プロ野球タイムズ【野球まとめ】

プロ野球ニュース、試合結果、スコア速報、選手の移籍情報、ファンの反応
NPB、MLB、WBC、侍JAPAN、高校野球・・・野球まとめブログです~!

大谷翔平

1: 2017/03/19(日) 11:14:28.68 ID:CAP_USER9

 右足首痛でWBC不出場となった大谷だが、日々仲間たちの活躍を気にし、声援を送っている。「ちょくちょく、選手とは連絡を取っています」と、同学年でプライベートでも親交がある広島・鈴木を中心に電話やLINEなどで激励しているという。

 最近では、けがの状態を気にかけてくれている権藤投手コーチとも電話で話すなど接点は多い。「学ぶこともあると思う」と、侍ジャパンの試合も寮のテレビなどでできる限り観戦してきた。世界一まで残り2試合。「2連勝で優勝を目指して頑張ってほしいし、応援したいと思います」。初めてのWBC出場こそかなわなかったが、心の中では今もチームの一員だ。
【【朗報】大谷翔平さん、侍ジャパンを後方支援!鈴木誠也らにLINEで激励 wwwwww【WBC】】の続きを読む

1: 2017/03/19(日) 00:35:50.96 ID:0gTV/jWr0
しょーもな

【【悲報】大谷翔平さんを撮り損ねて嫉妬してた雑魚球団共が叩きどころを見つけここぞとばかりに煽り出す wwwwww】の続きを読む

1: 2017/03/15(水) 16:42:13.33 ID:CAP_USER9

野球の2017ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)は、日本代表『侍ジャパン』が決勝ラウンド進出に向けて、好調を続けている。大会直前に大谷翔平が欠場を決めたときは暗雲が立ち込めたが、そんな心配はどこ吹く風だ。

その大谷は、2次ラウンド初戦のオランダ戦が行われていた12日に、イースタン教育リーグ(二軍)の千葉ロッテマリーンズ戦(鎌ケ谷球場)に三番指名打者出場し、1打数1安打だった。2点本塁打を含む2打数2安打だった前日11日の試合と合わせ、実戦復帰後は凡退なしの打率10割で、14日の横浜DeNAベイスターズとのオープン戦(札幌ドーム)から1軍に合流することが決まった。

順調な回復ぶりのようだが、スポーツ紙の記者からはこんな話も聞かれた。 「WBCへの参加を回避したのは、MLBと将来的な裏約束があったからです。複数のMLBの球団とパイプがある代理人が言うには『WBCを回避して無理をさせない方が大谷に傷がつかない。無理する必要がないくらい、大谷はもう世界的な認知度が高まっている』というのです。これを伝え聞いた大谷の周囲は、『怪我をおしてまで出場する必要はない』ということになったのです」

■ 昔と違い無理にWBCに出場する必要はなくなった

日本野球機構(NPB)にも侍ジャパンの強化委員にも、大谷を無理にWBCに参加させる強制力はなく、あくまでも“選手の自発的な参加”が必要とされている。… 
【【悲報】スポーツ紙記者「大谷がWBCへの参加を回避したのは、MLBと将来的な裏約束があったからです」】の続きを読む


このページのトップヘ