映画・ドラマ

1: 2019/01/15(火) 15:19:50.29 ID:wHHMbKJh9

ドラマ『スキャンダル専門弁護士QUEEN』(フジテレビ系)の第1話が10日に放送され、平均視聴率が9.3%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことが分かった。竹内結子主演の本作。スキャンダルを専門に取り扱う女性弁護士・氷見があらゆる手段を用いてトラブルを解決していくというストーリー。第1話では生放送の音楽番組の途中、国民的人気アイドルグループのメンバーが別のメンバーを突き飛ばし、ネット炎上に発展した騒動が描かれていた。

しかし、放送中からネット上では「タイムリー過ぎるでしょ」「NGTと重なる」といった声が殺到。8日にNGT48のメンバー・山口真帆がツイッターなどで「メンバーにそそのかされた男に自宅で襲われた」といった告発をした騒動と重なるという指摘が相次いで聞かれていた。

「ドラマ内では、始めメンバーの確執が描かれ、その後は所属事務所がアイドルタレントに対して一方的に支配するような関係性が明らかになってきました。NGT騒動でも一番の争点となっているのが、メンバー間のトラブルと運営の対応の悪さ。このことから現実のNGT騒動と結びつける視聴者が続出しました」(芸能ライター)

「ドラマ内では、実はメンバー間の不仲はメンバー間で仕組んだことというのが判明し、生放送では事務所に黙って解散宣言をするという結末に。アイドルが“商品”ではなく“人間”として扱われるという展開が描かれ、NGT騒動にやきもきしているネットユーザーからは『ドラマではすっきりしてよかったけど、現実では…』という声も聴かれました」(同)

いまだ余波の収まらない現実のNGT騒動。果たしてドラマのように真相が明らかになることはあるのだろうか――。

https://npn.co.jp/article/detail/16785021/


【【悲報】ドラマの内容がNGT48騒動と酷似・・・】の続きを読む

1: 2019/01/07(月) 22:25:31.86 ID:e7VyJsJP0
・戦国×男主人公×男脚本
・明智光秀という超有名な戦国武将が主人公。演じるのは長谷川博己
・脚本は大河ドラマ史上屈指の名作と言われる『太平記』の池端俊策によるオリジナル。重厚な歴史ドラマに定評あり
・脚本家は、英雄たちの時代をいきいきと描くことを重視すると明言
・大河ドラマ史上初の4K撮影
・最新の研究に基づき、明智光秀の私怨による謀反といったこれまでのイメージを覆す。
・NHKが「毎週わくわくする英雄群像劇にする」「大河ドラマの原点に戻る」と強調
・足利義昭、細川藤孝、松永久秀、織田信秀、今川義元、斎藤道三たちが活躍
・三英傑などの戦国の英雄たちの「父の代」を初めて丁寧に描く。京を中心とした近畿地方の戦国時代を丁寧に描くのも初

http://www6.nhk.or.jp/nhkpr/post/original.html?i=14251

『風林火山』以来13年振りの超重厚な大河ドラマになることが確定

【【朗報】明智光秀の大河ドラマ『麒麟がくる』、マジで名作の予感 www】の続きを読む

このページのトップヘ