1: 2016/05/31(火) 00:49:56.30
古来より武士の魂と言われて来た日本刀
実利の武器であると同時に精巧で優美な造りから辟邪信仰の対象ともされた
北宋の当代随一の碩学・欧陽脩(1007~1072)が「日本刀歌」を詠んでいる
(※焚書坑儒で失われてしまった中華文明を日本刀に見出そうとする意味合いがあるが・・・)

また、その起源を蕨手刀に求める説に従えば最古のものは信濃国から出土しているし
日本刀への過渡期とされる毛抜型太刀の最古のものも信濃国から出土している

鎬造りで反りのある太刀(刃長二尺以上の日本刀)はいつ?誰(どのような集団)によって生み出されたのか?
大いに語ってください 

引用元: ・【大刀から】日本刀の起源Ⅱ【太刀へ】 [無断転載禁止]©2ch.net

3: 2016/05/31(火) 04:07:25.18
カタナ(刀)=片刃だとして

ツルギ(剣)は?

4: 2016/05/31(火) 05:12:29.13
TuRugi

これも調音点が一緒
やはり「ナル(生る) NaR-」「タツ(立つ) TaT-」の系統
おそらく元の動詞は「ツル(連る) TuRəi-」(「ツル(吊る)」はたぶん違う)
なんで派生したときに脱鼻音化してるのかはよくわからない

「ギ -gi」はおそらくは指小辞の要素を持った名詞化接辞で「コ(子) ko」と同源と考えられる
(多分、「イザナギ」や「ウサギ」の"ギ"、朝鮮語での「꾼 kkun(~する人)」に相当)

こう考えると「ツルギ」は「連れる物」すなわち、常に帯びている護身用の武器という意味になる

5: 2016/05/31(火) 08:29:27.58
ゆみ(弓)→結[ふ]が語源なのか?

11: 2016/05/31(火) 13:39:38.04
>>5
アフ(合う)
アユ(和える)
アヤ(文)
ユフ(結う)
イハ(岩)
ヨス(寄せる)
ヨル(寄る)
ヨツ(四つ)

このあたりの系統語には見える

だがいきなり鼻音化するのも不自然だから
…のような状態になる(させる)、…のように振る舞う、の意の動詞を作る「-む」がくっ付いてできたと解釈するんがええかな?

6: 2016/05/31(火) 08:48:57.23
俺が思うに
日本語は元々、膠着語で分かり易い言語であったのだが
仮名使いとして漢音を借用表記したまでは良かったが、律令制度と仏教が本格的に導入されて孤立言語としての中国語との無理な融合が
日本語を複雑怪奇にしたんじゃないのかな?

8: 2016/05/31(火) 12:21:42.72
倭人のルーツはツングース系の濊人

濊人は沿海州アムール川下流域を発症としてウラジオストク辺りまで南下して来た民族

濊人がさらに朝鮮半島伝いに山陰から北陸辺り(越の国)に渡来

その後、九州北部に拡散し倭人は朝鮮半島南部に再上陸して米作を取得し三韓の礎もつくる

倭人は後漢の時代まで直接の接触は無い

12: 2016/05/31(火) 14:03:03.10
用言の構成要素としての-mってのは日本語朝鮮語ツングース語で共通して使ってるパーツでさ

日本語だと動詞に「~む」、形容の名詞の「~み」、反復継続の「~ふ」
琉球語だと動詞の終止形に「ヲム(居む)」に由来するものがあり
朝鮮語だと形容詞の「~ㅂ다 pta」、形容の名詞の「~ㅁ -m」
満州語だと動詞の終止形現在の「-mbi」、副動詞の「-me」、並列語尾の「-fi」

こうやって分解してみると語彙はともかくとして文法要素を構成する材料は似てる

13: 2016/05/31(火) 15:32:46.33
間違っても江南とは無関係

14: 2016/05/31(火) 19:21:13.34
The Old Chinese form for "wind" was *prəm, which is thought to be related to Proto-Tai *C̬.lɯmᴬ ‎(“wind”),
Korean 바람 ‎(baram, “wind”) and Tibetan རླུང ‎(rlung, “wind”).

縄文語の「ハラミ(孕み) *pararmi」が原始韓語に借用されて「바람 param」になり、
原始韓語が上古漢語に借用されて「風 /*prəm/」になり、江南に行って現地のタイ系原住民に伝わってタイ祖語の*C̬.lɯmᴬになったんだぞ
風は船の帆をはらませて動力になるから航海に長けた倭人発の語彙が東アジアの共通語になったと考えられる

縄文人をみくびるな
なんでも中国→朝鮮→日本だと思うなよ
日本→朝鮮→中国のルートで渡ったものは無視できない数ほどはある

15: 2016/05/31(火) 19:36:50.15
殷王朝で貨幣として使われたコヤスガイは間違いなく琉球諸島の縄文人によって中国大陸に持ち込まれたもの
漆塗りも中国より日本のほうが古く、明らかに縄文人が伝えたものだ
三内丸山遺跡では大量の栗の木が人為的に植えられた痕跡があり、事実上の農業を行っていた

いくつかの技術において日本は間違いなく大昔から世界の最先端を行っている

16: 2016/06/01(水) 03:46:13.62
七支刀ってどういう敵と戦う時に使うん?
見るからに使い方の難易度高さそう(・ω・)

17: 2016/06/01(水) 04:51:25.74
のたまに江南から海難漂流者が流れ着いたかもしれないが

言葉や稲作文化を伝えるほどの人数は直接、江南から来てはいない

長江江南→山東半島→百済のルートでの伝播は確認出来るが

18: 2016/06/01(水) 13:39:35.45
稲作は倭人が自力で取ってきた
言葉は倭人の言葉の方が中国大陸へ渡った

これが正解

20: 2016/06/01(水) 17:34:38.54
大陸のどこに倭人の言葉の痕跡があるんだ?

23: 2016/06/01(水) 20:17:10.25
>>20
一つヒントを

不思議に思ったことはないか?
漢と韓が同じ読みであるということに

実は世界の中でたった一つだけ、漢族の国と韓族の国とを同じ方向にみることのできる列島がある

26: 2016/06/01(水) 21:40:57.23
>>23
ハワイの方ですか?

21: 2016/06/01(水) 19:49:18.36
七支刀は魑魅魍魎悪鬼と戦うための聖剣だお
中世ヨーロッパの聖遺物と一緒で人間に対して使うものではない

30: 2016/06/02(木) 04:12:16.42
うんうん、そうなってくる

百済というのが日本=日本人で、
それ以外の人々は日本人ではなかった、日本語を使用していなかった

31: 2016/06/02(木) 04:19:43.55
通訳は大変だったと思う、
初代通訳のような人物ね

どのようにして他国の言葉を覚えたんだろう

32: 2016/06/02(木) 04:28:00.91
百済の建国神話には山東半島から黄海を渡って来たような記述がある

比較言語学から推定される日本語と朝鮮語の分岐は5000年以上前に遡る

明らかに日本語&百済語と朝鮮語は別系統であることが分かる

33: 2016/06/02(木) 04:47:15.99
記紀にいくつかある百済語の単語で現在の朝鮮語につながるものはあるにはある
木をナム(>나무)、主がニリム(>님)、島がセマ(>섬)
これらを百済語の痕跡ともとれなくもない

>>32
朝鮮語は7200年前の鬼界カルデラの噴火で九州から脱出した縄文人の言語がその大元
分岐が古すぎて同一語族に分類できないレベルにまで隔たっている

37: 2016/06/02(木) 07:04:27.66
>>33
東北地方に残った縄文人の子孫の言葉(東北弁)と朝鮮語の類似性はそういうことか?

34: 2016/06/02(木) 05:09:34.52
おそらくジャポニカ種は山東半島あたりのイネの北方種だろう
同緯度分布の法則から考えれば九州から関東まで短期間で拡散出来た理由が分かる

36: 2016/06/02(木) 07:03:23.97
>>34
日本の最古水田、菜畑遺跡から出土した炭化米は全て短粒種のみ。

同時代の江南の遺跡から出土する炭化米は中粒種が半分くらいの割合を占める。

38: 2016/06/02(木) 07:13:27.67
その弥生人というのも日本人ではないのでは?

39: 2016/06/02(木) 07:15:21.10
あまり言いたくはないんだけど、
どこの何者かも、わからないような人間

弥生人のことだよ

40: 2016/06/02(木) 07:19:34.01
イネの生育条件は温度だけじゃなく日照時間が重要

温暖な欧州でも生育北限は地中海北岸

山東半島あたりのジャポニカ種の原種は1万年前からの人為的な改良の結果

41: 2016/06/02(木) 07:22:54.67
>>40
その地に住んでいたのは、どこの国の人間なの?

44: 2016/06/02(木) 07:28:45.04
>>41
おそらく氷河期が終って海没した東シナ海から黄海あたりに居た人々

43: 2016/06/02(木) 07:27:13.87
弥生人

画像を検索すると
朝鮮人のような顔ばかり出て来るのは、なぜなの?

48: 2016/06/02(木) 08:01:32.90
日本限定の話になるけど

日本人というのは漫画やアニメに出て来るような感じでしょ?
顔というか、あのような雰囲気

59: 2016/06/02(木) 19:22:09.85
琉球諸島の倭人は台湾に行って人食い土人に航海術を教えてあげたのだ
そうやって人食い島を抜け出したのがマレー・ポリネシア人

60: 2016/06/02(木) 21:49:16.20
最近だと沖縄からの漂流者が台湾で救出されたんだが、
それが運悪く首刈り族で、その後、首を刈られちまって、
沖縄が抗議してたな。

数十年前まで裸族もいたし。

台湾って、そんなところ。

62: 2016/06/03(金) 04:45:29.29
世界には数カ所、民族揺籃の地があると言う
コーカサス地方、アルタイ山脈~ミヌシンスク盆地、台湾島

それぞれ印欧語族、ウラル・アルタイ語族、オーストロネシア語族の原郷と目されている
共通しているのは特定地域内での言語民族の多様性の頻度が高いことだ

一方、シュメール語、ドラヴィダ語、シナ。チベット語、日本語は系統不明の孤立語とされる

71: 2016/06/03(金) 19:48:29.54
>>62
近年の研究によると
日本語はユーラシア大語族の共通祖語が島嶼という環境で孤立し保存された言語だと考えられている

近縁な言語に樺太及びアムール川下流域のニヴフ語がある

63: 2016/06/03(金) 08:52:04.00
人類祖語から分岐した第一世代がアフロ・アジア諸語やシュメール語あたりで
次にドラヴィダ語、古モンゴロイド祖語


分岐第二世代が
アフロ・アジア語族からセム・ハム語族、印欧語族
古モンゴロイド祖語からオーストロネシア語族、ウラル・アルタイ語族シナ・チベット語

日本語はアルタイ諸語とオーストロネシア語族と何かのクレオールだと考えられる

65: 2016/06/03(金) 08:59:30.98
いや、もしかしたら日本語は古モンゴロイド祖語の直系かもしれない

73: 2016/06/03(金) 21:20:23.50
日本語がいつ頃、誕生したかと言うと
ユーラシア大語族の祖語からデネ・エニセイ語族とデネ・コーカサス語族が分岐する前、古アジア祖語の一派が
ナウマンゾウを追って陸続きだった日本列島にやって来た時期と言うことになる

従って日本語は縄文時代より遥かに古いことになる

75: 2016/06/03(金) 23:31:36.20
>>73
それでは日本語の南方要素の説明が付かない

77: 2016/06/04(土) 01:21:26.86
わざわざ氷河期の日本に寒冷地対応も出来ていない南方人種が何の用事で来るのか?と

78: 2016/06/04(土) 01:38:19.63
日本語に南方要素などない
日本人が南方人に文化を教えた

water *daNum < nal-numa:野・沼→淡水
sea *tenem < siwal-numa:塩・沼→海水
lake *danaw < nar-numa:ナ(大地)・沼→淡水
star *bituqen < palsi-ar:星・有り→あの星
wind *bali < par-i:張り→帆を張らすもの)
fire *Sapuy < sa-pui:然・火→その火
eye *maCa < man-al-i:マナ(目)・居り→目が活動していること

このようにオーストロネシア祖語でたま~~に日本語と同源っぽいのが出てきたとしても
縄文語抱合語説に従って分解すればこのように日本側こそが起源であると解釈可能

なんなら分解した形態素それぞれの日本語内での出自も書いてやろうか?

79: 2016/06/04(土) 06:56:09.78
俺もそう思うぞ

80: 2016/06/04(土) 07:50:18.42
沖縄についてだけど
不思議なことに古代遺跡は貝塚などが縄文中期に集中しており、弥生~平安時代に相当するものは確認されていない
太平洋戦争の戦災で喪失したのであろうか?

しかし鎌倉末期以降の遺跡は多数確認されている
琉球の言語の連続性に疑問を持たざるを得ない

84: 2016/06/04(土) 12:33:04.37
>>80
縄文時代に一度滅びて鎌倉時代に和人の入植があったという事では?

88: 2016/06/05(日) 02:05:42.56
>>80
考古歴史学術系では日本の領域に入ってねぇからよ
奄美以南わな

81: 2016/06/04(土) 09:13:48.81
貝塚と言っても日本人の遺跡とは限らない
中国、朝鮮半島、沿海州にも貝塚は確認されている

鎌倉時代以前の沖縄は日本と無関係だった可能性もある

82: 2016/06/04(土) 09:22:31.77
いや逆に
東アジア一円に「プレ日本」とでも呼べる「縄文文化圏」があったんじゃないかな?

83: 2016/06/04(土) 09:28:09.96
太古の大東亜共栄圏か
胸熱だな

85: 2016/06/04(土) 14:49:51.22
入植を源為朝伝説に仮託してるのかもね

86: 2016/06/05(日) 00:38:16.35
沖縄が一時的に無人島だった時期がありそうだな
実際、西表島は19世紀まで無人島だった訳だし
ハブにでも噛まれて住民が絶滅してたのかな?

89: 2016/06/05(日) 02:23:47.54
>>86
最も可能性があるのは津波でしょう

90: 2016/06/05(日) 03:39:28.76
津波であれば与那国海底地形の謎も氷解する
縄文遺跡が途絶えた3000年前の縄文中期と時期が符合する

91: 2016/06/05(日) 06:42:50.95
やっぱり縄文人は渡来系弥生人に痴漢されたんだ

92: 2016/06/05(日) 12:50:49.10
九州の縄文人の遺伝子(高温のため破損がひどくて調査困難)を確定してから言え

食生活だけで人間の容姿は大いに変わる
弥生人が渡来してきただのというのはウソだろう

93: 2016/06/05(日) 13:11:21.36
弥生前期初頭の北部九州の甕棺支石墓から出土する人骨は縄文人の形質を示すが
弥生前期中頃の同地域での方形周溝墓から出土する人骨は明らかに弥生人の特徴を示している
同一人類集団がわずか100年や200年でここまで変化するのであろうか?

94: 2016/06/05(日) 13:40:47.31
江戸時代と現代の人骨でも同じこといえるが?

95: 2016/06/05(日) 14:45:17.23
弥生人と縄文人の頭骨形質が明らかに違う

96: 2016/06/05(日) 15:15:33.15
頭の形なぞ乳児のうちから矯正したらいくらでも変えれるだろ