サッカー*サッカー【サッカーまとめ】

日本代表、W杯、Jリーグ、CL、・・・サッカーの話題とネットの反応をお楽しみ下さい!


サッカー

1: 2016/04/16(土) 22:58:57.00 _USER*.net
2018年W杯ロシア大会への出場権を争う、アジア最終予選の組み合わせが決定した。

2018年ロシアW杯アジア最終予選組み合わせ

【グループA】イラン、韓国、ウズベキスタン、中国、カタール、シリア
【グループB】オーストラリア、日本、サウジアラビア、UAE、イラク、タイ

【日本代表 試合日程】(※左側がホーム)

2016年 9月1日 日本vsUAE
      9月6日 タイvs日本
     10月6日 日本vsイラク
     10月11日 オーストラリアvs日本
     11月15日 日本vsサウジアラビア
2017年3月23日 UAEvs日本
      3月28日 日本vsタイ
      6月13日 イラクvs日本
      8月31日 日本vsオーストラリア
      9月5日 サウジアラビアvs日本

グループBに入った日本と同組になったのは、オーストラリア、サウジアラビア、UAE、イラク、タイ。 全6カ国がホームアンドアウェーの総当たりで対戦し、上位2カ国に入れば出場権獲得が決まる。3位になった場合はグループAの3位と対戦し、勝てば北中米カリブ海予選4位との大陸間プレーオフに回ることになる。

この組み合わせ抽選の結果を受けて一般的な関心は、これが日本にとって恵まれたものなのかどうか、ということだろう。 その結論を出すために、まずは抽選方法をおさらいしておきたい。

今回の組み合わせ抽選では、最終予選に進出した12カ国が現時点でのFIFAランクの上位から順に、以下のとおり2カ国ずつ6つのポットに分けられた。

ポット1:イラン、オーストラリア
ポット2:韓国、日本
ポット3:サウジアラビア、ウズベキスタン
ポット4:UAE、中国
ポット5:カタール、イラク
ポット6:シリア、タイ

そのうえで、各ポットの2カ国をグループA、Bに振り分ける抽選が行なわれた。こうすることで、実力の近い国がふたつのグループに分かれることになり、 一方のグループだけに強豪国が偏らないようにしたわけである。

なるほどポット1、2あたりは、それらしく見える。 ただし、ここで問題となるのは、ポット分けがFIFAランクを元に行なわれたことである。FIFAランクは各国の実力を計るひとつの目安にはなるが、 現時点での正確な力関係を示すものではない。要するに、ポット1から6まで実力順に並んではいないということだ。

最もわかりやすいのは、UAEと中国が入ったポット4だ。2015年アジアカップでベスト4に進出するなど、着実に力をつけているUAEに対し、 中国の実力は最近の実績から考えて、おそらく全12カ国で最下位。この2カ国はFIFAランクでは接近していても、実際の力には大きな開きがある。 

【【サッカー】<W杯アジア最終予選>日本が「恵まれてない」という、これだけの事実】の続きを読む

1: 2016/04/17(日) 00:58:39.14 _USER*.net

マンU、ラッシュフォード弾で引導渡す。ヴィラはプレミア発足以来初の降格決定

【マンチェスター・ユナイテッド 1-0 アストン・ヴィラ】

 プレミアリーグ第34節が現地時間16日に行われ、マンチェスター・ユナイテッドはアストン・ヴィラと対戦した。

 ルーニーとバレンシアが先発に復帰したユナイテッドは序盤から降格圏に沈むヴィラを圧倒する。32分には右サイドを抜け出したバレンシアの折り返しをラッシュフォードが冷静にゴールへ流し込んで先制点を奪った。

 日に日に評価を高めるラッシュフォードはデビュー以来12試合で7ゴールを挙げ、高い得点率でユナイテッドを牽引する。

 後半終盤に何度かヴィラにゴールを脅かされるシーンがあったものの、GKデ・ヘアを中心にしっかりと守りきったユナイテッドが1-0で勝利を収めた。悪い流れに対し無策なまま敗れたヴィラは17位との勝ち点差が15ポイントとなり、4試合を残して2部降格が決まった。

 プレミアリーグ発足以降一度も降格したことのない7クラブのうちひとつだったヴィラだが、ついに夢破れた。今季序盤から迷走を続け、来季はチャンピオンシップから再起を図る。

【得点者】
32分 1-0 ラッシュフォード(マンチェスター・U)

【【サッカー】マンU、ラッシュフォード弾で引導渡す。ヴィラはプレミア発足以来初の降格決定】の続きを読む

1: 2016/04/16(土) 17:25:13.43 _USER*.net
D・アウベスがインスタグラムで失態 クラブ幹部も火消しに躍起
 
バルセロナのブラジル代表DFダニエウ・アウベスがSNSに投稿した“女装動画”が、クラブの逆鱗に触れた模様だ。 写真共有アプリ「インスタグラム」での投稿について、バルセロナが処分を下す可能性があるとスペイン紙「マルカ」が伝えている。

バルセロナは2日の「エル・クラシコ」で宿敵レアル・マドリードに敗れて以降、調子が急降下している。
リーガではクラシコに続く第32節のレアル・ソシエダ戦でも0-1の完封負け。

極めつけは13日のUEFAチャンピオンズリーグ(CL)準々決勝のアトレチコ・マドリードとの第2戦を0-2で落とし、合計スコア2-3で欧州連覇の夢が潰えた。

そんな状況下で、呑気な投稿をしてしまったのがアウベスだ。CL敗退後に自身のインスタグラムに「(敗戦は)申し訳ない。 ただ、人生は続くのだから……」と発信した。そのコメント自体は問題なさそうに見えるが、アウベスはなぜか頭にウィッグをつけて、自分のガールフレンドの声色を使った。

これに対して、怒りの声を上げるバルセロナファンもいた。

この“炎上騒動”にクラブ側も対応せざるを得なくなった。フロントの一員であるジョルディ・モネズ氏は、カタルーニャのテレビ局「TV3」のインタビューで 「ファンを怒らせているメンバーがいる。今はジョークを言うのに適したタイミングではない」と火消しに躍起になっている。

ピッチ内外で苦境に立たされる昨季三冠王者
 
またクラブの会長を務めるジョゼップ・マリア・バルトメウ氏もこの動画を目にしたようで、
「水曜日のマドリードでの敗戦(CL敗退)から立ち直るため、あえて明るく振舞ってジョークを言ったのだと思う。
しかしながらそのような投稿は適切ではない、と不快感を示した人がいたことも確かだ」と、ブラジル人サイドバックの行動を戒めた。

バルセロナはリーガでも2位アトレチコと勝ち点4差、3位レアルと同4差に詰め寄られている。
そしてアウベスの良かれと思った投稿が“おふざけ”として炎上してしまうなど、「2年連続三冠」と意気込んでいたクラブは一転、ピッチ内外で今季最大のピンチを迎えている。 
 
【<バルセロナ>DFダニエウ・アウベスのSNSが炎上! CL敗退後に投稿した「女装動画」がファンの怒りを買う】の続きを読む

1: 2016/04/16(土) 13:48:42.56 _USER*.net
[15日 ロイター] - サッカーのイングランド・プレミアリーグ、首位レスターのクラウディオ・ラニエリ監督は15日の会見で、 優勝できるかどうかに関わらずクラブに長期間とどまりたいと述べた。

レスターは残り5試合で勝ち点9を獲得すればクラブ創設132年で初のプレミアリーグ優勝が決まる。
これまでの最高順位は1929年の2位。

レスターとの契約をあと2年残しているラニエリ監督は、次のターゲットを欧州チャンピオンズリーグ(CL)の
1次リーグ出場権が得られる順位を確保することと語った。

また同監督は、優勝が近付いてピリピリし始めているかと聞かれると、なぜかと逆に問いかけ、集中しているとコメント。 「われわれは降格する恐れもないので笑顔で戦わなければならない。それは奇跡的なことだ」と述べた。 
 
【【サッカー】ラニエリ監督、「レスターに長くとどまりたい」】の続きを読む

1: 2016/04/16(土) 16:10:03.96 _USER*.net
残り5試合で2位と勝ち点7差もラニエリ監督は「集中し、強くならなければ」

 クラウディオ・ラニエリ監督率いるレスターは、残り5試合となった時点で 2位トットナムに7ポイントという大きな差をつけて首位を走る。 イタリア人指揮官は「マンチェスター・シティやユナイテッドならタイトル争いは終了している」と語るも、 レスターのようなスモールクラブにはまだ気が早いとふんどしを締め直した。英国営放送「BBC」が報じている。

“無冠の帝王”ラニエリが育て代表に初招集された11人 伝説の闘将や本田同僚の名も…

 今季は33試合でリーグ最多の21勝を挙げ、敗れた試合はリーグ最少のわずか3試合のみ。 さらに、ここ5試合は全て完封勝利と盤石の態勢を築きながら、初タイトルへ快進撃を続けている。 そんな順調過ぎる航海の中でも、指揮官は冷静さを失っていない。 これからどんな荒波が押し寄せるかは分からないと警戒を口にする。

 「我々はまだ何も成し遂げていない。フットボールというのはとても奇妙なものだ。 もしこれがレスターではなく、マンチェスター・シティやユナイテッドが7ポイントの余裕を持っている状況であれば、 みんな『(タイトル争いが)終わった』と言うだろうね。でも今はまだそう思っていない。 なぜか? なぜなら、私たちがレスターだからだ。まだまだ戦い続けなければならない。 集中し、強くならなければいけないんだ」
.

直近5試合を完封勝利と盤石の態勢だが…

 PFA(プロサッカー選手協会)選定の年間最優秀賞最終候補に選出されている イングランド代表のFWジェイミー・ヴァーディ、アルジェリア代表MFリヤド・マフレズ、 フランス代表MFエンゴロ・カンテの3人はもちろん、今季加入の日本代表FW岡崎慎司などの活躍により、 レスターはプレミアリーグを席巻している。

 攻守ともに安定感を見せ、クラブ史上初のトップリーグ優勝という快挙まであと一歩に迫るレスター。 プレミアリーグ史に残るであろうこのドラマには、どんな結末が待っているのだろうか。 
 
【【サッカー】プレミア初制覇へ気を引き締めるレスター監督 「マンUやマンCなら優勝争いは終わっているが…」】の続きを読む

このページのトップヘ