サッカー*サッカー【サッカーまとめ】

日本代表、W杯、Jリーグ、CL、・・・サッカーの話題とネットの反応をお楽しみ下さい!

野球

1: 2018/03/22(木) 20:38:32.28 ID:CAP_USER9
「お世辞抜きに? 正直に言えば」と他球団スコアラーはこう言った。「自慢のスプリットを内外角の高低に投げ分けられるのは、さすがだなとは思った。ただ、いかんせんスピードがなさすぎる。直球のMAXは133キロ。いくらスプリットに自信を持っているといっても、真っすぐがあの程度だと打席で怖さを感じないと思う」

アラフォーになってから、球速を武器にはしていない。ここ数年の直球は、せいぜい140キロ前後。スピード不足をキレと制球力、そしてテークバックの小さい独特の投球フォームから生み出す球の角度で補ってきた。「そのフォームにも本来の持ち味が感じられなかった。米球界に比べて軟らかいマウンドに対応するため、踏み出す左足の歩幅を広げているのが原因かもしれない。武器である球の角度がなくなっていた。投げる際に右ヒジが下がったまま上がってこないことも原因のひとつだと思う。これは、首や下半身の故障による影響かもしれない。日ハムの選手に聞いたらやっぱり『もっとキレと角度があると思っていたけど』と言っていましたよ」

これが実戦初登板。調整不足を割り引く必要はあるが、10年ぶりの日本球界で簡単に結果を残せる保証はない。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180322-00000011-nkgendai-base
【【野球】復帰登板の巨人・上原、お世辞抜きの感想・・・?】の続きを読む

1: 2018/03/22(木) 18:52:57.42 ID:CAP_USER9
エンゼルスとマイナー契約で招待選手の大谷翔平投手について、全国紙USAトゥデー(電子版)が21日付の特集記事の中で、エンゼルスの球団幹部が開幕メジャー入りを示唆したと報じた。29日(日本時間30日)のアスレチックスとの開幕戦に指名打者で出場し、31日(同4月1日)の同戦に投手として先発する予定という。

エンゼルスのエプラー・ゼネラルマネジャー(GM)は、アリゾナ州テンピのキャンプ施設で「キャンプが終わるまで(開幕の)出場選手登録については決めていない」と報道を否定した。投打の「二刀流」に挑む大谷は投手として登板した4試合全てで失点し、打者ではオープン戦の打率が1割7厘と好結果が出ていない。

ただ、ソーシア監督が「投球の質は改善されている。(打席でも)タイミングは良くなっている」と語っていたように、着実な前進ぶりは首脳陣に評価されている。

https://www.nikkansports.com/baseball/mlb/news/201803220000239.html
【【野球】大谷翔平、開幕メジャーと米報道!開幕戦DHで出場し、31日の同戦に投手として先発する予定】の続きを読む

1: 2018/03/22(木) 18:37:52.87 ID:CAP_USER9
阪神・藤浪晋太郎投手(23)の先発ローテ入りが“持ち越し”になった。登板予定だった21日のロッテ戦(ZOZOマリン)は雨天中止。4回途中6失点(自責点0)だった13日のヤクルト戦(甲子園)からの変わり身をアピールしたかった右腕は「天候には勝てないので仕方ない。(課題は)自分のボールをしっかり投げられるか。相手、シチュエーション、球場は関係ない。やるべきことは変わらない」と、代替の場になる23日のウエスタン・中日戦(鳴尾浜)に向けて意気込んだ。

ただ、二軍戦を藤浪の“最終テスト”の舞台にすることを不安視する声もある。香田投手コーチは「本当は一軍相手がよかったんだけど…。ただ本人にとって大事なのは自分の投球をすること。それは変わらないから」と話したが、チーム関係者は「二軍相手ならば多少悪くても抑えられる。去年もファームで良くなって上がってきたのに一軍では自分の投球ができなかった。藤浪の場合は、いかに一軍の重圧いっぱいのマウンドで、ちゃんとした投球できるか。雨だから仕方ないけど判断が難しいだろうね」。とはいえ、まずは二軍戦で結果を出すしかない。

復活を願う金本知憲監督(49)は「いい球をストライクゾーンに投げてくれればいい。アバウトでいいんだから。多少暴れるのはいいけど…」としたが、首脳陣を納得させる快投を披露できるか。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180322-00000040-tospoweb-base
【【野球】阪神・藤浪晋太郎さん、二軍戦で最終テストの不安 www】の続きを読む

1: 2018/03/22(木) 15:09:35.30 ID:CAP_USER9
NHKで放送された「ごごナマ」に、前DeNA監督の中畑清氏、労働組合・日本プロ野球選手会の炭谷銀仁朗会長(西武)、一般社団法人・日本プロ野球選手会の大島洋平理事長(中日)が出演。選手会の活動や、野球界の話題などについてのトークを繰り広げた。

中畑氏は、労組・日本プロ野球選手会が1985年に設立された際の初代会長。「どんな圧力にも屈しないぞ、という思いで組織を作った」と振り返った中畑氏は、「シーズン中にナイターが終わってから、夜中に各球団のみんなで集まって会議をした」と当時のエピソードを披露した。

番組では、高校生に指導するシンポジウム「夢の向こうに」や「ベースボール・クリスマス」などの選手会の活動を紹介。昨年12月に第9代の選手会長に就任した炭谷は「契約更改に納得して取り組めるシステムを、今年中にはより良いものにして結果を出したい」と力を込めた。理事長として野球振興などに取り組む大島は「野球を10倍楽しく見る方法」として、「試合前の練習を見てほしい。ちょっと違う面もあるんだ、という部分が楽しめると思う」とアピールした。

2人は司会の美保純さんにキャッチボールの仕方も伝授。視聴者からの「なぜ野球選手は女性アナウンサーと結婚するのか?」との質問には、大島が「僕は違うんですが…。時間も合うし、取材で接点があるのでは」と答えるシーンもあった。さらに、中畑氏と3人で今年1月に亡くなった星野仙一さんの思い出も語った。

番組内では中畑氏に「もう1度監督をやりたいか」との質問が飛び、中畑氏は「YES!」と即答。「年齢的に、次にユニホームを着るならラストチャンス。あの緊張感の中でね。野球を通じた人づくりもできる。勝つ喜びのあるチームで勝負してみたい。チャンスがあれば!」と熱くコメントした。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180322-00000105-spnannex-base
【【野球】中畑清、もう1度監督やりたい「次がラストチャンス」】の続きを読む

1: 2018/03/22(木) 16:38:47.65 ID:CAP_USER9
23日開幕の選抜大会に全国で唯一3校が出場するのが滋賀県勢だ。昨秋の近畿大会でベスト4の近江、同大会ベスト8の彦根東、21世紀枠で膳所(ぜぜ)が選ばれた。これまでにない「春」に応援にも力が入る。

22日の開会式リハーサルで行進した膳所の石川唯斗(ゆいと)主将(3年)は「滋賀から初の3校で甲子園を歩けることは名誉あることだと感じた」とうれしそうに話した。膳所は県内屈指の進学校で、野球部は「文武連動」を掲げる。データを活用し、効率よく練習していることが選出理由になった。

春は59年ぶりの出場で、前回出場時のエース礒田勝夫さん(76)は「(出場を知って)跳び上がるほどうれしかった」。今年は創立120周年。「節目の年に初勝利してほしい」と期待する。

甲子園には約750人の野球部OB会のうち、約700人が訪れる予定。アルプススタンドでは約800人の生徒がユニホームの左胸にあしらわれた「Z」の人文字をつくるという。OB会長の淺井(あさい)博さん(72)は「アルプスを膳所カラーの白に染めます」。

同じく進学校で、昨夏に続く甲子園となる彦根東は、武具を赤で統一した彦根藩主井伊家の軍装「井伊の赤備え」にちなみ、アルプスを赤色で埋める予定だ。野球部OB会長の武田益利さん(76)は「応援グッズも約5千個調達したし、またアルプスを真っ赤に染めたい」と話す。

同じ彦根市にある近江とは1・2キロの距離。互いに3回勝てば県勢対決が実現する。彦根東の高内希主将(3年)は「近江はライバル。甲子園の舞台で対決できたら最高です」。両校の新聞部員は出場が決まった時に合同で号外を発行し、彦根駅前で配った。近江の新聞部局の部長、丸山理音(りお)さん(2年)は「県の高校野球史の最前線にいられたことがうれしい」と喜ぶ。

https://www.asahi.com/sp/articles/ASL3M54Y8L3MPTJB00Q.html
【【高校野球】井伊の赤備えだ!彦根東、アルプススタンドを赤で埋める www】の続きを読む

このページのトップヘ