プロ野球タイムズ【野球まとめ】

プロ野球ニュース、試合結果、スコア速報、選手の移籍情報、ファンの反応
NPB、MLB、WBC、侍JAPAN、高校野球・・・野球まとめブログです~!

読売ジャイアンツ

1: 2017/10/13(金) 17:54:38.54 ID:CAP_USER9
巨人は13日、村田修一内野手(36)に対し、来季の契約を結ばないことを通告し、自由契約選手として手続きを取ったことを発表した。

村田は2012年に横浜(現DeNA)から国内FA権を行使して巨人へ入団し、3度のリーグ優勝、12年の日本一に貢献。昨季は三塁レギュラーとしてチーム唯一の全試合出場を果たし、ベストナインとゴールデン・グラブ賞を受賞した。

しかし、今季はマギーの獲得により開幕スタメンから外れるなど、出場機会が減少。後半戦から三塁に定着したが、規定打席には届かず、118試合で打率2割6分2厘、58打点、14本塁打の成績だった。

この日都内で本人へ通告を行った鹿取GMによると、村田は取り乱す様子を一切見せず、「はっきり言ってくださってありがとうございます」と頭を下げたという。

村田は2度目のFA権を保持しているが、今季の推定年俸2億2000万円はBランクとなり権利を行使した場合も獲得球団は金銭に加え、人的補償が必要だった。しかし自由契約となれば、移籍への障壁は低くなる。

鹿取GMは「彼ならまだ十分やれる。(残り135本に迫った)2000安打も打てる。ただチームの若返り進める方針の下、(巨人では)多く打席数を与えるのは難しい。村田君の選択肢を広げることが、せめてもの誠意と考えた。苦渋の選択でした」とした。

シーズン終了後、村田自身は本紙の取材に対し「1年契約である以上、来年どこのチームでやるかは分からない」と語っていた。来季は37歳を迎えるが、長打を期待できる右打者で守備も堅実な三塁手は貴重。本人は現役続行の意思を示しており、今後は他球団による争奪戦が予想される。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171013-00000043-tospoweb-base
【【野球】巨人・村田修一、戦力外通告した鹿取GMに「はっきり言ってくださってありがとうございます」と頭を下げた www】の続きを読む

1: 2017/10/13(金) 17:32:44.40 ID:CAP_USER9
巨人・高橋由伸監督(42)が13日、東京・大手町の読売新聞東京本社を訪問。渡辺恒雄主筆(91)ら読売グループ本社首脳陣、老川祥一オーナー(75)にシーズン終了報告を行った。

今季は前半戦の失速が響き、11年ぶりのBクラス転落という屈辱の結果に終わった。約1時間強に及んだ会談後、取材に応じた由伸監督は「シーズンがいい結果ではなかったので『大変申し訳ないです』という話から。今年1年を振り返りながら、来季に向けての考えや課題をどうしていくかという話だった」とした。

昨オフに続き、重点テーマとして話題に上ったのは若手の育成だった模様だ。補強策についても話し合われたが、指揮官は「自前で若い選手を育てることの方が、チームとしては一番大事な課題ではないか」と話したことを明かし、「(本社首脳陣からも)新しい力は大事だから、1人でも2人でもそういった選手を育ててほしいと。今回だけでなく、現場もそうだし、球団として数年の課題というのは、共通の認識だと思う」とした。

チームの若返り方針については、本社首脳を代表して取材に応じた老川オーナーも「この1年間、若い人たちもいろいろ経験を積んだわけだから、そのへんを中心に考えていこう」と指揮官と考えが一致したことを明らかにした。

会談の話題は約2週間後に迫ったドラフトにも及び、渡辺主筆は「くじはどれぐらいの確率になるんだ?」と強い関心を示していたという。スカウト陣は早実・清宮幸太郎内野手(3年)の1位指名方針を固めているが、老川オーナーも「くじ引きで決まる話だからね。幸運を期待している」とゴーサインを発した。

由伸監督は来季が3年契約最終年となる。育成重視路線への理解は得られたが「勝負の世界ですから、勝たなくちゃいけない。負けてもいいからというわけにはいかない」と気を引き締め直した指揮官。まずはこの秋、若い芽を鍛え上げる。

https://www.tokyo-sports.co.jp/sports/baseball/795724/
【【野球】巨人・高橋由伸監督、読売本社首脳と若手育成で一致!清宮幸太郎、1位指名にゴーサイン www】の続きを読む

1: 2017/10/14(土) 07:48:07.70 ID:5HD4R7YB0
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171014-00000036-sph-base
―今後は他球団からの連絡を待つことになるが、希望の球団や条件などは?

「どこの球団でも拾ってもらえるなら、その球団に対してプレーで恩返しするだけ。条件はどうのこうの言える立場じゃない」

―十分に働けるという自信もある。「体はどこも悪くないし、まだまだ動けるしね」

―残り135本に迫った通算2000安打への思いもある。
「2000安打を達成するだけが野球じゃない。だけど、個人的な目標で言えば、そこはなんとか頑張りたいところですね」
【【巨人】村田修一さん(37)、12球団OK!条件低くても拾ってくれればいい www】の続きを読む

1: 2017/10/13(金) 17:19:03.30 ID:CAP_USER9
巨人は13日、村田修一内野手(36)と来季の契約を結ばないことを通知したと発表した。

この日、村田は都内のホテルで鹿取GMと面談。報道陣の取材に応じた鹿取GMは「自由契約になりました。自由契約の方が彼の選択肢が広がると思った。チームが若返りを図るために、こういうことになりました。貢献してもらって感謝しています苦渋の決断だった」と説明した。

村田は02年ドラフト自由枠で横浜に入団し、12年に巨人にフリーエージェント移籍。今季は118試合に出場し、打率・262、14本塁打、58打点をマークした。通算の出場試合数は1953試合で、2000試合出場まであと「47」、通算2000安打まで、あと135安打。また、通算本塁打はここまで360本で、節目の400号まであと「40」本としている。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171013-00000125-spnannex-base
【【野球】巨人・村田修一、自由契約に鹿取GM「チームが若返りを図るため 苦渋の選択」】の続きを読む


このページのトップヘ