1: 2010/11/09(火) 12:29:44
映画公開記念。司馬遼が否定しなかった唯一の暗殺。

維新までにものすごい数の藩士が犠牲となり、
明治新政府には高官を一人も送り込めなかったけど、
水戸の頑張りがなかったら歴史は違うものになっていたのもまた真。

天狗党、諸生党(除・奸党)とあわせて合掌。


引用元: ・【水戸】桜田門外ノ変【薩摩】

2: 2010/11/09(火) 12:33:58
水戸斉アキラ

3: 2010/11/09(火) 15:05:55
では逆に、維新まで存命していたら高官になったのは誰なのかと。

4: 2010/11/09(火) 21:40:29
藤田小四郎
住谷寅之介
鵜飼 幸吉

原市之進
かなあ

5: 2010/11/09(火) 22:36:22
藤田東湖

6: 2010/11/11(木) 01:58:11
明治維新は外国と組んで日本を破壊した売国テロ
今の民主党とそっくり    テロリスト最低

7: 2010/11/11(木) 08:17:43
桜田門外、坂下門外、英公使館襲撃、血盟団、515、226

これ全部、水戸右翼テロ事件な

14: 2010/11/12(金) 22:02:51
>>7
226は特に関係ないでしょ。

8: 2010/11/11(木) 09:21:20
大塩の乱でも大塩は決起直前に斉彬に飛脚を走らせて幕政刷新行動を促していた。
つまり水戸の陰謀。

10: 2010/11/11(木) 10:31:49
>>8
どこの斉彬だ

9: 2010/11/11(木) 10:24:25
韓国の独立運動家のテロはきれいなテロだろ?

11: 2010/11/11(木) 10:41:09
御三家筆頭・水戸斉昭

12: 2010/11/11(木) 11:19:46
御三家筆頭は舟木一夫だろ

13: 2010/11/11(木) 15:41:15
え!三田明じゃないんですか?

15: 2010/11/12(金) 22:11:05
菱沼五郎が茨城県議会の議長までやったってのは凄い話だな。
茨城県人が彼に票を投じ続けたことに感心する。

ついでにいえば赤城徳彦を落選させた良識にも敬意を表したい。
山口県人は安倍晋三を当選させたことを恥じるべきだ。

17: 2010/11/12(金) 23:08:31
>>15
あらため、小幡五郎ね。人望あったらしいよ、山口武平と違って。

でも橋本登美三郎、梶山静六、赤城宗徳(くそどら息子のじいさん)、
いぶし銀黒幕ばっか。栄光なき天才県。

16: 2010/11/12(金) 23:03:14
水戸がいなけれりゃ明治維新起こってないよ

19: 2010/11/13(土) 08:47:41
水戸では今でも、天狗、諸生の根深い対立があるってホンマでっか?

20: 2010/11/14(日) 16:20:05
>>19
体験したことがない。

21: 2010/11/14(日) 20:52:18
水戸ではいまだに太陰暦を使用しているとは真か

22: 2010/11/14(日) 22:48:00
いかにも。水戸では本日は10月9日でござる

24: 2010/11/16(火) 16:46:00
茨城県議会副議長田山耕雲斎でござる

25: 2010/11/17(水) 19:00:54
人材の無い納豆地方

26: 2010/11/17(水) 22:13:08
今の時代だと、井伊は仙谷だね。
水戸から暗殺犯が出るのか。

69: 2011/01/28(金) 23:27:09
>>26
井伊直弼の決断こそが後に日露戦争勝利の遠因となっているので
井伊直弼こそ日本どころかアジアを救った真の国士

70: 2011/01/29(土) 00:36:43
>>69
開国条約調印は川路聖謨らの暴走であって井伊直弼の決定じゃない、って説があるが。
直弼が暗殺されたことが明治維新へと続く暴走の時代をスタートさせたのには賛成。

27: 2010/11/18(木) 20:48:41
元厚生労働事務次官を暗殺したのは山口県人だった。
コント山口君と茨木君という名の漫才コンビ出てこないかな♪

28: 2010/11/21(日) 09:23:17
イモ勤トリオ

薩摩イモ
「萩」本
山口
長江(長州)
西山荘(水戸)

29: 2010/11/25(木) 00:50:25
畏れ多くも、ミトオージ

大王じゃ

30: 2010/11/25(木) 23:13:49
じゃっとん、このスレに集ってるもんは、みーんな、気持ちが通じてる
かけがいのない仲間ごわす。

32: 2010/12/10(金) 21:15:15
茨城県議選で幕府に鉄槌がくだっぺよ

34: 2010/12/13(月) 22:31:27
どうしようもないな、茨城気質…

35: 2010/12/18(土) 10:32:53
荒川沖に続いて、取手でも白昼刃物で無差別テロですか

36: 2010/12/21(火) 01:30:47
雪 テロ 刃物 茨城 水戸

37: 2010/12/23(木) 23:39:13
刀の柄袋って彦根の詭弁?

40: 2010/12/25(土) 14:55:57
>>37
初動が遅れる原因になったのは間違いないんじゃね?
その後、江戸市中の行列で柄袋を使う家は無くなったってのも、それが本当だったからだろうし。
普通に考えて、切りかかってくる相手の目の前で紐を解いて、袋を開いてなんてしてたら出遅れて当然。

長州征伐でボロボロにされたせいで弱い印象の井伊彦根だけど、近代銃撃戦でなく、戦国以来の白兵戦の
訓練はしっかり積んでいたことが、その長州征伐の時にきちんと甲州兵学を実施していたことから伺える。

38: 2010/12/24(金) 23:58:03
彦根の便器

39: 2010/12/25(土) 14:28:25
実際は激しく防戦している

41: 2010/12/26(日) 09:45:39
>>41
柄袋以前に、戦わず藩邸に逃げ帰った者、多数です。

そして恨みは、天狗党を素っ裸で冬のニシン倉に押し込めて病死させ、
あるいは斬首するという陰湿なもの。

そして大老の家でありながら、最期は徳川追討。

彦根武士は最低最悪。

42: 2010/12/27(月) 12:11:22
閉じ込めて斬首を命じた
のは老中、田沼だろう。
斬首の担当に彦根藩士が
進んで引き受けたのは事実らしいが。

43: 2010/12/27(月) 17:58:32
田沼ってアレの子孫だろ?
天狗の残党は、なんでこいつに報復しなかったんだろうか?
逆磔にふさわしい気がするがw

44: 2010/12/27(月) 22:55:00
逆磔!!!

市川三左衛門~~~

最期に鰻を食べました

ところで山田風太郎の『魔軍の通過』はよかった

45: 2010/12/28(火) 19:53:06
桜田十八士は、果たして自分達が靖国神社で英霊として祀られることになることを
想像できていただろうか?

靖国の設立の思想的な部分は、
藤田東湖の正気歌に由来するとのことだから、
自覚はあったかも知れない。

斬首という処刑方法は武士にとっては屈辱的だったはずだが、
英霊となるという部分でプライドを保てていたかもしれない。

46: 2010/12/28(火) 20:28:02
wikipediaに、

革労協書記長内ゲバ殺人事件

の記述があった。

茨城県人は左翼も熱いね。

47: 2010/12/30(木) 08:22:45
こっちのほうが熱いだろ

浦和車両放火内ゲバ殺人事件

48: 2011/01/06(木) 02:39:08
土浦のジョイ本で
高校生の背中に
また不条理通り魔…
なんで???

50: 2011/01/08(土) 01:47:33
武勇憂国廣櫻會

51: 2011/01/09(日) 00:11:20
井伊直弼は暗殺死ではない。
病死。

彦根藩の幕府への死亡届では。

52: 2011/01/09(日) 01:50:46
直弼「病死」後の彦根藩減封の理由ってなんだったの?
相続関係は問題ないことになってるし、討たれたのもなかった事になってるんだよね?

53: 2011/01/09(日) 15:42:09
☞ ☟ ☜
まつごようし

56: 2011/01/13(木) 08:27:44
>>53
末期養子だからってことではなく、
直弼の失政の任を問われてってことだったはず

54: 2011/01/13(木) 01:31:41
ひこにゃんは可愛い

55: 2011/01/13(木) 06:54:45
黄門ちゃまには恨みがある

57: 2011/01/15(土) 01:48:30
減封処分を受けたのは、大老職についた井伊直弼が登城途中で暗殺され、
武辺一筋の井伊家にしては不名誉の為と咎められた為

61: 2011/01/16(日) 11:09:40
>>57
「暗殺されなかった」ってことになってるんでないの?

63: 2011/01/17(月) 09:44:01
>>61
表向きの理由はなんだったんだろうね

58: 2011/01/15(土) 22:48:19
直弼の死体の前を他藩の行列が見て見ぬ振りで通過したんだっけ
終わってんなー

60: 2011/01/16(日) 01:00:57
>>58
マジで聞きたいが、
一体どうすれば良かったんだ?

62: 2011/01/17(月) 09:43:17
>>60
死体に斬りつけるとか?

59: 2011/01/15(土) 23:01:47
養子を決めて家督相続が認められるまでは生きているのだから、手出しが出来るわけがない。

64: 2011/01/23(日) 13:54:24
病死だろう?
幕府が朝鮮人参を
藩邸に届けたとか。

66: 2011/01/24(月) 12:20:19
桶狭間と桜田門外の変は
良く似てる。

67: 2011/01/26(水) 12:18:38
彦根側で刀を抜いて応戦が出来たのは結局、何人?

68: 2011/01/26(水) 16:48:14
また薩摩か

71: 2011/01/29(土) 12:11:14
暗殺が無くても幕府滅亡は不可避だったろ。

76: 2011/02/08(火) 20:49:13
>>71
うん。でもスピードがぜんぜん違ったのでは。

72: 2011/01/29(土) 21:41:43
阿部正弘が長生きして、親藩・外様と協調しつつ開国路線を維持できていれば、幕府主導の近代化が出来ていたかも知れないねぇ。
ただ、諸藩と強調している以上中央集権化ができないだろうから、明治日本のような強い国には成れなかったかも。

73: 2011/01/30(日) 12:34:13
幕府主導だと兵権の一元化がスムーズに行われると思えない

75: 2011/02/04(金) 22:15:21
もちろおんそーだよ。

77: 2011/02/09(水) 23:09:36
山川の日本史教科書では、
イギリス公使パークスが幕府の無力を見抜き薩長に接近したような書かれ方がされているね。

幕府と条約結んでいるのに、地方勢力が自国船を砲撃したり外交官に危害を加えたり。
あげくは頭領が暗殺されてしまう。
当時の列強にとっても、もっと強力な政府が必要だった。

78: 2011/02/11(金) 13:42:07
徳川幕府は、朝鮮王族の子孫・洪家康(通名・徳川家康)が創設した
日本の武家政権である。その分家であり御三家と呼ばれたうちの一つ、
水戸洪家の当主光圀が、隠居後、腕の立つ2人の家臣・徐・朴を引き連れ
諸国漫遊の旅に出た実話をまとめたのが、『水戸黄門漫遊記』である。

結論:明治維新は朝鮮の頭脳によって実現した。

79: 2011/02/12(土) 13:47:43
有村に切り付けた小河原は立派だったな!
浪士側もあっぱれな忠義者だと思ったのかな?

80: 2011/02/18(金) 02:40:42
井伊直弼→ゴルバチョフ
水戸浪士→ソビエト共産党
薩摩藩→エリツィン

…と置き変えると判りやすい

81: 2011/02/18(金) 13:37:58
わからんすw

82: 2011/02/18(金) 18:46:44
アンドロポフ       阿部
チェルネンコ       井伊直助
ゴルバチョフ       徳川慶喜
粛軍クーデター一味  会津・桑名
エリツィン         西郷隆盛
プーチン          大久保利通

あたりなら分かる

83: 2011/03/04(金) 10:57:02.62
昨日は、桜田の日だったのか。旧暦だけど。

安政7年3月3日(1860年3月24日)桜田門外の変

84: 2011/03/05(土) 00:36:04.35
1932年
3月5日

血盟団員・菱沼五郎が三井合名理事長・団琢磨を暗殺

85: 2011/03/17(木) 01:03:50.19
がんばれ茨城
がんばれ水戸っぽ

86: 2011/04/07(木) 01:09:35.90
平将門、恩赦が下される(937)

87: 2011/04/13(水) 20:21:43.77
刀が抜けないなら槍使え!

88: 2011/04/13(水) 20:28:34.44
パンが食べられないならケーキを食べろ

89: 2011/04/23(土) 02:06:25.20
▲井伊直弼、大老に就任(1858)

90: 2011/04/24(日) 02:53:05.06
刀の覆いが無くても
結果は変わらなかった

91: 2011/04/24(日) 12:30:04.62
桜田門外や226事件とか東京が雪の朝ってへんな事件が起こるね

93: 2011/04/28(木) 16:51:19.52
>>91
王政復古のクーデターの時も京は雪だったらしい

92: 2011/04/27(水) 00:07:27.20
たまたま雪になる、水戸の不運かラッキーかわからんが、

明らかに損してる

94: 2011/05/20(金) 20:51:56.56
あと忠臣蔵の討ち入りもいわずと雪

水戸礼賛の系譜

95: 2011/05/22(日) 14:20:37.81
戦死者から肝臓を取り出して食べていたガチホモ薩摩人に関わると
ロクなことにならないといい実例

九州に肝炎が多いのは薩摩の肝臓食と肛門性交という二大蛮習のせい

96: 2011/05/22(日) 14:49:03.78
肝炎は沖縄の方が高く、奄美鹿児島熊本と下がって行くのですが。
会津若松からの書き込みは、相手を貶したいといういやらしい意図しか感じません。

97: 2011/05/24(火) 07:11:02.80
血盟団事件は晴れ

98: 2011/06/04(土) 21:18:33.13
井伊はフリーメーソンに寝返って開国した。
それに激怒した国学派が孝明天皇の元に連帯して国を守ろうとしたものの、
結局グラバーの手下薩長土肥によって押し切られ、
孝明天皇は岩倉によってフリーメーソンの生物兵器天然痘によって暗殺された。

99: 2011/06/05(日) 19:30:38.76
あるテレビのインタビューしている女が
「茨城の方は黄門様が大好きなんでしょう?」
実態は違う、太田地方は佐竹氏の国替えを昨日のことのように
悔しがるし、寺の坊主は斉昭に鐘を取られ戦時中も取られたと怒り
鹿島地方は水戸に豪族が毒殺された(佐竹氏がやったんだが)と今でも敵視

鹿児島や山梨や新潟みたいに地元の英雄と持ち上げる風土は無い
茨城の英雄はジーコ、、、

169: 2011/12/28(水) 08:25:11.60
>>99
そんなわけない
光圀公はどうでもいいし、別に敵視してはいない。
いつの時代の話だよ。

100: 2011/06/11(土) 00:31:39.20
永作博美はええ女でしょう

101: 2011/06/14(火) 23:36:04.27
まあね

三大撫す産地の割には

102: 2011/06/20(月) 16:33:02.49
水戸は女の気が強い。

103: 2011/06/21(火) 15:41:32.76
佐幕のの大藩水戸が内ゲバに血道上げずに一枚岩で事に当たっていたら
明治維新は全く変わっていたよね

104: 2011/06/21(火) 16:39:18.20
勤皇だお

105: 2011/06/22(水) 14:02:13.85
晴天で刀が抜けても銃弾で井伊が死んだから意味無し

108: 2011/06/24(金) 02:06:20.79
>>105
かごは動いてるのに命中
よっぽどスナイパーだなw

109: 2011/06/24(金) 07:51:22.44
>>108
どうも真面目に分かってないようだから説明しとくけど、
水戸浪士が切り込み始めてすぐに、駕篭に向かって拳銃を発射。
井伊直弼は駕篭の外に出られないような重症を追って、逃げられず
そのまま首を取られたとされている。

普通に考えて、もう歩けないような重症を負ってたんなら、斬り込んできた
来た連中を撃退できても、そのまま失血かなにかで死ぬよね。

110: 2011/06/24(金) 10:01:48.72
>>108
駕籠はとまってた。

拳銃が世の中にあるのに、なんで拳銃で警備しない。

111: 2011/06/24(金) 13:22:51.49
>>110
征長戦の時も、「鉄砲一発もせず逃げ迷い候由。甚だ見苦しき敗北ともっぱら評判これあり」
見苦しい赤備え

112: 2011/06/24(金) 21:51:29.79
>>111
いや、一応、砲撃してから切り込んでるよ?
予備砲撃が露骨すぎて、「あー、明日斬り込んでくるな」って長兵に完璧に読まれてたけど。

あと、半渡河の状態で、前方と斜め後方(前日に隠密越境、回りこまれていた)からの十字砲火
なんて食らったら、帝国陸軍だろうがフィンランド兵だろうが士気が崩壊して当然だと思う。

106: 2011/06/24(金) 00:06:29.36
井伊が生きてたらどうよ

107: 2011/06/24(金) 01:09:01.91
拳銃使った時点で水戸の負け
あれで水戸が馬鹿にされちゃったからね

113: 2011/06/24(金) 23:11:56.92
あらかじめ敵の側背に兵の一部を回し、敵の半渡を撃つなんてのは常識
簡単な手でやられて「井伊の腰抜け」と笑われる

115: 2011/06/27(月) 05:33:02.18
>>113
洋式銃で十字砲火食らったのは、日本史上初だと思うけど。
まだ、洋式歩兵の威力をだれも本当に体験してなかったわけだし、
衝撃は大きかったと思うよ。

114: 2011/06/26(日) 22:05:45.79
井伊の赤べこw

116: 2011/06/29(水) 00:09:18.94
>洋式銃で十字砲火食らったのは

いやまあそうなんだろうけど、その表現はおおげさだ。
やはり彦根の護りに難あり。

117: 2011/07/01(金) 23:12:45.43
何も十万石の減封しなくても良かったのにな。

118: 2011/07/06(水) 11:57:54.92
お供で生き残った人たちみんな処刑されたんでしょ。ちょっとひどいよね。

119: 2011/07/06(水) 20:33:30.27
>>118
手傷を負わず生き残った人は、だよ。
戦って傷ついた人は除外。
あの乱戦で傷も負ってない=主を放り出して戦わずに逃げまわってた、だから
サムライ的に処刑されるのは当然だと思う。

122: 2011/07/07(木) 00:37:31.48
>>118
無傷の者は斬首
軽傷者は切腹、重傷者は減知の上、閉門
死亡者は跡目相続OK
井伊側約60人の内、死亡8人、負傷13人

137: 2011/07/19(火) 23:10:44.04
>>122
無傷はともかく怪我人でさえも処罰されてたとは厳しいな

120: 2011/07/06(水) 23:39:32.82
主人ほったらかしにして逃げ帰るって、ちょっとありえない醜態だよな。。

121: 2011/07/06(水) 23:46:56.75
それだけ人望がなかったんだろ

123: 2011/07/07(木) 22:33:12.98
映画の桜田門外ノ変では「彦根側護衛は皆切腹になった」と少しマイルドに改変されてた。
当時の武士にとって切腹と斬首とでは大違いだろうに。

124: 2011/07/07(木) 22:39:12.82
今となってみれば、斬首だからこそという面もあるな。

桜田十八士や天狗党はみんな斬首。
水戸出身ではないけど、吉田松陰も斬首。

不名誉な死を遂げたはずの人たちが、英霊として靖国に祀られる。
感動的な物語。

127: 2011/07/10(日) 00:59:57.90
>>124
「みんな斬首」という訳ではないぞよ。桜田十八士のうち斬首は7人。
逃げ果せて生き残ったのが2人。この2人はもちろん靖国に祀られてない。

125: 2011/07/09(土) 15:31:51.37
有馬に斬り付けた小河原が集団でズタズタに膾斬りにされるって酷いな。
水戸浪士達も武士の端くれだろうに…

128: 2011/07/10(日) 02:30:08.20
>>125
主君の仇を討とうとした
忠義は見事だったのにな…

129: 2011/07/11(月) 00:57:42.68
>>125
果し合いではなく戦争だから当然の事

126: 2011/07/10(日) 00:56:42.89
武士なら一撃で仕留めろということ?

130: 2011/07/11(月) 02:22:14.69
彦根藩邸に急を知らせ&援軍依頼に行った奴は当然いると思うが、そいつも斬首されたのか?

131: 2011/07/11(月) 08:02:59.79 BE:815695643-2BP(0)
>>130
いや、もしそんなのがいたとしても、それは「逃げた」以外の何物でもないだろ。
怪我もしてない供回り全員が主君の盾になっていれば、とりあえず主君を
討たれるようなことはなかっただろうし。
所詮、相手は小勢だ。援軍が必要な状況ではない。

136: 2011/07/14(木) 12:50:03.87
>>131
鞘のままの刀で殴っても
相手を気絶はさせられる
だろうから戦うべきだった

132: 2011/07/14(木) 00:29:49.01
>>130
勿論、斬首です
主君が襲われ仲間が戦っているのに
「そうだお屋敷にお知らせしなければ」と
現場を逃げて屋敷に逃げ帰った士分の者が7人いましたとさ

133: 2011/07/14(木) 09:42:16.54
仮に井伊が銃弾で倒れて
も浪士達を撃退していれば彦根の恥晒しは避けられた

134: 2011/07/14(木) 10:09:44.10
首さえとられなければ、なんとかなったということでしょか。

135: 2011/07/14(木) 12:45:16.09
宣伝効果が全く違う。
首が転げた所を見られる
のと駕籠で去るのとは。



138: 2011/07/20(水) 05:40:20.91
映画でみたら、後ろに荷物運びの人たちがかなりいましたが、あの人達はどうなったのでしょうか。

139: 2011/07/20(水) 09:07:31.51
斬首どえ~す

140: 2011/07/20(水) 09:22:02.27
けどあの人達は、武器なんて持ってなかったでしょう。

141: 2011/07/20(水) 09:54:27.10
せめて殿の身代わりになって死ねってことじゃね

142: 2011/07/20(水) 11:33:34.71
けど士分でもないのに、殿の身代わりもないでしょが。

143: 2011/07/21(木) 22:17:21.11
斬撃を避けて拳で
殴れば闘えるだろ。

144: 2011/07/22(金) 01:06:24.10
雪を投げつけたって戦える

145: 2011/07/28(木) 20:34:44.83
士分じゃないのは斬首になってないでしょ。

146: 2011/07/29(金) 06:07:44.77
士分じゃないのって、士農工商のどれに属するの?

147: 2011/07/30(土) 11:19:25.67
中間、小者は士分

148: 2011/07/30(土) 18:40:03.34
大雑把に言うと士分だけど、武家奉公人は武士じゃないから戦う義務はないよね

149: 2011/07/31(日) 09:09:04.74
>武家奉公人は武士じゃないから戦う義務はない

逃げ帰っても命は無事だったの?

150: 2011/08/13(土) 18:05:36.50
無事なわけないが記録があるのか分からん。

151: 2011/08/25(木) 23:50:38.62
記録があるかわからんということは、勘定に入っていないということですね。
つまり失業したかもしれないが、処罰はされていないということでしょうか。

153: 2011/09/09(金) 23:56:09.48
ひこにゃんはかわいい

154: 2011/09/10(土) 02:55:41.71
ところで、前にひこにゃんが萩に松陰先生の墓参りに来てたけど、
彦根は鳥羽伏見から官軍だから今更なんで?と思った。
むしろ水戸や薩摩で現地のゆるキャラと交流するべきじゃね?

156: 2011/09/12(月) 23:39:59.54
偕楽園「好文亭」 復旧工事始まる
9月12日 23時22分 NHK
3月の震災で被害を受けた水戸市の偕楽園の中にある好文亭で、国の災害査定などが終わり、半年たった12日から復旧工事が始まりました。

水戸市の偕楽園の中にある好文亭は、水戸藩の9代藩主、徳川斉昭が建てた別荘で、東日本大震災により室内の土壁が崩れ、ふすまが倒れて
破れるなど大きな被害を受け、現在は立ち入り禁止になっています。復旧工事の方法や費用などについての茨城県の調査や国の災害査定が終わり、
震災から半年たった12日、ようやく復旧に向けた工事が始まりました。12日は、ひびの入った土壁を修復する作業が行われ、まず、職人たちが
壁の土をヘラを使って削り取って袋の中に入れていました。削った土は今後、水を加えて練ったうえで、再び壁に塗り込んで壁を直していくという
ことです。復旧工事を担当する茨城県水戸土木事務所都市施設整備課の田中郷三課長は「伝統的な建物なので気をつけて丁寧に修復していきたい」
と話していました。偕楽園では、来年2月の「梅まつり」までには復旧工事は終え、全面再開することを目指しています。

 

157: 2011/09/13(火) 12:05:28.81
赤穂浪士討ち入りでも、吉良側で戦わずに生き残った侍は斬首という意見が
あったそうだ。

158: 2011/09/16(金) 17:44:43.46
直弼の首が最近まで水戸の寺にあったのは、本当なのかね?

159: 2011/09/20(火) 11:05:19.05
さすがにガセだろw
すぐに取り戻して、縫い付けたんじゃなかったっけ?

160: 2011/09/20(火) 22:45:05.36
無傷で帰った人は家族も全員死罪ですよ
もちろん3才の女の子でも
親族も近い日とは死罪じゃなかったかな

161: 2011/09/30(金) 17:09:55.18
井伊邸 赤門だけど、これって、御守殿門ではないよね。浅野邸も赤門だった
らしいけど、これって、なんかの特権なのかな。誰でも赤く塗れたの?

162: 2011/10/01(土) 09:48:35.46
井伊の行列が小走りだったけど、あれって史実なの?あと、槍持ちが真っ先に
槍ほっぽらかしてたけど、槍持ちって多少とも槍を使える人じゃないのかね。

163: 2011/10/01(土) 13:04:59.74
槍持ってのは単純に槍を持ち運ぶ人。
戦国時代に小者に予備の槍持たせてついてこさせたのを形式的に引き継いでるだけ。

164: 2011/10/14(金) 00:19:26.55
▲水戸藩主光圀(黄門さま)、政界から引退(1690)
▲徳川慶喜、大政奉還を上奏(1867)

165: 2011/11/07(月) 23:15:47.96
雪とテロルはよく似合う

166: 2011/11/22(火) 09:36:29.01
水戸はひどいわ。
あれじゃ大物が出ない。

167: 2011/12/23(金) 12:45:56.08
そう?

168: 2011/12/25(日) 01:00:39.87
政財界のフィクサーはいっぱい輩出してるよ!

170: 2012/01/24(火) 00:07:20.04
秋田に息子が行き、常陸に親が残り、
わりとバランスとれてるらしいよ、ジジイいわく。

171: 2012/01/31(火) 22:27:02.00
佐竹家ね

172: 2012/02/05(日) 00:46:07.47
真壁家もね

173: 2012/02/06(月) 18:16:44.58
DVDで「桜田門外ノ変」観ました。
最高に良かった!
主題歌の「悲しみは雪に眠る」も凄く良かったわ。

174: 2012/02/17(金) 23:02:40.47
駕籠を待つ君の横で僕は
武鑑を気にしてる
季節はずれの雪が降ってる~

175: 2012/03/05(月) 22:40:52.22
一昨日だったねえ
新暦だけど
雪も

176: 2012/03/06(火) 03:08:44.15
井伊直弼の英断こそが日本どころかアジア独立の風になったと
解釈しているので水戸藩士のした桜田門外は暴挙だと思っている

この歴史認識だけは譲れない

177: 2012/03/06(火) 05:06:30.12
井伊直弼を支持する理由は一つもない。

開国と言いながら、開国に際する各種法令制定などを知っていたのは、
安政の大獄で井伊直弼が蟄居閉門などにした連中ばかりだったのだから。

178: 2012/03/06(火) 05:59:32.88
井伊直弼の暴走こそが、幕府崩壊への道を作り、明治維新を導いた、とは言えるんじゃね?

179: 2012/03/06(火) 10:54:48.16
>>178 >>176
なぜ井伊直弼殺害こそが、と言わないんだ?
理由は?

182: 2012/03/07(水) 22:36:15.48
>>179
殺されなくても、幕府内であんだけ暴走してれば早晩失脚してたと思う

190: 2012/05/13(日) 14:04:01.77
>>179
直弼自身の暴走が井伊直弼殺害を招いたわけだし

180: 2012/03/06(火) 20:36:30.87
水戸の千波湖公園の映画ロケセットいつまで営業しているんだよ・・・
映画終わって何年たっていると思っているんだよ
いい加減あの広場復活してくれよ

181: 2012/03/07(水) 21:05:04.93
茨城出身だが
なんでみんな勝気で喧嘩っ早く火みたいな性格なんだと。
まあ血の因縁か

183: 2012/03/08(木) 20:56:45.70
今の価値観なら、言論人を処刑したことこそが万死に値したのだと、断定できるかもしれない。

吉田松陰は言論人であると同時にテロリストでもあったけど、
安政の大獄の刑死者の中には、
テロに関わりの無い純粋な言論人も居なかったっけか?

187: 2012/05/10(木) 22:32:30.36
>>183
>今の価値観なら、言論人を処刑したことこそが万死に値したのだと、断定できるかもしれない。
過激攘夷主義者による佐久間象山の暗殺とかはどうなるのさ。

188: 2012/05/12(土) 20:16:53.98
>>187
彦斎は維新後に訳の分からない罪で処刑されてるやん

189: 2012/05/13(日) 13:45:39.36
>>188
河上彦斎は、「言論人を殺したから」という理由で処刑されたわけじゃないじゃん


184: 2012/03/08(木) 22:11:48.63
や、松蔭は口だけで実際にテロ行為に及んだことはないから
226事件の精神的指導者の北一輝をテロリストと呼ぶなら、テロリストになるかもだけど

185: 2012/03/23(金) 20:39:05.46
慶喜が14代将軍になっていたら、いや、なった歴史が見たかった。
井伊直弼の近代史?息子が財閥になったりして
そっちは見たくないな、自民党みたいで

186: 2012/05/03(木) 00:55:52.61
そしたら、もうちょっと有能な水戸藩士が生き残ったかもね。

191: 2012/05/29(火) 23:16:34.98
あれ以上の自業自得をしりませぬ

192: 2012/05/30(水) 16:18:25.59
結局天狗党が一番時勢を読めなかった一派な訳でw

194: 2012/05/31(木) 01:14:18.30
茅根伊予之介

195: 2012/06/06(水) 00:38:55.57
三次

196: 2012/06/06(水) 03:07:47.30

黄門様じゃ!


197: 2012/06/11(月) 17:36:37.14
猿の三次

198: 2012/06/12(火) 07:01:36.31
日本のために奔走し斃れて、維新後の栄達にあずからなかったのは水戸の志士たちらしいが
天狗党の犠牲者多過ぎ…。

しかも優秀なやつらを片っぱしから。
どれだけ明治日本に貢献する人材が含まれていたことか。活躍が見たかった。

香川敬三ぐらいで、伯爵になるんだから。