない。明らかに出雲、天孫、諸蕃は
別のカテゴリに分けられている。

天孫の天は、天野山の天で
高天の原とは、高野山と天野山の間に挟まれた地域を
二つの山の名称をとって高天と呼んでいて
そこの平原をそういっただけ。
近畿地方の地図を立体的に見ればわかりやすい。
奈良県、和歌山県というのは、近畿地方の中でも高台にある地域。

480: 2016/02/10(水) 22:41:32.93
地理的に考えると邪馬台国は北九州説が濃厚だからね
奴国が北九州がほぼ確定的でその近くに邪馬台国がある

逃げた出雲族の有力王族、豪族が畿内やそれらの近辺で文化圏を形成させたから畿内には大きい古墳や古代の遺物が残されている(神社なども多い
ただそれは関東にまで広がってるから関東にはまた別の国が存在していた説もあるね

まあこれらから少なくとも天孫族は渡来系だと容易に想像できる

481: 2016/02/10(水) 23:04:21.77
出雲と天孫で争ったのは日本海の制海権じゃない?

482: 2016/02/11(木) 08:04:46.09
出雲は日本海沿岸部に覇権をもっていた。
ただし、越、北九州なども独自色があり、
出雲を中心とした連合型王権。
一方、天孫は内陸部の中央集権型王権。
天孫は内陸から日本海へ勢力を広げようとした。

484: 2016/02/11(木) 11:35:43.76
博多湾沿岸部のものとは若干ちがう、

「遠賀川式土器」

遠賀川式土器は出雲や伊勢まで広がりました♪

遠賀川といえば私が 大国主 の故郷と比定すり 直方 の地♪

しかも遠賀川式土器の発祥地は直方♪

ほんと私の説はすべてのものにきれいに一致して 最強 のようですね♪

伊勢畿内は筑紫博多湾沿岸部の植民地なのです♪

出雲は直方の大国主が、筑紫博多湾沿岸部の天孫族につい方された銅鐸国の地ですよ♪

486: 2016/02/11(木) 12:11:28.70
半島から来たとは書かないよ
なぜなら日本の実権を握ろうとしている朝廷が渡来系だったら
他の有力豪族が不信感を示すでしょ
だから出雲を使って出雲系譜で日本固有の民族であるとしたんだよ

488: 2016/02/11(木) 13:43:40.64
>>486
逆だわ。たとえば、百済とか、自分たちは
中国の満州から来たとどうどうと描いていただろう。

その当時の文献を見て、中国の文献をみても、
倭人というカテゴリは、大陸アジアとは明確に分けられていたし
日本の記紀でも分けられていたわけだしな。

Y遺伝子を調べても、弥生人とされているものですら
4000年前には日本へ渡来してきていたらしいし。

487: 2016/02/11(木) 13:33:07.69
そもそも島国なんだから縄文人も弥生人もどっかから渡来してきた民族でしょ
どちらが先かってだけで
アイヌだってそうだし

490: 2016/02/11(木) 22:29:16.95
渡来人は渡来人なんだよ。間違いではない。
世界中の民族の先祖は渡来人だからな。
すべての民族はどこかからやって来た伝承がある。
人類が誕生して以来、ずっとそこに住んでる民族はいないようだからね。

492: 2016/02/13(土) 18:11:02.71
ちなみに、筑紫式神籠石をよく朝鮮式山城といいますが、
これは間違った歴史観による間違った解釈です。
畿内説の現歴史学会では朝鮮式山城となるのでしょうが(笑)

現福岡県域にあるものは筑紫式であり、倭人界のエリート最高国家の
博多湾沿岸に都を置く倭国が朝鮮に伝えたものです。

甕棺等や古墳もそうです。

倭人界のエリート最高国家、博多湾沿岸の倭国が朝鮮に伝えたものです。

畿内説でまとまる現歴史学会では朝鮮式でしょうが、
真実は朝鮮半島南部の会羅にあるものは筑紫式が正解です。

493: 2016/02/13(土) 18:13:08.23
その博多湾沿岸の倭人界のエリート最高国家倭国に邪馬台国はあったのです。

博多湾沿岸部の伊都国から奴国までが邪馬台国です。
卑弥呼や台与はおそらく須玖岡本に都していたのでしょう。

伊都国の隣、志摩国に天孫族は暮らしていたのでしょう。

ただ、行橋や京都郡や香春は卑弥呼や台与の出身地、つまり女王国である可能性は
あるんじゃなかろうかとも思います。

もちろん久留米が狗奴国で神籠石外の地域はクマソ国でしょう。
もちろん邪馬台国時代のクマソの範囲はもう少し福岡県域内に張り出していると思いますが。

494: 2016/02/13(土) 18:42:09.26
大事な事を言います。


博多湾沿岸、「覇家臺」に君臨した歴代の倭国王

倭奴国王 や 卑弥呼や台与 を記紀では
イザナギ と イザナミ として登場させたのでしょう。

国産みは 博多湾沿岸
神産みも 博多湾沿岸
天孫降臨も 博多湾沿岸 日本書紀は英彦山
国譲りは 筑紫博多湾沿岸と大国主の直方の事
結果、大国主は倭国外の出雲への追放

卑弥呼や台与の出身地が豊国の行橋や京都郡や香春だったために
天孫族がその地域にこだわった。



おそらくこれが過去のいかなる説よりも真実に近いでしょう。

いずれパクられるとは思いますが皆々様、
あれは「筑紫倭皇帝」が言ってたなと覚えていてもらえればこれ幸いでございます。

495: 2016/02/13(土) 19:00:06.01
天孫族は倭奴国王の流れをくむ豪族でイザナギ。

イザナミは行橋京都郡香春辺りが出身の卑弥呼や台与だとしたら…

ともに倭国の王で「覇家臺」に都して倭国を作った楚。

部外者のイザナミには一旦消えてもらい(イザナミの死)
天孫族が流れをくむ倭奴国王=イザナギに活躍してもらう。

この可能性は高いと思いますね。
ひらめきは肝心ですね。
いつかパクられるのでしょうね。

497: 2016/02/14(日) 01:07:46.43
もちろんこだわり過ぎるのはだめだと思ってますよ。
しかし、創作である以上イザナギ、イザナミのモデルがいたと思いますよ。

例えば、もし豊臣秀吉が天地創造神話を創作するとしましょう。
「我が一族こそは日の本の天下人なり!」
「織田信長(イザナギ)と天照大御神(イザナミ)が作った日の本の大地、
我が豊臣一族が真の天下人なり!」

みたいに、何かしらのモデルがあったでしょう。
国産み、神産みも博多湾沿岸なのは分かります。 海幸山幸もです。
大和が作った日本創造神話は博多湾の歴史が
やはりなにかしら語り継がれていたのでしょう。

こだわり過ぎるのはよくありません。
イザナギが倭奴国王やイザナミが卑弥呼や台与は
私自身もそれを自覚してはいます。

ただ、8世紀の創作だとしても
いにしえよりの多少の語り継ぎはあると思いますよ。

ちなみに、よく言われる他国の神話に似てるというのはあまりにも程度の低い意見だと思います。
男と女、親と子ども、姉と弟、太陽と月等限られた条件で人間が作る話は
世界中似か寄るのは当然です。
人間の考える事いつの時代も一緒ですよ。
ましては古代の選択肢はもっともっと狭いのですから。

もし古代人が宇宙の存在を知っていれば
世界中で火星や土星等
宇宙を巻き込んだ想像神話が溢れるでしょう。
火星や土星の神話がない事が答えです。
限られた条件で想像する神話は世界中似か寄るものですよ。

498: 2016/02/14(日) 01:11:41.62
国産みが九州な訳がないだろ、アホかw
妄想するのは勝手だが説得力がまるでない、現実は認めなきゃだめだな。

501: 2016/02/14(日) 09:38:30.51
>記紀神話を創る際に、博多湾岸の話だけが多く取り入れられる必然性が
よくわからん。東遷説や神武東征を史実とする立場ならわかるけど。

史実もなにも、創生神話はきちんと「筑紫」と明記してるでしょう。
あなた方の偏った考えを元に創生神話を読むので淡路島とか畿内とか宮崎となるのですよ。
素直に読めばすんなり全てが博多湾沿岸のお話。
いかに畿内にもって行こうか考えて読み解くのはやめた方がよろしいと思いますよ。
素直に読めば博多湾沿岸になるのですよ。

宮崎はまだ知識が低すぎた時代に素直すぎて間違えて早とちりをしただけです。

>最古の神社は淡路島にある

それもあなたの先入観によるものですよ。
一番初めに産まれた島は博多湾に浮かぶ
「能古島」か糸島の「小呂島」でしょう。
博多湾をぐるっと一周してその頂点にある島「玄界島」。
高天原の限界かもしれませんね。
その北にある「柱島」。
ここを起点にイザナギとイザナミは博多湾を周ったのでしょう。
周りには「大机島」「小机島」等の島があります。
日本列島ができる前に産んだ島かもしれませんね。

ちかのしま=志賀島、大島=宗像沖の大島 等
ざっと思いだすだけでもでてきます。

最古の神社もそれもあなたの先入観ですよ。
私は53年?開祖と伝えられる糸島の雷山千如寺等そう思いますがね。

また様々な方にパクられそうな事書いてしまいましたね。
その時は筑紫倭皇帝の名をお知りおきくださいませ。

502: 2016/02/14(日) 10:37:33.63
>「筑紫」と明記 は律令制以後の後付け地名

????
で、あなたの意見は????(笑)

あなたの意見を推測すると…

筑紫は後付け…

となると、記紀にも登場する大切な地「筑紫」
をなんで博多湾沿岸に比定したのでしょうかね…

あなた方が大好きな淡路島沖の兵庫あたりを「筑紫」とすればよいものを。

あっ!!
そうですね!!
博多湾沿岸が日本創生の地であると大和も認識してたから
博多湾沿岸を「筑紫国」としたのですね。

明快明快!

503: 2016/02/14(日) 11:12:40.73
まあ、津屋崎の宮地嶽も宗像の宗像三女神も
筑紫博多湾沿岸の筑紫王朝の大切な豪族ですからね。

天孫降臨の時は宗像三女神に大活躍してもらいましたわ。
宗像三女神の慕う大国主を出雲に追い払った時は宗像三女神等の大国主を慕う
豪族が反旗をひるがえすのではないかとヒヤヒヤでした。

しかし、大国主が
「追放された地にあなた方のような大きな家を建ててもよろしいか??
さすれば私に慕う豊国周辺の豪族たちも未来永劫あなた方についていくでしょう。」
と言ってくれた時は感激でしたわ。
ホッとしましたわ。

しかし現実は…
なかなか京都郡あたりの豪族が従ってくれず
豊国平定の大将軍に任命した神武将軍も嫌気がさし疲れ果て、しまいに
「東に巨大銅鐸を打ち鳴らす民度の低いもの達が治める桃源郷っぽい
ところがあるって聞いたんだけど、おいらはそいつらの土地を奪ってくる」
というもんで渋々征夷大将軍に任命してやりましたわ。
まあ、そのおかげで大和州に植民地を形成する事ができ結果オーライですわ。
でも後に本国の危機に乗じてクーデタを起こすなんて………

まあ宮地嶽殿は今でも「筑紫舞」言うて
筑紫博多の殿様に舞を奉納してくれてますわ。

てな事で全ての古代史史実は筑紫博多湾沿岸部中心に全てが詰まっておりますということですわな。

504: 2016/02/14(日) 11:17:57.58
そうそう、宗像三女神さんは特別に大切な豪族はんやったんで、
特別に天照大御神が産んだ事にしといてやりましたわ。
まあ、スサノオ言う人もおりますがな。

でも、それで宗像の三女神はん達も筑紫王朝倭国の右手となって
頑張ってくれはりましたからなぁ。

宗像の猿田峠いうところで迷ったと知らせが来た時はニニギがどうなることやろと
心配しましたわ。

まあ、猿田彦いうジジイに助けてもろうて一安心でしたがね。

お礼に宗像の三女神はんも猿田彦のジジイも
交通安全の神様に任命してやりましたわ。

まあ、宗像の三女神はんは人生の岐路たった時にお参りするとよろしいと思いますよ。


まあそんなこんなで日本創生の古代史は
全て筑紫博多湾沿岸部に詰まってるって事ですな。

505: 2016/02/14(日) 11:26:00.98
それから沖ノ島の8万点に上る素晴らしい国宝の数々の事ですが…
あれは、

大和がクーデタ起こしよった時、
太宰府のものは全て大和に持ち去りましたが

沖ノ島

までは手が回らなかったんですよ。

奈良の法隆寺にある宝物。
あれはいったい誰が誰にどのような時にもらったものですかね??
日本書紀にもかいてないんですわ。

だって、クーデタ起こした時に太宰府からぜ~んぶかっぱらってきた宝物ですから。

506: 2016/02/16(火) 23:02:48.81
根来さんは修猷館の学生になぜか嫌われる。

507: 2016/02/17(水) 00:04:20.45
別に良くね

508: 2016/02/17(水) 01:14:07.18
チクワはまた妄想にふけってんのか、やれやれ

509: 2016/02/17(水) 02:13:51.92
神代の時代(弥生時代)黄泉の国として伝えられる地域では
激しい虐殺があって しばしば発掘隊を鬱にさせている

510: 2016/02/19(金) 11:17:53.83
まあ、邪馬台国時代は

筑紫博多湾沿岸の邪馬台国と筑後久留米の狗奴国が激しく戦う。

邪馬台国の後ろ盾は中国であり飯塚から香春辺りの豊国。

狗奴国の後ろ盾は熊本菊池以南の韓国人の母の可能性のある
熊襲国だった可能性はありますね。

熊襲国の中でも熊本勢力と宮崎勢力、鹿児島勢力の力関係もしくは争い等
あったと思いますが。

511: 2016/02/19(金) 14:11:24.44
繋がっていたどうのより関係性でいくと。

1.畿内等の銅鐸国は、北朝鮮。←後に筑紫博多湾沿岸の属国。
2.邪馬台国の筑紫博多湾沿岸は中国大陸。
3.熊本以南の熊襲国は南朝鮮北朝鮮の朝鮮半島。

4.南朝鮮は筑紫博多湾沿岸の倭国、北朝鮮、中国のその時代その時代の属国植民地でしょう。


卑弥呼や台与は須玖岡本にいて、平原は天照大御神でしょう。

日本の古代史、祖は筑紫博多湾沿岸部に詰まっているのです。

512: 2016/02/19(金) 16:16:38.12
そ~なの?

縄文時代開始以前の縄文人の分布域知ってる?

515: 2016/02/20(土) 13:53:27.52
甕棺を使う風習がどこにあるか考えると分かりますよ。
そして、日本ではどこに甕棺を使う風習があったか。

朝鮮にも甕棺は伝わりましたが、それは朝鮮半島南部が
筑紫博多湾沿岸部の倭国の属国、あるいは植民地だから博多から伝わったのです。

またこれで一つあなたも知識が増えたとおもいます。

甕棺を使った範囲。
またのちの筑紫式の神籠石の範囲。
その他様々な東アジアに残る文献を照らしあわせると、

邪馬台国や天孫族の日本の祖、倭国は博多湾沿岸部であり
今の熊本や宮崎鹿児島は熊襲国であることが分かると思います。


卑弥呼や台与は須玖岡本にいて、平原はおそらく天照大御神でしょう。

狗奴国は久留米であり、後ろの熊襲国となんらかの繋がりがあり
博多湾沿岸部の邪馬台国と激しく激突していたのでしょう。

ちなみに、邪馬台国時代の筑後平野は倭国であり倭国でないような
そんなあいまいな土地であり狗奴国の本拠地だったと思います。

熊本以南は完全な熊襲国でしょう。

519: 2016/02/21(日) 23:49:43.22
出雲王朝なんて無い
出雲は北陸~山陰の日本海文化の中の有力な地方豪族でしかない
この範囲の文化の大部分が出雲起源なんてことは無いし、出雲が頂点に君臨していたわけでもない
大和朝廷以前に西日本どころか、日本海文化圏さえ単一勢力が支配した形跡は無い

520: 2016/02/22(月) 01:10:58.15
大元出版 出雲と大和のあけぼの 出雲と蘇我王国 親魏和王の都 古事記の編集室 など

購読御検討下さい。通りすがりの若葉マーク故、お仲間内の会話に土足でという状態かもしれません。ルールしきたりもわかっていません。不都合ありましたらお詫びいたします。

521: 2016/02/24(水) 13:52:33.70
高句麗はどちらかというと畿内の方に影響をおよぼしています。

倭人とは博多湾沿岸に倭人界の最高国家倭国がありました。

南朝鮮は完全に博多湾沿岸の倭国の影響を受けています。

韓国人は熊から生まれました。

熊本宮崎鹿児島の熊襲が韓国人の母の可能性があります。

倭人界の最高国家は博多湾沿岸の倭国であり、
その中に倭奴国や邪馬台国があったのです。
倭奴国が極南界。

つまり博多湾沿岸が倭奴国であり邪馬台国であり天孫族の故郷です。

後の筑紫式の神籠石がある範囲が最大域の倭国です。

もちろん邪馬台国や倭奴国や天孫族の頃は博多湾沿岸部が南界でしょう。

522: 2016/02/25(木) 06:37:40.29
邪馬台国や天孫族や倭奴国の舞台は博多湾沿岸部です。
博多湾沿岸部ないし現在福岡県域程度外は倭国ではありません。

南九州の熊本宮崎鹿児島は独自に朝鮮半島と繋がる倭国の敵、熊襲国であり、
朝鮮人の母、熊こそが熊襲国でしょう。

狗奴国は熊襲国ではありません。
もともとは筑紫とは一緒だった可能性がある国、久留米に狗奴国はありました。

狗奴国はなんらかの理由で卑弥呼時代は博多湾沿岸勢力と激しく戦っただけです。

よく狗奴国と熊襲国を結び付ける人が私以外の全てですが、
狗奴国は熊襲国ではなく、もともとは博多湾沿岸勢力下だった久留米の国です。

南朝鮮から九州北部に倭人は住んでいましたが、
倭人界の最高国は倭国であり、いにしえよりその都は博多湾沿岸にありました。

南朝鮮は倭国の影響を受けているのです。
倭国人になれなかった落ちこぼれの倭人が南朝鮮に小国家を築いたのです。
もちろんその小国家群は時代時代で倭国の舎弟属国になったり
高句麗や中国の舎弟になりました。

南朝鮮に誇れる歴史など何一つないのです。
だから南朝鮮説は起源説を展開するのです。

その南朝鮮の起源説と畿内説の利害関係が一致するので畿内説もそのスタンスをとるのです。
畿内説こそ売国説でしょう。

ちなみに畿内は倭人伝でいう 倭人 ではなく、 その他倭種 です。

これが真実の古代史です。
これからは私の説の通りに進んでいく事でしょう。

523: 2016/02/25(木) 18:53:29.45
まあ記紀に大国主が二人登場するだろ。
筑紫国博多湾沿岸天孫族に東側の豊国から出雲や畿内に追放された、
渡った経緯が最低でも2度あるということだ。

はっきりしているのは
一つは出雲大社や遠賀川式土器の大国主。
そしてもう一つは
豊国に起源をもつ横穴墓を使った一族だよ。

横穴墓は豊国から山陰近畿東海に伝わり、北陸関東南東北へ広がった。

これは大和の拡大と、事実上の古墳時代の終焉を告げる「薄葬令」とも綺麗に一致するのだよ。

つまり、大和は最低でも2度以上は九州勢力に支配されてるのだよ。

記紀では博多湾沿岸の天孫族が真のモデル。
天孫族は上に書いた事実を大国主を2度登場させて記述を残したのだよ。

まあ、私の説こそが究極の矛盾が全然ないスペシャルな古代史なのだよ。

まあいい加減畿内説や四国説のおバカさんたちも諦めなさい。

素人の私にここまでコテンパンにやられてさぞかし悔しいでしょうな。

525: 2016/03/12(土) 11:22:43.76
卑弥呼や台与はスク岡本かもしれませんね。
糸島は漢委奴国王からの名門であり天孫族を輩出した一大卒。
伊都国から各地に調査員が派遣された。
神武も伊都国から派遣された将軍の可能性があります。

高天原は邪馬台国があった博多湾沿岸でしょう。
高天原のリーダーになった天孫族が
漢委奴国王←イザナギ
卑弥呼・台与←イザナミ
としたのかもしれません。

スク岡本にはイザナミを祀る熊野神社があります。
銅矛の鋳型が神社の宝物です。
能古島を生んだ銅矛かもしれませんね。

宮崎、熊本、鹿児島は倭国外のクマソでしょう。
このクマソは今の朝鮮民族の祖のひとつでしょう。

卑弥呼と狗奴国の戦いは倭国内の戦いでしょう。
つまりスク岡本の卑弥呼と南の倭国内の久留米狗奴国との戦いです。

おそらくこれが本物の史実になると私は思っています。

526: 2016/03/20(日) 03:10:15.26
南朝鮮は倭地であり、元々は倭人の最高国家の
博多湾沿岸に都を置く倭国の領地であった。

しかし、植民地であった南朝鮮は倭国を越えて独自に南九州の熊襲と手を結ぶ。

だから、熊襲討伐にはまず朝鮮征圧が先であるため、
筑紫の倭国は朝鮮出兵を繰り返す。

朝鮮民族の祖は熊である。つまり熊襲。

全てがきれいに何の矛盾もなくつながる。
私の説はまこと最強である。

筑紫の朝鮮出兵は
いにしえは領地、植民地の管理。

南朝鮮が熊襲と繋がってからは
熊襲征伐の一環。
まず朝鮮を征圧。それから熊襲。

こういう事だ。

しかし、私の説は何の矛盾もない素晴らしい説である。

527: 2016/03/20(日) 20:44:52.50
>>526
壇君神話の子孫が半島に居無くなったのは、九州に移住した、熊襲・隼人だからなのは
普通に解る話。

528: 2016/03/20(日) 20:47:13.02
>>527追記。
その時の王が・・物部印恵(崇神天皇)(邇邇芸神)
兄が・・徐福・秦氏の饒速日神(天火明)

529: 2016/03/20(日) 20:51:04.78
だから、後の薩摩藩士が、秦の始皇帝第22代:融通王=弓月君=惟宗の子・・島津氏を荘園制度で名乗った。

530: 2016/03/22(火) 22:58:05.93
福岡や南部朝鮮は戦国時代の呉人、福井富山新潟などの越の国は越人、
宮崎の邪馬台国と鹿児島の狗奴国は徐福の一団とすると、
銅鐸祭祀文明の出雲は周人か殷人ではないか。
それぞれ先住民を駆逐したのではなく、縄文人と同化していったのではないか?

531: 2016/03/22(火) 23:13:54.32
南シナ海で遭難すると高確率で出雲に流れ着くんだから
出雲は古代から多国籍だよ
だからこその八百万の神
もちろんその中に殷や周に由来する人達がいたかもしれないけどね

533: 2016/03/23(水) 08:58:35.98
トンデモばかりで、目がくらくらする、このスレ。

534: 2016/03/23(水) 17:38:59.27
古代史に向いてないよ、それ

535: 2016/03/28(月) 00:40:28.04
神武の東征で広島に7年いたのは、仲間を集めて出雲の事代主命を陸上と海上
から攻撃し、岡山で8年いたのも岡山を平定し建御名方命を攻撃するためにそれ
だけの時間がかかったと思う。奈良の国の出先機関を潰した後、奈良の本拠を
攻撃するのは、春秋戦国・漢時代でも当然行われた敵国侵略方法だと思う。

537: 2016/04/02(土) 15:21:42.99
>>535
いい加減なことを言うな。
出雲国譲りは、神武の曽祖父のニニギの代に終わっている。

536: 2016/04/02(土) 02:20:28.93
広島カープ王朝

538: 2016/04/02(土) 23:01:17.20
シノハユの白築慕ちゃん

539: 2016/04/04(月) 22:13:03.54
殷王朝の頃ではないでしょうか?

541: 2016/05/16(月) 16:59:29.51
また朝鮮あげか~

ならそいつらおい出せばいいじゃん

542: 2016/05/16(月) 17:35:34.74
>>541
いや、中東から中国(及び半島)を経て、日本に根を下ろした…という趣旨。
そもそも、我が国は『島国』であり、あらゆる地域から流れ着いた渡来人国家。

543: 2016/05/19(木) 16:05:00.91
>>542
国際的にY遺伝子の系統樹の解析がどんどん進んでいるのにw
よくも、まあ、トンデモ説を並べられるなw

545: 2016/05/27(金) 22:18:37.26
ちなみにこのO1aは東南アジアに濃く残っている、南方系の原始陸稲稲作民
神話にワニが出てくるのも納得だ

546: 2016/05/31(火) 21:45:22.04
須佐の男(帥升)から始まり
倭国大乱で衰退
7代目大国主の時、天照(卑弥呼)に実権を握られる

547: 2016/05/31(火) 21:52:15.25
出雲が勝ってたら島根が日本の首都になってたかもな

550: 2016/06/15(水) 23:51:06.61
>>547
出雲文化圏のうちで山陰だけが滅ぼされずに済んだレベルだからなあ

548: 2016/06/03(金) 23:31:24.51
立地的に島根から全国の統治は難しいな。
そのうち畿内か関東に遷都するんじゃないかな。

549: 2016/06/15(水) 23:15:03.31
 八洲起源浮橋之業舞の八州起とは安来のことらしいな。

552: 2016/07/22(金) 22:46:57.06
では戦国と南北朝はどう理解するの?
あの時代、息をするように戦争をしているよ。
談合やカネで何とかするってのは、戦後の、しかも一時期の話に過ぎない。

553: 2016/11/22(火) 17:07:44.89
尾張氏と物部で出雲を挟み撃ちにしたんだろ?
で、いまの千家家は、尾張系
熊野神社も尾張氏が和歌山から出雲に持ってきてる
出雲熊野神社>>>>>>>>>出雲大社

出雲大社は、経営努力で近代になって人に知られるようになった

555: 2016/12/12(月) 20:54:24.12
>>553
巨大神殿の跡が見つかったから、古代において隆盛を誇っていた時期があったのは確実。

557: 2016/12/15(木) 01:02:50.20
>>555
あれ、灯台だろ

554: 2016/12/08(木) 02:52:39.54
事代主は神武天皇の岳父となっているので出雲と大和は仲がいいんじゃない。

558: 2016/12/31(土) 03:46:01.42
シナから航海、漂着すると、自然に日本や朝鮮半島南部に流れ着く。
当然そこに交流が確認されているが、朝鮮南部から鉄が見つかり、
更にその利権を求めて争いが起き、その後国ができた。
朝鮮半島から遠く、気候も悪い出雲という場所に日本最大の国が
できたのは、後から九州北部に来た者に押し出されたのではないか。

560: 2016/12/31(土) 09:05:41.29
>>558
で、シナから漂着した事を証明する証拠遺跡とその証拠文物、
とりわけ証拠石器・土器は?

561: 2016/12/31(土) 09:18:59.33
>>558
で、シナから漂着した事を証明する証拠遺跡とその証拠文物、
とりわけ証拠石器・土器は?

559: 2016/12/31(土) 06:33:49.13
出雲は朝鮮半島南部から自然に流れ着く場所じゃねーの

562: 2016/12/31(土) 12:33:14.74
そもそも弥生人全体が半島か大陸の由来だろう。

565: 2017/01/17(火) 21:57:09.22
>>562
大陸と言っても北方の沿海州な。

弥生人は渡来時に朝鮮土器も中国土器も使ってないぞ。

朝鮮土器から影響は受けたが、朝鮮土器そのものはほとんど作っていない。

563: 2017/01/01(日) 01:56:28.59
大阪も縄文人の死体が多いね

564: 2017/01/17(火) 21:05:32.80
歴史は隠蔽されてしまう。真実は隠蔽されるけど子孫は記憶している。
記憶は隠すことができない。忘れたくても忘れることが出来ない。

566: 2017/01/18(水) 08:40:12.83
播磨国、、、旧くは針間。玻瑠摩?
伝説伝承的には元々は大吉備王国の一部で、
播磨国の東限にあたる明石郡(現在の神戸市垂水区、西区は播磨国)迄有った。(摂津国西限の須磨の関は同時に畿内(ヤマト)の西限)
拡大解釈すると対岸の淡路島も大吉備国(気比、慶、境、鷄(長(那賀国)那岐十霊(最高神)、、、長鳴き鳥)、紀伊(和歌山県には未だ吉備地域がある))
大吉備国が後の畿内地方を攻めていた(交戦状態)?

567: 2017/01/18(水) 08:55:38.04
>>566
1世紀~3世紀の永きにわたり稼働していた淡路島西側高台の鉄器工匠遺跡の存在感は絶大かも?
吉備国(広義の出雲)の支配下に有って鉄器(武器)製造供給の拠点?
後の畿内地方にヤマト?が有った場合、瀬戸内海は正に敵の支配する海域で通行は事実上不可能です。
大陸、半島から人や文物が後の畿内地方に至ろうとすると太平洋側を迂回して紀ノ川/吉野川や大和川を遡上するか、若狭辺りから琵琶湖に至り南下して何とか奈良地方に(この場合、丹後、若狭、敦賀(気比)は敵の支配する地域)

568: 2017/01/19(木) 07:29:58.13
神武東征のルートに近づいているぞ。

569: 2017/02/12(日) 23:19:34.43
邪馬台国は九州全土に面として領土を広げていたが、
出雲は縄文人と協力して都市国家連合を拡大させていた。
滋賀、京都、新潟、長野、埼玉、愛知そして奈良にも。
それで、大国主尊と呼ばれた。

570: 2017/02/13(月) 21:05:33.13
>>569
奈良は田舎だから含むないよ。
それに邪馬台国と大国主では時代が違うよ。

571: 2017/02/13(月) 21:59:02.37
大国主は方墳?四隅突出方墳?

572: 2017/02/14(火) 12:58:26.64
方墳かな。
四隅はその後の出雲国造家かと。

574: 2017/03/12(日) 11:10:42.62
結局、出雲王朝は存在したの(・ω・`)?

575: 2017/03/12(日) 11:30:08.97
した。

576: 2017/03/12(日) 12:11:41.95
出雲の西日本全体の及ぶ壮大な力は紀元前からあっただろう。
加茂岩倉遺跡の銅鐸が大阪、四国、和歌山、淡路に出てたはず。
方形周溝墓は出雲族の墓かもしれない。
大和というのは出雲の奥津城だろ。

卑弥呼は大和にいた出雲系ヒメたたらいすず姫。
台与は天トヨつ姫。

実質、出雲の王権が終わるのは3世紀後半。
箸墓に代表される前方後円墳・後方墳勢力(吉備・東瀬戸内・尾張)にとってかわられた。

そこから産まれたのが崇神。
彼が出雲振根事件を起こし、ラストエンペラー大物主、出雲王朝最後の男系・「建飯賀田須命」を殺したのだろう。
殺した理由はモモソ媛殺害容疑だ。
そして出雲の男系を自分の傀儡である大田田根子に置き換えた。

577: 2017/03/13(月) 00:52:12.75
出雲族は大和や諏訪などの日本のあちこちの縄文人の大集落を目指して進攻し、
縄文人を支配・共存する植民集落を築いていたのではないか?
出雲地方の気候では大兵力を持てるはずがないから、侵略先の原住民と共存を
図るしかない。一人ではなく、大穴牟遅神・大穴持命・大己貴命・大汝命・
大名持神・国作大己貴命などの何代、何人もの多く出雲族によって植民集落が
作られたが、その代表が大国主命と呼ばれたのではないか。

580: 2017/03/13(月) 01:16:38.64
>>577
弥生時代にはもう縄文人はいないぞ

578: 2017/03/13(月) 00:55:05.72
日本の話ではないんだけど、
そろそろ頭の病院に行く頃だぞ

579: 2017/03/13(月) 00:57:55.78
何でも日本の話、起源、発祥にしようとするのがいるようだけど

利権のようなもの、
お金が絡んでいるの?

それとも頭の病気なの?

581: 2017/03/13(月) 05:53:05.01
「やまたの大蛇」は、古代国家出雲に攻め行った「ヤマト朝廷軍」だよ
しかしこの闘いは出雲の勝利に終わる

日本統一に向けてヤマト朝廷は戦でなく国譲り、即ち一定の自治権を認めた形でのある種の連合を選ぶ事になる

出雲はヤマト朝廷の1つ柱としての地位が保証される

582: 2017/03/13(月) 06:48:49.40
縄文人は不滅です

583: 2017/03/13(月) 20:30:15.13
富家の伝承については、どう思いますか?
4500年もの間、一子相伝で口伝だけで歴史を伝える
なんて不可能だと思うのですが?

588: 2017/03/18(土) 01:10:20.26
殷商の箕氏の子孫準王が満州人の衛氏に国を奪われ、船で島に逃れたとの
記録がある。箕氏朝鮮の準王一族なら、紀元前2000年の殷商の祭祀文明
の風俗、祭礼のやり方を伝承していたのではないか?
その証拠の一つが銅鐸ではないのか?

589: 2017/03/18(土) 02:02:22.45
だったら原始漢字が伝わるし、龍信仰も伝わるし、漢服も伝わるし、
木靴も伝わるし、木骨泥墻も伝わるし、銅鐸どころか銅鼎が伝わるだろ。

そして壺には耳が付く。

590: 2017/03/18(土) 08:49:15.99
船に職人が乗ってなかったんじゃない?

592: 2017/03/19(日) 02:01:54.23
>>590
ハイ、詭弁。

そんなもの、倭の職人にオーダーすればすぐにできるし、
原始漢字や龍信仰なんか記憶からの再現なだけ。

おまえのバカバカ詭弁でいくと、いまだに日本は何も伝わらず弥生時代のハズ。

591: 2017/03/18(土) 10:33:05.30
崇神が4世紀初頭の可能性が高い。ならばそれ以前の3世紀は魏志によれば女王国の時代だ。
それに符合するように妃のいない天皇たちがいる。
神武から孝安までだ。彼らが大王ならその血を残すために複数の后がいて当たり前。
つまり彼らは大王ではなかった。

では話は簡単。彼らの正后をみればいいのだ。
その中にヒミコとトヨ(またはイヨ)がいればいい。
それがいるのだ。


①神武→ヒメタタライスズヒメ
②綏靖 →イスズヨリヒメノミコト  生きてた「ヒメ」タタラが女王
③安寧→ヌナソコナカツヒメノミコト   生きてた「ヒメ」タタラが女王
④懿徳→アマトヨツヒメノミコト
⑤孝昭→ヨソタラシヒメノミコト    生きてたアマ「トヨ」ツが女王
⑥孝安→オシヒメ        生きてたアマ「トヨ」ツが女王

見事にヒメとトヨの時代。

そして7代孝霊には複数の妃。
実質の男王は孝霊の時代から。
それは箸墓古墳の時代だ。

邪馬台国とはヒミコこと「ヒメ」タタラが住んだ奈良県御所市である。

卑弥呼ことヒメタタライスズ媛、台与ことトヨツ媛は古代出雲王朝最後のヒメ様。

纏向ごときに卑弥呼はいない。

593: 2017/03/19(日) 02:32:15.97
詭弁とか言い出したら倭の職人がすぐできるとか記憶からの再現とかも
バカバカ詭弁だろ

594: 2017/03/19(日) 02:56:28.29
>>593
おまえのバカバカ論理でいくと考古学は何も成立せんだろがカス。

殷の箕氏の王族が渡来定着しました。

ところが、彼らは証拠遺跡も中国文物の影響文物も何も遺しませんでした。
チャンチャン。

で、考古学で通用するのかカス。

595: 2017/03/19(日) 09:52:55.34
おいおい、渡来定着した証拠はそもそもないぞ。
来たか来てないか分からないんだよ

渡来定着したと主張する見えない敵を脳内で作り上げて戦ってたのかよ

596: 2017/03/19(日) 11:58:38.80
来たか来てないか、すぐに分かるじゃないの。

来てないに決まってるだろ。

渡来定着した証拠遺跡もその証拠生活文物も一切無いんだから。

597: 2017/03/20(月) 04:43:16.19
うれしいこというねえ

598: 2017/03/20(月) 17:14:12.04
準王といえば紀元前200年頃だ。
そのころ北九州にはすでに奴国の元になる別勢力がいたために、
出雲に渡ったのかもしれない。

599: 2017/03/20(月) 19:03:57.73
で、その証拠遺跡と証拠生活文物は?

600: 2017/03/25(土) 22:34:29.87
真相は何処にあるのか…