プロ野球タイムズ【野球まとめ】

プロ野球ニュース、試合結果、スコア速報、選手の移籍情報、ファンの反応
NPB、MLB、WBC、侍JAPAN、高校野球・・・野球まとめブログです~!

北海道日本ハムファイターズ

1: 2017/10/13(金) 14:49:30.24 ID:CAP_USER9
11日、日本ハムの栗山監督が東京支社に赴き、末沢オーナーにシーズン報告を行った。指揮官は5位に終わったことに「本当に申し訳ないです」と頭を下げたものの、オーナーは「もう来年に向けてスタートしている。しっかり準備してほしい」とエール。来季1年の契約延長が正式に決まった。

問題は戦力だ。12日に「右足関節有痛性三角骨(足関節後方インピンジメント)除去術」を行う大谷翔平(23)はオフのメジャー挑戦が確実視されている。投打の大黒柱の二刀流が抜ける上、中田翔(28)、増井浩俊(33)、宮西尚生(32)、大野奨太(30)の4人もFA権の行使を示唆している。栗山監督はシーズン報告の席上、FA選手が話題に上ったことを明らかにした上で、「オレは何も答えられない。選手が勝ち取った権利だし、オレの方から言うことではない」と話した。

エース兼主軸の二刀流選手に加え、主砲、守護神、セットアッパー、経験豊富な捕手と、最大5人の主力が流出危機。スポーツ紙は「日本ハム激震」と大騒ぎだが、しかし、内情は逆だ。ある球団OBは「メジャー移籍する大谷以外は、事実上の放出でしょう」と、こう続ける。「FA4人組はいずれもピークを過ぎた、あるいは傷を抱えているというのが、球団の判断だと聞いている。例えば、今季27セーブの増井です。確かに直球は150キロ超と球速こそ健在だが、スライダーやフォークといった変化球も含めて追い込んでからの制球が甘くなっている。ひと言で言えば、衰えでしょう。本人もそれを自覚しているだけに、逆に痛打を恐れて四球を許し、ピンチを広げるケースが目立つ」

残りの3人はどうか。「宮西は決め球のスライダーはともかく、直球の球威やキレが落ちている。これまでは空振りが取れていた直球が、ファウルで粘られるようになった。大野は2、3年前から右ヒジ痛を抱えている。痛みを我慢してだましだましプレー、しばらくは首脳陣にも内緒にしていたといいます。おそらくネズミ(遊離軟骨)の類いでしょうけど、まだ手術はしていない。中田は2010年に半月板の損傷で手術した左ヒザが爆弾になっている。現在も痛むことがあるのか、トレーニングや走り込みの量が不足しているとか。以前と比べて下半身がもろくなっていることが打撃にも影響しているのでしょう」(前出のOB)

下がり坂の選手を放出、空いたポジションに右肩上がりの若手をはめ込んで競わせるのは日本ハムの十八番。要するに新陳代謝だ。「今の若い子たちは自分をあまり表現しないんだけど、何か琴線はあるんだよね。そこは長くやっているから、『こうした方がこの選手は生きる』とか、何となくわかってくる。大谷もそう。(4番・投手で完封した)最後みたいに、負担をかけた方が力を出せるとか。そうしたものが(選手)それぞれにある」とは栗山監督。FA選手に関しては「ファイターズのために命がけで戦う選手でやるだけ」とも言った。大谷はともかく、中田以下FA4選手の穴を若手で埋める算段はすでにしているし、そのメドが立ったとも受け取れる発言だ。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171013-00000011-nkgendai-base
【【野球】日本ハムに激震と大騒ぎ!FA行使示唆の4選手は事実上の放出 www】の続きを読む

1: 2017/10/13(金) 11:38:59.94 ID:CAP_USER9
日ハム新球場第4の案「球団から打診」 札幌市長、真駒内案で表明

■札幌市の北海道立真駒内公園が浮上

プロ野球北海道日本ハムの新球場を核としたボールパーク(BP)構想の新たな候補地に道立真駒内公園(札幌市南区)が浮上したことに関し、札幌市の秋元克広市長は12日の定例記者会見で、真駒内案は球団側から打診があったことを明らかにした。

■市長「今の候補地を諦めて真駒内に、という話ではない」

札幌市が球団に示している現在の候補地は旧道立産業共進会場周辺(豊平区)と北大構内(北区)の2カ所。いずれも面積が球団希望の20ヘクタールより狭いが、真駒内公園は約85ヘクタールある。市長は「(今年5月に始まった市と球団の)実務者協議で、球団から『真駒内はどうか』という話が出たと聞いている」と説明した。ただ、真駒内は現時点では正式な候補地ではない。市長は「今提案している候補地を諦めて真駒内に、という話ではない。土地利用規制など(今の候補地)2カ所の協議を進めることは変わらない」と述べた。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171013-00010002-doshin-hok
no title

【【野球】日本ハム新球場候補地の真駒内案は球団から打診!札幌市長が明かす www】の続きを読む

1: 2017/10/13(金) 07:21:05.52 ID:xKFQx3s80
日本ハム・大野奨太捕手(30)が近日中に右肘のクリーニング手術を受けることが12日、分かった。今季は慢性的な痛みもあり83試合の出場。来季を見据え不安を取り除く。国内FAの資格条件も満たしており今後は球団と残留交渉も行う予定。この日は札幌市内の室内練習場で「残留を前提に話していきたい」とする一方で「チームに(自分が)必要かどうか。それが第一条件」と権利行使の可能性も示唆した。この日、大野の調査を進めている中日の森監督は地元テレビ局に出演し「(大野は)いつでも欲しい人材ではある」と言及しており、動向が注目される。

【日本ハム・大野奨太、右肘のクリーニング手術へ!FA権近く残留交渉 www】の続きを読む

1: 2017/10/12(木) 23:41:52.83 ID:TLHqaycp0
中 北の禿
右 我慢の限界
DH 大谷嫉妬打法
一 中田翔
三 清原から野球の実力を抜いた男
二 日本の四番
左 打てん王
捕 中田(笑)
遊 守備の人

【【日本ハム】中田翔の蔑称で打線組んだ www】の続きを読む

1: 2017/10/13(金) 06:18:44.48 ID:CAP_USER9
日本ハムなどで活躍した元プロ野球選手の西崎幸広氏(53)が12日放送のテレビ東京系「プロ野球ドラ1は今…人生って七転び八起きSP」(木曜後7・53)に出演。現在の生活や「ドラフト1位」への思いについて語った。

86年、ドラフト1位で愛知工業大学から日本ハムに入団した西崎氏。87年のプロ1年目に15勝を挙げ、2年目に最多勝を獲得。その後も5年連続2桁勝利を挙げるなど日本ハムのエースとして活躍した。端正なルックスと野球選手とは思えぬスレンダーな体型で「トレンディエース」と呼ばれ、女性ファンから絶大な人気を誇った。日本ハムで97年までプレー、その後西武に移籍し01年に現役引退。現在はファイターズOB会会長を務めている。

番組では現役時代から親交のある歌手の松崎しげる(67)と対談。2人の出会いは「通っていた歯医者が一緒」で、その後出演した番組で一緒になってから親しくなったという。松崎は「どこに行っても(西崎は)モテたよね。コンビニで雑誌を読んでいたら、窓の外に女性ファンがズラーって」とトレンディエースの人気ぶりを明かした。

西崎氏の愛娘、長女で女優の西崎あや(26)と次女でタレントの西崎莉麻(24)も登場。2人はプロ野球選手としての父の輝かしい実績を「知らなかった」と衝撃発言。「でも、この仕事を始めてから周囲の人に“凄い人なんだよ”って言われます」とフォローしていた。

最後に松崎が「ドラフト1位とは?どんな感覚?」と問うと、西崎氏は「自信はなかったのですが、はっきり言ってプレッシャーはなかった。プロでは通用しないと思っていましたから。10年間プロでできればいいなと思っていました。1位じゃなかったら社会人野球の道を進むと決めていたので、ドラフト1位でプロ野球選手になることができ、いろんな人と出会うことができた。感謝ですね」と思いを語った。

http://news.livedoor.com/article/detail/13739956/

no title

no title

no title

no title

no title
【元日本ハム・西崎幸広の娘は女優&タレント!西崎あや&莉麻、父の実績「知らなかった」】の続きを読む


このページのトップヘ