プロ野球タイムズ【野球まとめ】

プロ野球ニュース、試合結果、スコア速報、選手の移籍情報、ファンの反応
NPB、MLB、WBC、侍JAPAN、高校野球・・・野球まとめブログです~!

独立リーグ

1: 2017/10/06(金) 18:46:18.52 ID:CAP_USER9

プロ野球では両リーグの優勝も決まり順位も決まった。これからポストシーズンのクライマックスシリーズ、日本シリーズへと盛り上がりをみせる。

その一方で1日から戦力外通告がスタートした。第1次通告期間は1日からCS開幕前日の13日まで、第2次通告期間はCS全日程終了翌日から原則として日本シリーズ終了翌日までとなっている。各球団とも数人から育成選手を含めると10人を超える選手が戦力外通告を受ける。入団数年の選手や10年以上在籍した選手も含まれている。ユニホームを脱ぐ者、トライアウトに挑戦する者など厳しい選択を迫られる。

先日、独立リーグ、四国ILp・高知の駒田徳広監督がブログを更新し、来季に向け秋季練習を開始した直後に「飯、奢ったって」と題して戦力外通告者についてつづっていた。「練習に参加していない選手がいます。引退、もしくは解雇になった選手達です。この選手達を解雇したのは僕です。技術、選手の家庭環境など、いろいろな事を考えて判断するのですが、辛いですね」と、監督として来季の戦力分析をしてチームを離れる選手を選別したことを記していた。

巨人、横浜(DeNA)で活躍し名球会入りも果たしている一流選手だった駒田監督は現役時代、毎年戦力外通告を受けた選手を見てきた。それが今は戦力外の選手を選ぶ立場にいる。「辛いのは当然選手ですよね。選手が好きな監督は、自分を使ってくれる人。嫌いな監督は使ってくれない人。究極に嫌いな監督は首にする人です。だからこっちも辛い」と現在の立場で最もつらい時期を迎えている。

選手時代のことについても触れていた。「1982年、プロ入り2年目のオフ、早くも解雇されてしまう選手がいました。当時の2軍監督の国松さんが、その選手と仲の良かった僕の所にきて『今日だけは門限を破ってもいいから愚痴を聞いてやってくれ』って。しかし、何の愚痴も言わず彼は実家の九州に帰って行った」。当時の国松2軍監督の優しさをつづった。

シーズン中の行動について「我々独立リーグは地域に根付いて存続しているもの。僕は日頃から選手達を食事に連れて行って下さるファンの皆さんには感謝しています。しかし、シーズン中は甘えも出て愚痴を言う選手もいたかと思います。強くならなければいけない選手達にとって、その愚痴はあまり褒められるものではありません」と厳しい言葉を投げかけた。

しかし、来季がない選手たちに投げかける言葉は違う。「ですが、今は違います。特に高知の皆さん。選手に飯、奢ってやって下さい。愚痴を聞いてやって下さい。彼等らはもうこの帽子を被る事もないのですから」。チーム帽子の写真を添付し、退団する選手の労をねぎらうことをお願いしていた。

戦力外の選手を選別する立場、通告する立場、そして通告される立場とすべての人たちがつらい季節でもある。(「」内は原文まま)

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171006-00000105-dal-base
【【野球】四国IL 高知・駒田監督、戦力外通告する立場の思い語る www】の続きを読む

1: 2017/10/05(木) 06:41:51.05 ID:CAP_USER9

阪神などで活躍し、今季は独立リーグの「ベースボール・ファースト・リーグ」(BFL)の兵庫ブルーサンダーズでプレーする井川慶投手(38)が、NPB復帰を希望していることが4日、分かった。5日にはBFL選抜の一員として、阪神2軍との交流試合(鳴尾浜)に先発予定。来季に関しては不透明な中、古巣であり、思い出の場所でもある鳴尾浜で、プロを相手に最後のアピールを図る。

プロとしての第一歩を記した場所が、最後のアピールの場だ。井川が「BFL選抜」の一員として、阪神の2軍を相手に鳴尾浜のマウンドに上がる。1年間、独立リーグで投げ続けてきた成果を胸に「NPB復帰」を目標に投げることになる。

井川は15年にオリックスを戦力外となると、そこから個人でトレーニングを続け、昨年12月に兵庫ブルーサンダーズへの入団が決定。現時点でのリーグ戦成績は14試合に登板して11勝0敗で、完投も1つ記録。計82回を投げて自責点10の防御率1・09という数字でリーグ優勝に大きく貢献した。

入団時は、NPB復帰の希望を口にすることなく「まずは1年間、投げてみてから」と話すに止めていた。ただ、実際に独立リーグでローテを守った中で「長く休むことなく投げ続けていれば、まだ投げられる」と手応えを感じたという。140キロを超える直球に加え、変化球の感触も悪くない。

現時点で、11月に行われる合同トライアウトを受験する考えはなく、5日の阪神2軍戦が井川にとって今季のラスト登板となる。その後に関しては不透明な状況でもあるだけに、まずは古巣を相手に全てをぶつける。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171005-00000022-dal-base

no title

【【野球】元阪神・井川慶、鳴尾浜で最後のアピールだ!NPB復帰へ古巣に全てをぶつける www】の続きを読む


このページのトップヘ