サッカー*サッカー【サッカーまとめ】

日本代表、W杯、Jリーグ、CL、・・・サッカーの話題とネットの反応をお楽しみ下さい!


W杯

1: 2018/06/13(水) 12:10:10.08 ID:CAP_USER9
“本田外し”は極めて現実的な選択肢

最後のテストマッチとなったパラグアイ戦の結果(4-2で勝利)を受け、どの11人がコロンビア戦のスタメンに相応しいか。CFは大迫勇也で文句なし。途中出場したパラグアイ戦で得点に絡む活躍を見せており、ここからさらに調子を上げてきそうな気配もある。岡崎慎司がまだまだトップフォームでない現状を考えると、そういう結論に行き着く。

左サイドハーフも乾貴士で決まり。足に吸い付くようなドリブルはおそらくワールドカップの舞台でも大きな武器になるはずで、鋭いカットインからシュートに持ち込む積極性は今の代表に不可欠だ。その乾との相性を重視するなら、トップ下は香川真司。パラグアイ戦で乾の2ゴールをいずれも演出している点を踏まえれば異論はないのではないか。つまり、“本田外し”は極めて現実的な選択肢ということだ。

悩むのは右サイドハーフ。無尽蔵のスタミナを誇る原口元気か、パラグアイ戦で不慣れなポジションながらも可能性を示した武藤嘉紀か。コロンビアの攻撃を考えると、よりタフな原口のほうが相応しいが、コンディションの良さなら……。パラグアイ戦でフィジカルの強さを見せつけ、勝気なスタンスで相手に突っかける武藤の太々しさは痛快だった。その活躍を信じて、ここは武藤をおしたい。右サイドハーフ以上に難しいのがボランチだろう。セットプレーがコロンビア撃破の鍵になると推測するなら、柴崎岳は外せない。スイス戦の81分にCKからチャンスを作りかけ、パラグアイ戦でもプレースキッカーとして眩い輝きを放った。その精度はもはや本田以上で、ワールドカップでアップセットを演じるためには柴崎のキックも重要なのだ。

柴崎を軸とすると、同じ司令塔タイプの大島僚太(もちろん細かい部分で柴崎とプレースタイルは異なるが)は、このところの別メニューが続いていたこともありバックアッパー。では、柴崎のベストパートナーがキャプテンの長谷部かと言えば疑問符が付く。長谷部は攻守のバランスに優れたボランチだが、柴崎とのコンビでは守備の強度が足りないように映る。ワールドカップ初戦の相手はコロンビアで押し込まれる時間帯が多いと想定すれば、ボランチのひとりは守備職人がベストだろう。

となると、現時点で柴崎と山口が最良の組み合わせと言える。パラグアイ戦では山口という潰し役がいてくれたおかげで、柴崎がより伸び伸びとプレーしているようにも見えた。あまり動けなかったガーナ戦での反省を活かし、ここにきて調子を上げてきているのも、山口をおす理由のひとつだ。

槙野をチョイスしたのも“柴崎との相性”

4バックは右から酒井宏樹、吉田麻也、槙野智章、長友佑都。ワールドカップという痺れる舞台では経験がモノをいうはずなので、酒井宏、吉田、長友までは決まりか。ただ、酒井宏のコンディションはやや気掛かり。テストマッチ後に足をアイシングしている姿も目撃されているだけに、どこまで復調できるか。

右サイドバックは酒井高徳という選択もある。だが、最近のテストマッチの出来から判断すると、酒井高はレギュラーとしては厳しいか。右サイドバック候補の遠藤航も攻撃面で力不足が否めず、やはり酒井宏樹がベストコンディションになることを願うしかない。

迷ったのは吉田のパートナー。パラグアイ戦で気迫溢れるプレーを見せた昌子源と植田直通も捨て難いが、槙野を選択した。理由は柴崎との“相性”である。槙野は今年3月のウクライナ戦でセットプレーからゴールを決めたが、その時のキッカーが柴崎だったのだ。貴重な得点源になり得るという意味で、吉田の相棒に選んでみた。

GKは誰になってもさほど変わらないのではないか。川島永嗣にしたのも、単純に経験があるから。東口順昭も中村航輔もパラグアイ戦でそこまでアピールできなかったことを考えると、いわゆる消去法で川島が残る。

ワールドカップを戦ううえで“勢い”は大事。とりわけ中盤から前はそうだ。その意味で長谷部、本田という重鎮ふたりを外す策はさほど驚きに映らないはずである。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180613-00042035-sdigestw-socc&p=2
【【日本代表】香川、乾、柴崎、山口…。この11人でコロンビア戦を戦え www】の続きを読む

1: 2018/06/13(水) 14:46:42.26 ID:CAP_USER9
FWズラタン・イブラヒモビッチ(LAギャラクシー)は賭け業者「BETHARD」とスポンサー契約を結び、日本代表のロシアW杯16強入りを予想している。公式サイトが“ズラタン予想”を公開した。イブラヒモビッチは各グループリーグのスコア、順位予想を行い、日本代表の2位通過を展望した。初戦のコロンビア戦は1-1のドロー、セネガル戦、ポーランド戦はいずれも1-0で日本の勝利を予想した。H組首位はコロンビア、2位に日本、3位はポーランド、4位はセネガルと続いている。

日本以外のアジア勢に目を向けると、韓国とイランは最下位、サウジアラビアとオーストラリアは3位に予想されている。アジアで唯一、日本が決勝トーナメントに進出すると期待しているようだ。一方、2016年のユーロを最後にスウェーデン代表から引退したイブラヒモビッチは、スウェーデンのF組2位通過を予想している。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180613-01655004-gekisaka-socc
【【W杯】イブラヒモビッチ「日本代表は2勝1分で16強入り」】の続きを読む

1: 2018/06/13(水) 19:25:01.49 ID:CAP_USER9
いよいよ待ちに待ったワールドカップ(W杯)ロシア大会が14日に開幕しますね。日本代表は8日のスイス戦、12日のパラグアイ戦と強化試合をこなし、W杯前ラストマッチのパラグアイ戦では4ゴールを奪って西野ジャパン3戦目にして初勝利。わくわく度がさらに高まりました。

本番で西野監督が誰を使うのか。どんなチョイスをするのか。それを考えただけでも胸が高まります。直近の2試合を見ても柴崎、乾、香川、吉田あたりは欠かせない存在だし、状態が心配されていた岡崎もいい。武藤の右もアリだし、植田や昌子も良かった。なんだか日本中で日本代表チームに対してネガティブな見方をしているようですが、私はベスト8にいけると思っています。

パラグアイ戦の勝利は日本代表にとって昨年12月の中国戦以来半年ぶりでした。でも、悲観的になることは全然ないと思います。ハリルジャパン時代は残念ながら試合中なかなかチャンスに恵まれませんでしたが、西野ジャパンになってガーナ戦(5月30日)、スイス戦と決め切れていなかったとはいえチャンスはつくれていました。そしてパラグアイ戦では一気に4点取った。どんなチームとやってもある程度失点はすると思いますが、点は取られてもそれ以上に取ればいいんです。日本代表は前線にいい選手がいっぱいいる。点は取れると思います。

ベスト8と言ったので、この際だからスコアも予想しておきましょうか。まずは初戦のコロンビア戦は1―1で引き分け。第2戦のセネガル戦は2―1で勝って、第3戦のポーランド戦が4―2で勝利。無傷の2勝1分けで1次リーグを突破して、決勝トーナメント1回戦では相手がイングランドなら3―1で勝利、ベルギーなら1―1で突入したPK戦を制して勝利、これでベスト8進出決定です。

日本のFIFAランキングはW杯出場国としては下から3番目の61位です。日本をなめてくるとは思いませんが、どこと対戦しても相手が前がかりにくるのは間違いありません。ガチガチに引いて守られたら厳しいですが、それは考えづらい。南米などは割と適当なのでどーんと裏のスペースが空いたりします。だから日本は四方八方からゴールが取れる。乾でも香川でも武藤でもね。そう考えてきたらもっとわくわくしてきました。とにかくW杯は4年に1度のお祭り。楽しく観戦するのが一番いい。西野ジャパンを皆で応援しましょう!ぜひポジティブな気持ちで。(岩本輝雄=元日本代表MF)

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180613-00000139-spnannex-socc
【【W杯】岩本輝雄が予想!西野ジャパンは8強いける www】の続きを読む

1: 2018/06/13(水) 21:09:53.44 ID:CAP_USER9
スペインサッカー連盟はジュレン・ロペテギ監督の後任としてフェルナンド・イエロ氏が就任したことを発表した。スペイン代表は13日、ジュレン・ロペテギ監督を電撃解任。スペインサッカー連盟の会長を務めるルイス・マヌエル・ルビアレス氏は「レアル・マドリー行きを公式発表の5分前に知った」と話し、連盟に対して仁義を通さなかったことを解任理由として説明している。ロシア・ワールドカップ開幕前日という中での異例の決断。後任に関しては「探している最中」と話していたが、ロペテギ前監督の側近であったイエロ氏が後任に就くことが発表された。

なお、イエロ氏は初采配がワールドカップ開幕戦の15日ポルトガル戦となる。今回のワールドカップ前は、日本を始め、サウジアラビアやオーストラリアなどで監督交代が起きたが、世界王者に立ったこともある「トップ・オブ・トップ」の国でこのような事態が巻き起こったことには大きな衝撃が与えられている

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180613-00010036-goal-socc
【【サッカー】スペイン代表、ロペテギ後任はイエロ!初采配はロシアW杯初戦】の続きを読む

このページのトップヘ