プロ野球タイムズ【野球まとめ】

プロ野球ニュース、試合結果、スコア速報、選手の移籍情報、ファンの反応
NPB、MLB、WBC、侍JAPAN、高校野球・・・野球まとめブログです~!

広島東洋カープ

1: 2017/11/08(水) 15:02:44.29 ID:CAP_USER9
胃がんから復帰目指す広島赤松が更改「ありがたい」

胃がんからの復帰を目指す広島赤松真人外野手(35)が8日、広島・廿日市市の大野練習場で契約更改を行った。推定年俸は上限いっぱいの25%ダウンとなる2700万円で更改。迷わずサインし「ありがたいです。戦力として考えているとも言ってもらった。焦らず、焦ってやりたい」と感謝した。

昨年12月28日に「初期段階の胃がん」を患っていることを公表。今年1月5日に摘出手術を受けた。その後リンパ節に若干の転移が見つかり、強い抗がん剤治療を半年にわたって受けた。立ち上がれないほどの苦しみを味わった。

7月11日に3軍に復帰し、現在は想定よりも早く、マシン打撃、軽めのフリー打撃をこなすまでに回復。まだ手足のしびれは残っている状態だが「50%くらいには回復してきたかな」今後さらに段階を上げ、体を再びつくっていく。

激動のこの1年を振り返り「今となってはあっという間。しんどかった手術、抗がん剤も、もう忘れている。でも野球がしたい、と強く思っていたときの気持ちだけは忘れていないし、忘れないようにしないといけない」と力を込めた。

https://www.nikkansports.com/baseball/news/201711080000429.html
契約更改を終え思いを語る広島赤松真人外野手
no title

【【野球】胃がんからの復帰を目指す広島・赤松、25%減の年俸2700万円で更改「ありがたいです。戦力として考えているとも言ってもらった」】の続きを読む

1: 2017/11/08(水)17:19:44 ID:8RM
広島の1年目・坂倉将吾捕手(19)が7日、宮崎・日南で始まった秋季キャンプで早出練習から汗を流した。今季はウエスタン・リーグで99試合に出場して打率2割9分8厘を記録。「打てる捕手」としての期待が高まるなか、チームはドラフト1位で広陵・中村奨成捕手(18)を指名した。その胸中とは。直撃した。

――1年目からファームでありながらも好成績をマーク。自信を持っていいのでは

坂倉 自分の中ではしっかり打てたという感じはなくて、うまくできすぎたかなと思っています。

――二軍首脳陣からはしっかり変化球を逆方向にはじき返していると評価されている。一方で、速球に振り負けてしまうところが課題として挙がっている

坂倉 確かに課題としてありますね。でも、徐々にそういったボールも打てている実感もあります。このキャンプからオフにかけては、まんべんなく力を付けていきたいです。強いスイングはもちろんですけど、もっともっと技術や体力を付けていかないといけない。
【広島・坂倉を直撃!同じポジションのドラ1・中村をどう思う?】の続きを読む

1: 2017/11/09(木) 00:21:49.13 ID:mwWH7wEf0
http://www.chugoku-np.co.jp/carp/article/article.php?comment_id=387018&comment_sub_id=0&category_id=124

11月8日(11/8).8日天福球場のブルペンに新しい機械が出現した。投手が投げた球のスピン量、回転軸などを測定する「Rapsodo」(ラプソード)。ベースの上に機器を置いて、大瀬良が投げる球をくまなくチェックした。関係者によると、スピン量が多いほど打ちづらく、いい投手の条件となるという。持ち運び可能で、どこの練習場でも使用できるのがメリットのひとつだ。石井トレーナーは「これがあれば、けがしている投手の回復具合も調べられる」と説明。
【カープ、謎の機械を導入 www】の続きを読む


このページのトップヘ