Time After Time

2chまとめブログです!芸能・アイドル・スポーツ・なんJ・VIP・・・!

橋本環奈

1: 2017/04/21(金) 22:43:21.03 ID:CAP_USER9

女優の橋本環奈が、所属アイドルグループ「Rev.fromDVL」が3月いっぱいで解散したことについて「いまは迷っているところです」と不安な気持ちを明らかにした。

4月18日に出席した発表会の席上で橋本は、女優一本に絞るかどうかを問われ、「いろんなことに挑戦していって、これから形を見つけていければいいなと思います」とコメント。第40回日本アカデミー賞新人賞の獲得については「大きな映画界に一歩踏み入れスタートに立ったという気持ちになりました」と、女優業に向けての決意を口にした。そんな橋本の発言に、アイドル誌のライターは白々しさを感じたと漏らす。

「そもそも昨年2月に主演映画『セーラー服と機関銃 -卒業-』の主題歌でソロデビューした時点で、すでに所属グループから独り立ちしたも同然。いまさら『迷っている』と言われてもしらけますね。昨年5月にはメンバー3人の卒業ライブが地元・福岡で開催されたのに、橋本は映画の撮影を理由に欠席。グループと映画のどちらが大切なのか、在籍中から明らかにしていた形です」

しかも橋本は自らの全国的な知名度を、肝心の所属グループに活かしきってなかったという。
アイドル誌のライターが続ける。「いくら橋本が有名になっても『Rev.fromDVL』(レブフロムディーブイエル)というグループ名はほとんど世間に広まりませんでした。橋本に何が何でもこのグループでやっていくという決意があったなら、ことあるごとにグループ名を連呼し、その名前も浸透したはず。しかし世間の認識は『橋本環奈のいるグループ』止まりだったのが現実です」

この調子では橋本もいずれ、篠原涼子や上戸彩、菅野美穂らのように「実は昔アイドルだった」という枠に収まることは確実かもしれない。
【【悲報】橋本環奈ちゃんが語ったアイドル卒業への不安に「何を今さら!」の声が続出 wwwwww】の続きを読む

1: 2017/04/17(月) 09:06:31.88 ID:CAP_USER9

橋本環奈が、3月に出演した番組「KinKi Kidsのブンブブーン」(フジ系)のロケ企画でギターを購入。月刊ザテレビジョンの連載「First Story」で初披露した。

橋本は、SexyZoneの佐藤勝利とダブル主演をつとめた映画「ハルチカ」でフルートに出会い「練習はハードでかなり大変でしたが、それ以上に楽しかったので『何か楽器を始めたいな』という思いはずっとあった」そうで、ギターの購入を考えていた。

そんな折、番組でKinKi Kidsとギターショップへロケに行くことになり、購入を即決したという。「何と私、その場でこのGIBSONのギターを即決購入してしまったんです! もう一目ぼれでした。人生で一番高い買い物でしたし、『1つ目のギターでコレを買う人はいないよ!』と皆さんに言われましたが、ちょっと無理して購入したものの方が思い入れもあるし、『ずっと演奏し続けるんじゃない?』という思いもあって…」と橋本。

月刊ザテレビジョンでは、橋本環奈の初めての体験をレポートする「First Story」を連載中。第12回となる今回は、ギターの先生を招いて演奏を習った。

「買って以来、今回初めて挑戦しましたが、メチャクチャ楽しかったですね。ず~っと先生が弾く指を見ていました。帰ったら、即効で復習をしたいと思います」と目を輝かせていた。


no title


https://www.youtube.com/watch?v=Wxt5gJy95go


【橋本環奈さん、人生で一番高い買い物!マイギターを披露 wwwwww】の続きを読む

1: 2017/04/18(火) 13:25:35.43 ID:CAP_USER9

女優の橋本環奈(18)が18日、都内で行われた『AdvertisingWeekAsia2017』アンバサダー就任式&事業戦略発表会に出席。先月31日に所属していたダンスアイドルユニット・Rev.fromDVLが解散となってから初めて公の場で、今後の活動の方向性について「迷っているところです」と心境を明かした。

Rev.fromDVLは2003年、博多で前身となる『DVL』を結成。11年に改名すると、13年にインターネットに投稿されたファンが撮影した橋本の写真が「天使すぎる」とまたたく間に拡散され、一躍人気者に。グループとしては14年4月にメジャーデビューを果たしたが、メンバーそれぞれの進路を模索すべく、袂を分かつ『解散』という形に至り、先月31日のラストライブで約14年の活動に幕を閉じた。

橋本は今後の活動方針について「私自身器用じゃないって思う部分もあって、ひとつのことに打ち込むってよりは、いろんなことに挑戦していって新たな形を見つけていきたい」と模索中であることを告白。先月には高校を卒業し、拠点を東京に移すことを考えているようで「高校生時とはまた違った役にも挑戦ができるだろうなって気持ちもある」と笑顔を見せるも、「もう高校生って言葉に甘えてはいけないなと思う。責任と自覚を持たないと」と前を向いていた。

最近では、女優業で『第40回日本アカデミー賞』で新人俳優賞を受賞したばかりだが、「新人賞は一生に一度しかないことなので光栄に思いましたし、この先もっともっと誠実に頑張っていかなきゃいけない」とコメント。「この道に入ったからこそ生半可じゃできないなっていろんな重圧がある」と前置きした上で「いろんな感情があるんですけど、楽しみが1番大きいかなとは思います」と飛躍を誓った。

同イベントは、米・ニューヨーク発のマーケティング・広告・テクノロジー・エンターテイメントなど幅広い業界がひとつとなり、未来のソリューションを探求する世界最大級のコミュニケーションの祭典。昨年アジア初上陸の会場に選出された東京ミッドタウンにて、今年も5月29日から6月1日まで開催される。

no title

【橋本環奈、Rev.解散後の進路に迷い!新たな形を見つけていく wwwwww】の続きを読む


このページのトップヘ