女優

1: 2018/08/16(木) 23:16:45.44 ID:CAP_USER9

「サンデータイムス」紙のインタビューでクロエ・グレース・モレッツが今から5年前、16歳のときに豊胸手術を受けようと考えたことを激白。きっかけは映画の撮影現場で、いつの間にか彼女のトレーラーに誰かが置いたプッシュアップブラ。自分の胸が小さすぎるのではないかと不安に襲われたという。「これはどこから来たの? って感じだったわ。小さいけれどとても忌まわしいものだった。押しのけることもできたけれど、それでもその存在が自分の中に入り込んでくる。『多分私は自分の胸の大きさのせいで不幸なんだ』って思うように仕向けられてしまうの」。
7歳の頃から女優として仕事を始めたクロエ。映画界で育ったことで偏ったボディイメージを持つようになってしまったと語っている。「私は生まれてからずっとハリウッドを目にしてきた。私が自分と比べていたのはリアルな人間たちではない」。

でもこのボディイメージをめぐる問題が女優としての仕事に生かされているとも。「私は自分が共感できる女性の役を選んでいる。私はとても強い女性なの。ただのガールフレンドではない。絶対に違うわ」とコメント、単なる主人公の恋人役には興味がないと語っている。

プライベートではブルックリン・ベッカムとの交際で注目を集めたクロエ。最近では俳優のディラン・オブライエンとの交際が噂されているけれど、プライベートでも映画の中でも「誰かの恋人」では収まらない彼女らしさを見せてくれそう。これからどんな役を選んでいってくれるのか、楽しみにしたい!

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180816-00010001-ellegirl-ent
【クロエ・グレース・モレッツさん、16歳で豊胸手術を考えた過去を激白 www】の続きを読む

1: 2018/07/31(火) 13:48:01.19 ID:CAP_USER9
かねて交際していた俳優の勝地涼(31)と元AKB48で女優の前田敦子(27)が結婚したことが31日、分かった。人気俳優とAKBの絶対エースだったあっちゃんの電撃婚はビッグニュースとして列島を駆け巡りそうだ。

関係者によると、2人は親しい知人に30日に婚姻届を提出したことを報告。前田は妊娠していないという。

2015年の日本テレビドラマ「ど根性ガエル」で共演したことをきっかけに友人として交流がスタート。昨年9月公開映画「食べる女」で再共演し急接近。今年春頃から交際をスタートさせ、5月に週刊誌で熱愛が報じられた。その後は、人目をはばからずデートする姿がたびたび目撃されるなど、オープンな交際を続け、交際半年足らずでのスピード婚となった。

勝地はNHK朝の連続テレビ小説「あまちゃん」(13年)の“前髪クネオ”役で大ブレーク。二枚目ながらコミカルな役までこなせる幅広い演技に定評がある。

前田は06年のAKB48結成時から不動のセンターに君臨。AKB総選挙の初代女王にも輝いた。常に総選挙上位の「神7(セブン)」と呼ばれたメンバーの中で、最初の結婚となった。2012年にAKB48を卒業後、女優として主演作が数多くあり、実績を積み重ねている。

◆勝地 涼(かつじ・りょう)1986年(昭61)8月20日生まれ、東京都出身の31歳。母の経営する生花店でスカウトされ芸能界入り。00年ドラマ「千晶、もう一度笑って」で俳優デビュー。2013年にNHK連続テレビ小説「あまちゃん」出演。1メートル75、血液型AB。

◆前田 敦子(まえだ・あつこ)1991年(平3)7月10日生まれ、千葉県市川市出身の27歳。05年10月30日にAKB48のオープニングメンバーオーディションに合格。同12月8日に劇場デビュー。出演作に映画「もらとりあむタマ子」など。1メートル61、血液型A。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180731-00000093-spnannex-ent
【【元AKB48】前田敦子が結婚!交際半年足らずでのスピード婚 www】の続きを読む

1: 2018/07/25(水) 07:10:07.62 ID:CAP_USER9
元NGT48で女優の北原里英が『映画としまえん』(2019年公開)で主演を務めることがわかった。今作がグループ卒業後、映画初主演となる。今作は、歴史ある人気アミューズメント“としまえん”を舞台にしたホラー映画。『サニー/32』(2018、白石和彌監督)でリリー・フランキー、ピエール瀧に誘拐監禁される中学校教師を体当たりで演じ切り、話題となった北原が、今回は絶叫ホラー映画に挑む。

北原里英主演『映画としまえん』ストーリー
高校時代からの仲良しメンバー数人で“としまえん”に遊びに来た辻本早希(北原里英)。軽い気持ちで、噂になっていた“としまえんの呪い”を試してみたところ、次第に恐ろしい現象に巻き込まれ、メンバーが一人、また一人といなくなっていく。呪いを解くには遊園地内であることをしなくてはならず、無我夢中で逃れようとする中、とある高校時代の出来事がきっかけで呪いが生まれたことを知ることとなり…といったストーリー。

ホラーシーンも見どころだが、女子グループ内特有の“いじめ”の陰湿さや“スクールカースト”といった学生特有のヒエラルキーなどドロドロの人間模様が描かれているところも注目だ。としまえん全面協力の元、シーンの90%以上をとしまえんで撮影。プロデューサーは「以前から遊園地『としまえん』は個人的にスゴク好きな場所で、今でもよく遊びにいってます。ある日、閉園を迎えお客様がまばらになり、夕焼けに照らされた園内をふと目にした時、言いようのない寂しげな雰囲気に戦慄を覚えました。その時に『楽しい場所として記憶されている場所が突如として恐怖を感じる場所に変化する…この遊園地を舞台にしたホラー映画を製作してみたい』と強く思い、様々な方達のお力をかりて企画が成立しました」と企画意図を明かした。

北原は「NGT48を卒業してから初めて映画の主演をやらせていただいたのですが、卒業後すぐだったことも有り、かなりプレッシャーがありました」と吐露。さらに「また、卒業したあともまた可愛い子たちに囲まれるのか…!というプレッシャーもありました笑」と茶目っ気たっぷりに明かしつつ「同世代の女優さんたちとしっかり共演するのが初めてで、すごく楽しかったですし、同世代のみんなのパワーを感じて、ますますやる気が起きましたし、頑張らなくては!と思いました」と刺激を受けた様子。「0から始める気持ちで、芝居に取り組ませていただきました!」と気持ちを新たに撮影に挑んだ。

http://mdpr.jp/cinema/detail/1781637

『映画 としまえん』 主演 北原里英
67137efc.jpg

9d151214.jpg

11b692c1.jpg


NGT48 北原里英
68f6c94d.jpg

dbc17d44.jpg

【【元NGT48】北原里英、グループ卒業後初の映画主演!「かなりプレッシャーがありました」】の続きを読む

このページのトップヘ