サッカー*サッカー【サッカーまとめ】

日本代表、W杯、Jリーグ、CL、・・・サッカーの話題とネットの反応をお楽しみ下さい!


サッカー監督

1: 2018/07/13(金) 21:11:48.73 ID:CAP_USER9
アルジェリアがハリルと交渉決裂か…地元メディア「本人が関心なし、就任を拒否した」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180713-00010009-goal-socc

アルジェリア代表復帰が濃厚となっていた日本代表前監督のヴァイッド・ハリルホジッチ氏だが、一転して就任を拒否したようだ。アルジェリアの電子新聞「Observ’Algerie」が報じている。

ロシアW杯前の4月に日本代表指揮官を電撃解任されたハリルホジッチ氏は、新天地として、韓国代表やエジプト代表、イラク代表の監督就任の可能性が取り沙汰されてきた。しかし、より具体的な話となったのは、ハリルが2014年のブラジルW杯でベスト16入りに導いたアルジェリア代表であった。地元複数メディアが「復帰で合意した」との報道が飛び出した。

しかし、ハリル氏本人は『Goal』の独占インタビューで「まだ考慮している段階だ。すぐに新たな代表の指揮官に就任するか、少し休むかどうかは分からない」と、合意報道を否定しつつ、去就に関する明言を避けていた。

地元メディアの「Observ’Algerie」によると、「アルジェリアサッカー連盟(FAF)が接触を試みたが、ボスニア人は最終的に関心がないことが明らかになった。彼を雇うことを望む他の国と交渉している」と報じ、アルジェリア復帰の可能性を否定している。

これによりアルジェリアサッカー連盟は、「Bプラン」としてモロッコ代表のエルベ・ルナール監督、元ナイジェリア代表監督のゲルノト・ロール氏に照準を切り替えたとみられる。

また、アルジェリアの「DZFOOT」がアルジェリアサッカー連盟のエレディーヌ・ゼッチ会長のコメントを紹介。「私たちは2~3人の名前を持っており、そのうちの1人は監督になるだろう。ちなみにワールドカップ終了時には、新監督の名前を発表する」と明言しながらも「我々はアルジェリアファンの焦りを理解している。ただ、交渉には時間がかかることがある」と説明している。

これを受けて韓国メディアの『スポーツ韓国』は、「アルジェリアはモロッコ代表のエルベ・ルナール監督を選んだ「ハリルホジッチとアルジェリアとの交渉が決裂した。彼は完全に自由の身になった。韓国行きの飛行機に乗るのだろうか」と報じている。

注目されるハリル氏の去就。ボスニア・ヘルツェゴビナの名将は新天地にどこを選ぶのだろうか。
【【悲報】ハリルホジッチさん、交渉決裂か www「本人が関心なし、就任を拒否した」】の続きを読む

1: 2018/07/12(木) 19:53:39.96 ID:CAP_USER9
中東諸国が日本の名将に熱視線だ。ロシアW杯で日本をベスト16に導いた西野朗監督(63)は7月末の任期満了をもって退任する。わずか2か月でチームを再建した手腕と勝負に徹する姿勢に評価は高まっており、カタールをはじめとする中東諸国がオファーを検討している。その一方で“金満”で知られる中国サッカー界は日本人監督にまったく興味を示していないという。その理由とは――。

すでに退任が決まった西野監督には中東諸国が関心を示しているという。公認資格を持つ代理人は「国際舞台(W杯)で活躍したから今後はいろいろな話が出てくると思う。特に中東では日本代表への評価は高いし、代表監督やクラブ監督としてオファーもあるんじゃないか」と指摘した。

元日本代表監督で2002年日韓W杯を指揮したフィリップ・トルシエ氏(63=現杭州緑城監督)がカタール代表監督を務め、14年ブラジルW杯で日本を率いたアルベルト・ザッケローニ氏(65)は現在UAE代表を指揮しているが、ロシアW杯で結果を出した西野監督も中東では“優良商品”として注目されているという。

これまで代表レベルで結果を出した監督がいなかったため、中東に進出する日本人はいなかった。しかしW杯で逆境をはね返した西野監督の手腕は大きな話題で代表ならば中東各国が覇権を競うガルフカップ、クラブならばアジアチャンピオンズリーグのタイトル奪取に向け招聘を検討するというわけだ。

特に興味を示しそうなのはカタールだ。同代理人は「(22年)W杯開催を控えて自国代表のレベルアップのためにリーグを充実させたいから大物選手や監督を集めようとしている。資金面も政府の援助を受けられるからいくらでも…。カタールのクラブが西野さんに声をかける可能性はあると思うね」。

日本サッカー協会の川淵三郎氏(81=現相談役)は03年にトルシエ氏がカタール代表監督に就任したときに「年俸6億円もらっている」と暴露。仮に西野監督が中東で監督を務めれば、年俸5億円以上は確実とみられており、まさに“W杯特需”だ。

一方、資金力に物をいわせる中国サッカー界はロシアW杯で活躍した日本代表MF香川真司(29=ドルトムント)や同FW岡崎慎司(32=レスター)をはじめ欧州でプレーする日本人選手に高い関心を示しているが、西野監督や日本人監督には関心がない。

同代理人は「(中国で)日本人監督はない。(元日本代表監督の岡田武史氏が指揮を務めた)杭州緑城だって特殊ケースだったし、岡田さんも言っていたけど『一度、反日が高まれば2、3試合はできなくなる』って。そういう中で日本人を監督にしようとは誰も考えないだろうし、そんな度胸のあるクラブはないね」と解説した。

Jクラブも西野監督への関心を強めており、日本サッカー協会も指揮官に新たなポストを検討中。日本代表の新監督の行方とともに名将の今後も気になるところだ。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180712-00000043-tospoweb-socc
【【朗報】西野監督にカタールが年俸5億円でオファー www】の続きを読む

1: 2018/07/10(火) 12:09:55.34 ID:RumNa0Mzp
「もし私が監督だったら、ベルギーが2点ビハインドからひっくり返してくることはなかっただろうね!不可能なことだよ。私は代表監督として、あのような経験をしたことはない」「もし私がベンチに座っていたら、日本は2-0のリードを失うことはなかった。それは保証できるね。なぜなら私は、ベルギーに3点を奪われないために、どう動けば良いか分かっているからだ」

こいつクズすぎやろ

【【悲報】ハリルホジッチ元代表監督、日本を煽る www】の続きを読む

1: 2018/07/11(水) 02:26:53.61 ID:CAP_USER9
日本代表コーチとして西野ジャパンを支え、2016年リオ五輪代表監督を務めた手倉森誠氏(50)。キャリアからいえば次期日本代表監督候補となってもおかしくないが、一向に名前が挙がらない。そこには深い理由がある。

古巣・鹿島の次期監督と目されているのが理由のひとつ。昨年5月から名古屋OBの元日本代表DF大岩剛監督(46)が指揮をとっているが、今季18クラブ中11位と低迷中だ。今季から加入した佐藤洋平GKコーチ(45)は、手倉森氏の仙台監督時代、リオ五輪代表監督時代を通じGKコーチを務めた“右腕”。「今月18日のリーグ戦再開後、いつテグさん(手倉森氏)が鹿島の監督になってもいい環境ができ上がっている」(Jリーグ関係者)

ただし、日本代表の次期監督人事も先行き不透明。現在日本協会内で“反主流”である鹿島関係者、さらには手倉森氏を五輪代表監督に抜擢した原博実氏が混乱の中で主導権を握るようなことがあれば、一躍筆頭候補として擁立されるかもしれないが…。

https://www.zakzak.co.jp/spo/news/180710/spo1807100002-n1.html
【手倉森誠は、なぜ代表監督候補にならない?名前が挙がらない深い理由 www】の続きを読む

1: 2018/07/10(火) 14:06:43.73 ID:CAP_USER9
ヴァイッド・ハリルホジッチ前日本代表監督が、アルジェリア代表監督就任に合意したという報道について否定しているようだ。フランス紙『レキップ』が伝えている。

ハリルホジッチ氏は2015年3月から2018年4月まで日本代表監督を務め、アジア予選を勝ち抜き2018FIFAワールドカップロシア本戦出場を勝ち取った。同氏はこれまでアルジェリア代表や韓国代表の新監督候補として名前が挙がっており、アルジェリアメディアは同氏がアルジェリア代表監督就任にすでに合意していると報じていた。

しかし、同紙によると、ハリルホジッチ氏はこの報道について否定しているようだ。ただ接触があったことについては認めており、次のようにコメントした。

「アルジェリアのサッカー連盟から接触があったことは認めるが、まだ何も起こってないし、話し合いも進んでいない。合意があったという報道は真実ではない。そこに関してはしっかりと否定するよ」

ハリルホジッチ氏は、2014年のブラジルW杯で同国を率い史上初のベスト16に導いていおり、同紙はアルジェリア国内でも期待の声が上がっていると伝えている。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180710-00791711-soccerk-socc

no title

【【サッカー】ハリル、アルジェリア代表指揮官就任を否定!「まだ何も起こってないし、話し合いも進んでいない」】の続きを読む

このページのトップヘ