1: 2017/10/11(水) 16:55:42.48 ID:CAP_USER9
少年硬式野球、ボーイズリーグの「豊橋ボーイズ」(丹羽英之代表、野村宗昭監督)は9日夜、硬式野球を体験的に知ってもらう夜間ナイター体験会を田原市の滝頭公園野球場で開催した。少子化などにより団員が減少傾向にあることから、硬式野球への関心を高め、入団選手を募る狙い。現在、団員数は豊橋を中心に豊川、田原などから16人。豊橋市内の明海グラウンドを拠点として土・日曜、祝日に練習し、今年は2年ぶりに全国大会出場を果たすなど実績を上げている。

過去、体験会は実施していたが、軟式野球をしている子どもたちも参加しやすくするため、夜間ナイターとして初開催した。この日は、小学生をはじめ、小学校入学と同時の入団を見据えた年長園児も合わせて十数人が参加。キャッチボールやボール回し、打撃体験や投球で的を抜くストラックアウト大会などを内容とした。丹羽代表は「硬式は危ないというイメージがあるが、早い時期から野球感覚を体に覚えさせることができる」と話している。

http://www.higashiaichi.co.jp/news/detail/1789
【【野球】「豊橋ボーイズ」が田原で夜間ナイター体験会!少子化などにより団員が減少傾向 www】の続きを読む