プロ野球タイムズ【野球まとめ】

プロ野球ニュース、試合結果、スコア速報、選手の移籍情報、ファンの反応
NPB、MLB、WBC、侍JAPAN、高校野球・・・野球まとめブログです~!

ドラフト

1: 2017/10/29(日) 07:34:51.75 ID:CAP_USER9
中日にドラフト2位で指名された青藍泰斗・石川翔投手(17)と同5位の中京大中京・伊藤康祐外野手(17)が28日、名古屋市内でOBの山本昌氏、山崎武司氏とともに地元の東海テレビのドラゴンズ応援番組「ドラHOT+」に生出演した。

石川は野球以外の特技にものまねを挙げ、ロッテ涌井の投球フォームを披露した。山本氏からは「似てる!」と太鼓判。伊藤は同じ愛知県出身の山崎氏に木製バットへの対応の仕方を質問。同氏から「すぐ慣れる。最初はバットを折る恐怖感がある。恐怖感をなくすには振り続けること。練習ですね。1年もたったら慣れます」とアドバイスを受けた。

石川は高校2年の遠征の際に宿泊して以来、2度目の名古屋に「この前は泊まっただけだった。思ったより都会でした」と笑顔。大先輩2人を横に、ファンを目の前にした公開収録に伊藤は「緊張しました。(ドラフト会議当日より)今日の方が緊張しました」と苦笑いだった。

https://www.nikkansports.com/baseball/news/201710280000728.html
【【野球】東京都出身の中日・ドラフト2位石川翔(17)が名古屋市でTV番組出演 「思ったより都会でした」 ドラ5伊藤とも共演】の続きを読む

1: 2017/10/28(土) 16:57:35.80 ID:CAP_USER9
阪神からドラフト4位指名された島田海吏外野手(21)、育成ドラフト1位で指名された石井将希投手(22)=ともに上武大=が28日、群馬県伊勢崎市の同大学で佐野統括スカウト、担当の吉野スカウトらから指名あいさつを受けた。

島田は50メートル5秒75を誇る快速外野手。プロでの目標に「盗塁王」を掲げ、球団では2005年の赤星憲広氏=野球評論家=以来のタイトル獲得に意欲を示した。大学の外野手でナンバー1の評価を受けてきた逸材。小学生時代から憧れていた存在も赤星氏だった。

「僕が小学校、中学校の時に盗塁されている姿をニュースなどで見てきました。自分もいつかそうなりたいと思っていました」

野球部に所属していた熊本・宇土鶴城中時代は、陸上の県大会にも出場し、100メートル11秒01で優勝した。さらに同中学時代に陸上のジュニアオリンピックにも出場し、今年の9月に男子100メートルで日本人初の9秒台(9秒98)をマークした、桐生祥秀に勝った経験もある。

赤星氏は入団初年度に39盗塁を記録し、盗塁王と新人王のタイトルを獲得。同じドラフト4位入団と共通項は多いが、「とてつもない数字です。記録は気にせず、1つでも多く盗塁できるようにしたです」と、しっかりと足元を見つめた。

同大学では大学1年春から公式戦に出場。リーグ戦では79試合の出場で39盗塁をマークした。九州学院では2年春にセンバツ出場。甲子園でプレーするのは、この時以来になる。「熱心なファンがいらっしゃる。その中でプレーできるのは光栄です。いち早く1軍に上がって、大歓声を浴びながらプレーしたいと思います」と気を引き締めた。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171028-00000079-dal-base
【【野球】阪神ドラ4島田 盗塁王狙う!憧れの赤星氏に続け】の続きを読む

1: 2017/10/28(土) 16:30:00.76 ID:CAP_USER9
26日に行われたプロ野球ドラフト会議で、日本ハムファイターズが7球団の競合の末、早稲田実業の清宮幸太郎内野手の交渉権を引き当てた。野球界のみならず注目を集めた選手だけに、ドラフトを終え芸能界からも悲喜こもごものコメントが寄せられている。

大の巨人ファンとして知られるお笑いコンビ・さまぁ~ずの三村マサカズ(50)は26日、ツイッターで「ジャイアンツに清宮選手を。といい続けてきましたが、もう過去」と残念がった。そして「清宮選手は、日ハムでホームラン王。そして、ジャイアンツは、反骨精神の人がいっぱいいたので期待したいな」と清宮にエールを送りつつ、巨人に入団する選手たちに期待した。

ゴールデンボンバーの樽美酒研二(36)は26日、「清宮くん北海道!」のタイトルでブログをアップ。「注目の清宮くん北海道日本ハムファイターズ交渉権獲得ですねぇ。7チームの争奪戦、、流石でございます!」とコメントした。さらに、「あと気になる選手、慶応の岩見くん! めっちゃ気になる選手ぅーっっ」と東北楽天に2位指名された岩見雅紀外野手の名を挙げた。

尾木ママこと教育評論家の尾木直樹氏(70)も26日にブログで「清宮君、日ハムに決まり本当に良かった!! 日ハムは二刀流の大谷君を見事に育てたり、高卒ルーキーを育てるのに凄く上手い!! 安心して伸びやかにがんばればいいーー」と育成の観点から清宮の成長を願った。

ロックバンド・ASIANKUNG-FUGENERATIONのボーカル後藤正文(40)は、ツイッターで「日ハムが持っているというより、清宮選手が持ってる感じのある今回のドラフト。これでメジャーも可能性あるもんなぁ。育成に定評があって、ポスティングも可っていう球団。ボコスカとホームラン打って欲しいな」とつづった。日ハムの引きの強さというより、自分に合っていると思われる球団に引き当させた清宮の運の強さに注目したようだ。

大の阪神タイガース好きで知られる、お笑いタレントのダンカン(58)は、「オーマイガットまたまたパ・リーグかよ」のタイトルでブログを更新。「オレ早くも怨み酒です。阪神は馬場投手、グラウンド勝負だア!」と清宮の阪神入りが実現しなかったことを嘆きつつ、阪神が交渉権を獲得した馬場皐輔投手の活躍を願った。

http://news.livedoor.com/article/detail/13812489/
【【芸能】虎ファンのダンカンが清宮外し「またパ・リーグか」】の続きを読む

1: 2017/10/28(土) 16:09:58.92 ID:CAP_USER9
プロ野球ドラフト会議で、BCリーグの石川ミリオンスターズ(MS)では、DeNA6位で寺田光輝(25)、楽天7位で寺岡寛治(24)、ヤクルト8位で沼田拓巳(23)の3投手が指名された。石川MSの支配下登録での本指名は初めて。さらに1球団から3人の本指名は、独立リーグ史上初となった。富山GRNサンダーバーズからは、和田康士朗外野手(18)がロッテに育成1位で指名され、27日に高岡市城光寺球場で再始動した。

全く想定外の指名だった。寺田はDeNA6位で名前が呼ばれた瞬間、目を丸くして顔を指さし、「えっ、俺? マジ? 間違い?」と周囲に何度も確認した。

調査書は、事前に5球団から届いていたが、DeNAは含まれていなかった。左隣に座る寺岡にはDeNAから調査書が届いていただけに「寺…って聞いた瞬間、寺岡が来たと確信した。ラミレス監督が間違えたんじゃないかとも思った。それくらい、信じられない」と興奮気味に語った。

努力で夢をつかんだ。三重・伊勢高では控え投手。筑波大でも「4年まで、ずっとスタンドで太鼓をたたいていた。4年になって敗戦処理で投げたりしたが、レギュラーにはほど遠かった」という。昨年、石川MSに入団したのも「野球を諦めるため」だったが、サイドスローからの最速146キロの直球とスライダーを武器に、チームの守護神に成長した。

「野球のセンスや才能がなくても、武器があればプロでも通用することを証明したい」という寺田。「変な投げ方だけど、バッターを翻弄して、ゆくゆくは気持ちで勝負できるピッチャーになりたい」と新たな夢を描いた。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171028-00000012-sph-base
no title

【【野球】BC石川・寺田光輝、調査書が来ていないDeNAからの6位指名に驚き「えっ、俺? マジ? 間違い?」】の続きを読む

1: 2017/10/28(土) 10:04:36.49 ID:CAP_USER9
「ゴジラ」のようなアーチストになる!ロッテからドラフト1位指名された履正社・安田は、大阪府内の同校で林信平球団本部長らから指名あいさつを受け、「自分の魅力は本塁打。ファンの皆さんを魅了できるホームラン打者になるのが夢です」と力を込めた。

自分が歩むべき道を明確にした。約40分間の指名あいさつの席で、球団側から「何か質問はありますか」と聞かれると、「どういった育成方針でやっていただけますか」と素直な思いをぶつけた。球団側から長打力を期待されていることを聞くと「求められているものと自分が思っているものが違ってはダメだと思った。自信を持ってやっていきたい」と目を輝かせた。

「共に頑張ろう」という井口監督のメッセージが書かれた当たりクジを受け取った。高校通算65本をマークした若者が思い描く姿は、日米通算507本塁打を放った松井秀喜氏だ。09年のワールドシリーズでかけたアーチは映像で見た。「歴史に残る本塁打。自分もそういう選手になりたい」と憧れる。目標に掲げた「本塁打王」は、ロッテでは86年の落合博満を最後に遠ざかる。左打者は77年レロン・リーのみで、日本人で獲得すれば球団史上初。タイトルを獲得すれば、球団の歴史に名前を刻むことになる。

「東の清宮、西の安田」と呼ばれたライバルについても「清宮君を目標にやってきた高校3年間だったが、これから見るのはプロのレベル」と冷静そのものだ。「ここからがスタートなので一歩一歩成長できたら。1軍でプレーするという強い気持ちを持ってやっていきたい」と所信表明。18歳とは思えないほどの落ち着きで、新たなステージをしっかりと見つめた。
https://m.sponichi.co.jp/baseball/news/2017/10/28/kiji/20171028s00001173003000c.html
no title

【【野球】履正社・安田 ロッテで幕張ゴジラになる!「自分の魅力は本塁打」】の続きを読む


このページのトップヘ