プロ野球タイムズ【野球まとめ】

プロ野球ニュース、試合結果、スコア速報、選手の移籍情報、ファンの反応
NPB、MLB、WBC、侍JAPAN、高校野球・・・野球まとめブログです~!

福岡ソフトバンクホークス

1: 2017/10/06(金) 08:10:42.70 ID:CAP_USER9

ロッテが、ソフトバンクで活躍した柴原洋氏(43)=野球評論家=を新コーチとして招へいを検討していることが5日、分かった。

伊東監督とともに清水外野守備走塁コーチが今季限りで辞任しており、同ポストが有力。実現すればシーズン終了後に就任が発表される井口新監督を支えることになる。

北九州高、九州共立大出身の柴原氏は、同学年の井口がダイエーにドラフト1位指名された96年の同3位で同期入団。8年間ともにプレーした。04年からは背番号1に変更し、11年に現役引退するまで同球団一筋でプレー。通算1382安打を放った打撃だけでなく、外野守備にも定評があり、ベストナイン2度、ゴールデン・グラブ賞を3度獲得。黄金期の一翼を担った。

球団幹部は「新監督がこの人をという希望を聞きながら、球団の考えとうまくバランスをとりたい」と組閣方針を説明。すでに、OBの清水直行氏(41)、今岡真訪氏(43)らが新たに入閣する見通し。18年の新体制への準備は着々と進みつつある。

http://news.livedoor.com/article/detail/13710416/


no title
【【野球】ロッテ、元ソフトバンクの柴原洋をコーチ招へいへ!井口新監督と同期入団 www】の続きを読む

1: 2017/10/10(火) 07:06:17.38 ID:TCwmF0Bd0

ロッテがソフトバンクの鳥越裕介1軍内野守備走塁コーチ(46)の招へいに動いていることが9日、分かった。ポストはヘッド格になる見込み。就任確実な井口新監督の右腕として、今季最下位に低迷したチームの再建をサポートする。

鳥越コーチは1994年に明大から逆指名のドラフト2位で中日に入団。99年のシーズン途中にトレード移籍したダイエー(現ソフトバンク)で6年間、井口とともにプレーした。現役時代は通算13年で1057試合に出場。定評のある守備力でホークスの黄金期を支えた。

2006年の現役引退後はソフトバンクで2軍監督などを歴任。11年から現職となった。工藤監督の元では、指揮官を支える参謀として15年の日本一、2度のリーグ優勝に貢献している。

https://www.daily.co.jp/baseball/2017/10/10/0010629077.shtml
【ロッテ、ソフトバンクの鳥越コーチ招へいへ www】の続きを読む

1: 2017/10/04(水) 06:56:47.73 ID:CAP_USER9

右脇腹痛を抱えるソフトバンクの柳田悠岐外野手(28)が、今月18日開幕のCSファイナルステージへの出場が難しい状況となった。3日に福岡県筑後市のファーム施設でリハビリ組の集合に現れたが「痛みが引くまで何もできない。やることは限られています」と語った。脇腹にはアイシング治療を施し、屋内のトレーニングと治療に充てた。

斉藤リハビリ担当コーチは「痛みは残っているし、体を動かせる状態ではないですね」と説明。9月20日の日本ハム戦でスイングした際に痛め、全治3週間と診断されたが、2週間近くが経過してもバットを振るどころかランニング再開のメドすら立たない。28日開幕の日本シリーズ出場も微妙だ。

故障まで打率・310、31本塁打、99打点と打撃3冠の可能性もあった大砲が不在となれば、日本一奪回を期すチームにとって大きな痛手となる。 

◆柳田負傷の経過

▼9月20日 日本ハム戦2回の第1打席。「振った瞬間に痛みを感じた」とファウルを打った際に右脇腹を痛め、その裏の守備で交代

▼21日 札幌市内の病院で「右腹斜筋と肋間筋の損傷」で全治3週間の見込みと診断され、同日に選手登録抹消

▼27日 筑後市のファーム施設でリハビリ組に合流。「無理はできない。今やれることをやるだけ」と慎重姿勢

▼28日 福岡市内の病院での追加検査で「右第10肋軟骨損傷」と診断された。全治3週間は変わらず。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171004-00000068-spnannex-base
【【野球】ソフトバンク・柳田悠岐、CS絶望的!右脇腹の痛み引かず「何もできない」 .310 31本 99打点 14盗塁 130試合】の続きを読む

1: 2017/10/03(火) 21:32:52.81 ID:CAP_USER9

右肩痛からの復帰を目指すソフトバンク松坂大輔投手(37)が3日、筑後のファーム施設で練習を行い、キャッチボールの距離を約50メートルに伸ばした。

「もう少し距離を伸ばせて、低いライナー性のボールを投げられるようになれば、ブルペンも考えられると思う」。斉藤リハビリ担当コーチも「ボール自体は良くなっている」と話しており、今後も経過が順調なら今月中のブルペン入りも十分ありそうだ。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171003-00018851-nksports-base
【【野球】ソフトバンク・松坂大輔、キャッチボールの距離を約50メートルに伸ばす 経過順調なら今月ブルペン入りも】の続きを読む


このページのトップヘ