Time After Time

ブックマークしてね~! http://news.blogo.jp/

サッカー

1: 2016/02/13(土) 01:40:22.44 _USER*.net
サッカーのオランダリーグでプレーする日本人選手が今後、急増するかもしれない。
100年以上前、両国が交わした「日蘭通商航海条約」が現在も有効だったことが判明。
「日本人がオランダで自由に就労し、事業をする特権を認める」との判断が、あらためてオランダで下され、
これまで移籍のハードルとなってきた「最低年俸規定」の適用外となった。 (英国在住サッカージャーナリスト・原田公樹)

 条約は1912年に締結。元号が明治から大正に変わる前の7月6日にハーグで署名された。
第2次世界大戦などの混乱もあり、長年にわたって忘れられていたが、2012年に意外な形で現代に知られることになった。
 発端はロッテルダムにある日本の文化センター「松風館」が、茶室と日本庭園を建設するため、日本から呼んだ大工を雇ったこと。
ところがオランダ労働局は違法就労と見なし、6万ユーロ(当時約630万円)の罰金を科した。
ここで提訴した松風館の弁護士が裁判で持ち出したのが、この条約だった。

 松風館が勝訴し、これを判例としてオランダ社会・雇用省は昨年3月、正式に「日本人は労働許可証を取得する
必要がない」と発表した。オランダサッカー協会も続き、日本人選手は自由にオランダリーグでプレーできるとした。
ことし1月、FC東京からフィテッセに加入した太田宏介の移籍は、“古くも新しい条約”を根拠に実現した最初のケースだ。

 これまで欧州連合(EU)加盟国外でプレーする日本人選手がオランダのクラブに移籍する際、
いつも問題になったのが最低年俸規定。自国オランダ人選手の雇用を守るためのルールで同国リーグ平均年俸の
1・5倍以上で契約することを定めている。シーズンや為替レートによって変動はあるが、最低年俸は
およそ40万~45万ユーロ(約5000万~6500万円)。この金額に見合う価値のある選手でなければ門前払いを食らう。

 フェイエノールトの小野伸二(現札幌)、ヘラクレスの平山相太(現FC東京)。
フェンロの本田圭佑(現ACミラン)らこれまでオランダでプレーできた日本人選手は十数人と少ない。
最低年俸を支払えないクラブに代わり、選手の個人スポンサーが年俸を捻出したケースもあった。
それが1世紀以上前の条約によって、一気に問題が解消されたのだ。

 欧州におけるオランダリーグの位置づけは、イングランドやドイツ、スペインといった主要リーグへの登竜門だ。
03~04年にユトレヒトでプレーし、現在はフェンロのトップチームでアシスタントコーチを務める元日本代表MFの
藤田俊哉は言う。「オランダはステップアップするためのリーグ。日本のサッカーと共通する部分も多い。
英語も通じるし、日本人にとってなじみやすい。どんどんチャレンジしてほしい」

 日本が鎖国していた江戸時代、オランダは数少ない海外との「窓口」の一つだった。いま再びオランダは、
日本サッカーにとって欧州への特別な「扉」になるかもしれない。 
【【サッカー】オランダの扉 100年の時を超え サッカー日本選手 移籍に追い風】の続きを読む

1: 2016/02/13(土) 00:50:38.90 _USER*.net
ルイス・ファン・ハール監督からマンチェスター・ユナイテッドの指揮官を交代すると噂されるモウリーニョ。
もし、モウリーニョがマンチェスター・ユナイテッドの指揮官に就任した場合、
スペイン代表MFフアン・マタとベルギー代表MFマルアン・フェライニが売却される可能性があるという。

モウリーニョはすでに2人のスター選手を外したチームの構想を計画しているとし、
マタとフェライニを売却する見込みだと英『Daily mail』が伝えている。

マタは2013-14シーズンにチェルシーの監督に復帰したモウリーニョの戦術的思考と合わず、
2014年1月にマンチェスター・ユナイテッドに移籍してきた経緯がある。
そのため、再びモウリーニョの到来で、マタがクラブを去るのではないかと見ている。

そしてエヴァートンから加入したフィライニに関しては、マンチェスター・ユナイテッドで
大きな影響力を確立することができていないと感じているようだ。

モウリーニョ監督が就任した場合、チームのメンバーはどう入れ替わりを果たしていくのだろうか。 
【【サッカー】冷酷な追放? モウリーニョ、マンU監督に就任ならまたマタを売却か】の続きを読む

1: 2016/02/12(金) 17:23:54.17 _USER*.net
ナビスコ杯が「ビスケット杯」に?…ヤマザキとのライセンス契約終了で

 山崎製パンは12日、子会社のヤマザキ・ナビスコが「ナビスコ」ブランドのライセンス契約を終了、
社名を「ヤマザキビスケット」に9月1日付けで変更すると発表した。

 「ヤマザキ・ナビスコ・カップ」(ナビスコ杯)の名称はどうなるのか?
 Jリーグ周辺が慌ただしくなってきた。

 「Jリーグ・カップ」は1992年の第1回大会からヤマザキ・ナビスコが特別協賛(冠スポンサー)しており、
ナビスコ杯が大会名として浸透。2015年の第23回大会(95年は開催されず)まで、
サッカーの同一冠スポンサーカップとして、ギネス世界記録を更新中だった。

 優勝回数の最多は鹿島アントラーズの6回(97年、00年、02年、11年、12年、15年)。
準優勝は清水と浦和の4回。

 大会通算最多得点は、佐藤寿人(市原、仙台、広島)の28得点。
最優秀選手賞はビスマルク(V川崎)と、小笠原満男(鹿島)が2回で並んでいる。


【【サッカー】ナビスコ杯が「ビスケット杯」に?…ヤマザキとのライセンス契約終了で】の続きを読む

1: 2016/02/12(金) 10:31:22.674861 _USER*.net
「インテル大好き」長友、ユナイテッドのオファーを断ったと認める 引退後もイタリアに?

GOAL 2月12日(金)7時34分配信

インテル愛を貫く長友

インテルDF長友佑都が11日、クラブ公式チャンネルやインテル専門サイト『FcInterNews.it』のインタビューで、インテル愛を強調した。マンチェスター・ユナイテッドからのオファーを断ったとも認めている。

今季でインテルとの契約が満了となる長友は、1月にユナイテッドなどのオファーを断って残留したと報じられたところだ。インテルとの契約延長が近いとされる長友は、次のように明かしている。『FcInterNews.it』が伝えた。

「僕はインテルのすべてが好きです。ここに残りたいと思っています。ユナイテッドからのオファーは断りました。ここに残るのが希望です」

ロベルト・マンチーニ監督と「素晴らしい関係」にあるという長友は、インテルで最も素晴らしかった時期を問われると、今季だと答えている。

「今年が最も素晴らしいですね。マンチーニ監督ともチームメートとも、とてもうまくやっています」

「これまで仲が良かったのは、(ヴェスレイ・)スナイデル、(マルコ・)マテラッツィ、(ハビエル・)サネッティ、(アントニオ・)カッサーノです。マルコはイタリア語を教えてくれました。スラングもね(笑)」

インテルは昨年末から調子を落とし、マンチーニ監督が事実上の優勝断念と取られる発言もした。チームが最優先目標としているのは、チャンピオンズリーグ(CL)出場権獲得だ。

「僕は3位に入れると思っています。今は結果が出ていないけど、これからついてくるはずですよ。信じなければいけません」 
【【サッカー】長友「ユナイテッドからのオファーは断りました」】の続きを読む

1: 2016/02/12(金) 10:53:30.372124 _USER*.net
 イングランド・プレミアリーグのサンダーランドが11日、元イングランドMFアダム・ジョンソンと契約を解除したことを発表した。

 A・ジョンソンは2015年3月に未成年者との性行為で逮捕されていた。その後、今月10日に未成年者との性行為と性行為を目的に未成年者を誘った罪を認めている。

 ミドルスブラの下部組織で育ったA・ジョンソンは2010年からマンチェスター・シティで活躍。イングランド代表では12試合に出場し2ゴールを記録している。
2012年からはサンダーランドでプレー。今季は19試合に出場しリバプール戦でのゴールを含む2ゴール5アシストの活躍をみせていた。 
【【サッカー】15歳少女と性行為で逮捕。元イングランド代表MFをサンダーランドが解雇】の続きを読む

このページのトップヘ