Time After Time

ブックマークしてね~! http://news.blogo.jp/

映画・ドラマ

1: 2018/04/05(木) 03:10:35.64 ID:CAP_USER9
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180404-00000069-spnannex-ent

1997年後期のNHK連続テレビ小説「甘辛しゃん」のヒロインを務めた女優の佐藤夕美子(39)が4日放送の同「半分、青い。」(月~土曜前8・00)第3話の最後に登場。20年ぶりに朝ドラ復帰を果たした。子役の矢崎由紗(8)が少女時代を演じるヒロイン・鈴愛の小学校の担任・豊島先生に扮する。

朝ドラ通算98作目。フジテレビ「素顔のままで」「ロングバケーション」「空から降る一億の星」やTBS「愛していると言ってくれ」「ビューティフルライフ」「オレンジデイズ」など数々の名作を生み“ラブストーリーの神様”と呼ばれるヒットメーカー・北川悦吏子氏(56)のオリジナル脚本。岐阜県と東京を舞台に、病気で左耳を失聴した楡野鈴愛(にれの・すずめ)が高度経済成長期の終わりから現代を七転び八起きで駆け抜け、一大発明を成し遂げる姿を描く。

佐藤は「放送が待ち切れない。台本を初めて手にした時、こんなにステキなお話が、どんな映像になるんだろうと、ワクワクしました」をオンエアを待望していた様子。「97年後期の『甘辛しゃん』にヒロインとして出演してから約20年、また連続テレビ小説に、さらに、初めての先生役としてなんて、うれしいです」と大喜びし「撮影に入ると、不思議とあの頃の空気感と緊張感を思い出すものですね」と久々に朝ドラの現場を体感し、当時の感覚がよみがえった。

「鈴愛ちゃんや(幼なじみの)律くん(高村佳偉人)をはじめとした個性豊かな子どもたちが、この先どんな風に成長していくのか、とても楽しみにしています」。第2週(4月9~14日)まで登場。元朝ドラヒロインがドラマ序盤を支える。

佐藤は87年、8歳の時、ミュージカル「アニー」のテッシー役でデビュー。97年、18歳の時、オーディションで1863人の中から「甘辛しゃん」のヒロインに選ばれた。神戸・灘を舞台に、酒造りに情熱を注ぐ榊泉(佐藤)の半生を描き、視聴率は期間平均26・6%、番組最高30・0%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録した。

その後も幅広く活動し、16年には北川氏脚本のNHK「運命に、似た恋」に出演。現在は山梨県在住。既婚。2012年に第1子長女、昨年に第2子次女を出産している。
【佐藤夕美子さん(39才)、20年ぶり朝ドラ復帰 www】の続きを読む

1: 2018/03/24(土) 17:31:27.02 ID:CAP_USER9
『スーサイド・スクワッド』のマーゴット・ロビーが、女子フィギュアスケート史上最大のスキャンダルを起こした、実在のスケーターを演じた映画『アイ,トーニャ 史上最大のスキャンダル』から、多くの人々の記憶に残る場面を再現した劇中カットと、予告編が公開された。

本作は、アメリカ女性初のトリプルアクセル成功者にして、2度のオリンピック出場を果たしたトーニャ・ハーディングの半生を追った実録映画。1990年代、オリンピック直前のライバルを襲わせた「ナンシー・ケリガン襲撃事件」や、競技を中断して涙ながらに靴紐の不調を訴えた「靴紐事件」など、数々のスキャンダルを巻き起こした彼女の波瀾万丈の人生と、その人格に大きな影響を与えた母親をはじめとする人間関係を描き出す。

https://m.cinematoday.jp/news/N0099483

no title

【女子フィギュア・スケート最大のスキャンダルを再現!衝撃カット&予告公開 www】の続きを読む

1: 2018/03/28(水)00:21:54 ID:uvA
(遊)シェイプ・オブ・ウォーター
(中)ウィストン・チャーチル
(三)ヴァレリアン
(一)アベンジャーズ インフィニティーウォー
(左)パシフィックリム アップライジング
(右)レディ・プレイヤーワン
(二)ジュマンジ ウェルカムトゥザジャングル
(捕)ペンタゴンペーパーズ
(投)リメンバー・ミー
強い(確信)

【2018年春の洋画で打線組んだ www】の続きを読む

1: 2018/03/25(日) 05:54:25.50 ID:CAP_USER9
スティーブン・スピルバーグ監督は英ITVニュースのインタビューに対し、
動画配信サービスの作る映画はアカデミー賞にはふさわしくないと述べた。

スピルバーグ監督は、NetflixやAmazonのような動画配信サービスは「映画の観客に対する本物の脅威」だという見方を示した。スピルバーグ監督は、テレビ用に取られた映画と映画館用に作られた映画を同列に並べることは間違っているとして、「実際に良ければ、エミー賞は取れるでしょうが、アカデミー賞は違います。…いくつかの映画館で1週間未満上映される映画がアカデミー賞にノミネートされる資格があるとは思わない」と指摘した。スピルバーグ監督は、現在、テレビは今まで以上にいい時代を経験しているとして「最良のシナリオ、監督、俳優です。テレビは実際に質が良くなった」と認める。Netflixに対する同様の見方はクリストファー・ノーラン監督も抱いている。ノーラン監督は、Netflixが映画館でプレミア上映をせずに、全てをオンラインで公開することが気に入らないと述べた。

https://jp.sputniknews.com/life/201803254711901/

「一度テレビというフォーマットに決めたのなら、それはもうTV映画です」スティーヴン・スピルバーグはNetflixやHuluといったストリーミングサービスのオリジナル映画はアカデミー賞にノミネートされるべきではないと考えているようだ。ITVNewsのインタビューに答えたスピルバーグは(ScreenCrushより)、Netflixのような大手ストリーミングサービスが独自の映画を制作していることや、そのことが映画業界にどのような影響を与えるかを語っている。スピルバーグによると、これらの映画はTVのフォーマットで視聴されるため、アカデミー賞ではなくエミー賞を取るべきだという。

「一度テレビというフォーマットに決めたのなら、それはもうTV映画です」とスピルバーグは語る。「もし良い番組だったら、もちろんエミー賞を取るべきですが、オスカーではありません。1つか2つの劇場で1週間ほど限定公開されたからといって、アカデミー賞の資格を与えるべきではないと思います」

このインタビュー中、スピルバーグ監督はNetflixやその他のストリーミングサービスがどのように映画業界に影響を与えているかも語っている。スピルバーグは大手スタジオがかつて制作していたようなインディー系の映画がNetflix、Hulu、Amazonに流れていると考えている。

「今、多くのスタジオは小さな映画でリスクを冒すよりも、ブランドがあり、これまでの過去作から興行成績が保証されているような大作映画を作りたがります」とスピルバーグ。「スタジオが定期的に作っていた小さい映画が今度はAmazon、Hulu、Netflixに流れています。質と芸術性が高まって、TV業界は今とても繁栄しています。ですが、映画を観に行く人達にとっては明確な危険があります」

Netflixは今年、オリジナル映画「マッドバウンド哀しき友情」で助演女優賞を含む3つのアカデミー賞にノミネートされている。また、本作の撮影を担当したレイチェル・モリソンは女性として初めてアカデミー撮影賞にノミネートされている。

http://jp.ign.com/movie/23254/news/netflix
【【悲報】S・スピルバーグ監督、Netflix映画はアカデミー賞にふさわしくない www】の続きを読む

このページのトップヘ