HKT48

1: 2019/01/16(水) 06:40:03.70 ID:10Jto5tx9

HKT48指原莉乃(26)が、15日夜に自身のツイッターで、13日放送のフジテレビ系「ワイドナショー」をあらためてチェックしたことを明かし、ダウンタウン松本人志(55)に対して「松本さんが干されますように」とつづった。

指原は15日午後11時34分に「ワイドナショー、緊張しすぎて本当に記憶がほとんどなく…

改めて録画をチェック…


……

…松本さんが干されますように(人)☆☆☆!!!」と書き込んだ。

これに対して、松本は16日午前0時23分に「指原様~☆」とリツイートした。

松本がレギュラー出演する「ワイドナショー」の13日放送で、NGT48山口真帆の暴行事件を取り上げた。コメンテーターとして出演した指原がNGT運営の対応を批判すると、出演者たちから運営入りを勧める声があがった。指原は「今回のことがあって、余計にメンバーと運営の間に立つ人間が少なすぎるので、そのケアはしたいなって思った」と述べるも、運営入りについては「現状、偉い人が仕切っても何もできない状況。私が(トップに)立っても何もできないと思うんです。人数が少ない運営なので」と固辞した。

そこで松本が「そこはお得意の身体を使って何かするとか…」とちゃかし、指原は「何言ってるんですか? ヤバ……」とドン引き。MCの東野幸治(51)も「すみません指原さん、本当にヤバイですね」とわびを入れた。

この松本の発言にネット上でも批判の声があがっていた。指原が、松本への批判をやわらげるために、あえて冗談交じりで「干されますように」とツイートしたことに、松本も感謝しているようだ。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190116-00448205-nksports-ent

【【HKT48】指原莉乃「松本さんが干されますように」】の続きを読む

1: 2019/01/13(日) 18:19:07.14 ID:JBj4WAWp9

HKT48の指原莉乃(26)が13日、自身のツイッターを更新。NGT48の山口真帆(23)が昨年12月、男性ファン2人から自宅に押しかけられる被害を受けた事件について、改めて心境を明かした。

指原は「わたしは真実をすべてわかってるわけじゃないから、わたしの気持ちが全て正しいわけじゃないけど、グループを守ってくれた先輩方と、それでもまだついてきてくれるファンの皆さんが好きなのよ」とAKBグループを引っ張ってきた諸先輩に感謝すると同時に、支えてくれるファンへの感謝をつづった。現在の心境については「今日も人の悪口探すためにインスタみてるし元気 心配してくれてありがとう」と明るく振る舞った。

指原は同日放送されたフジテレビ系「ワイドナショー」(日曜・前10時)で「すべての対応がひどかった。彼女に対する対応の仕方もそうですし、運営側が。こうなってしまった後の対応もすべてが間違っていた。このままうやむやにしては絶対にいけない」と運営側の対応に疑問を呈していた。

http://news.livedoor.com/article/detail/15867434/


意気地なしマスカレード

【【HKT48】指原莉乃「まだついてきてくれるファンの皆さんが好きなのよ」】の続きを読む

1: 2019/01/13(日) 11:52:28.63 ID:okvTyWk39

アイドルグループ・HKT48の指原莉乃(26)が、13日放送のフジテレビ系『ワイドナショー』に出演。NGT48の山口真帆(23)が暴行被害を受けた件についてコメントするなかで、今回の騒動の一番の問題点は“運営体制”と指摘した。松本人志が騒動に関する報道の中で“運営”という言葉が取り上げられるなかで「運営側っていうけど、どのくらいの人たちがやっているの?」と指原に尋ねると、「今回、私が一番問題だと思ったのは、誰がトップなのか、誰が仕切ってるのか、私ですら分からない」と現状を説明。

また、10日NGT48の運営が発表したコメントについても「名前も出ず、顔も出ず、誰が書いているのかも分からないコメントを中途半端に出して。こういう時に誰がコメントを出すのか、誰が一番最初に動くのかを仕切らないと」と疑問を呈した。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190113-00000324-oric-ent

【【HKT48】指原莉乃「一番の問題は運営の体制」】の続きを読む

1: 2019/01/13(日) 10:58:40.57 ID:mm1t2krw9

HKT48の指原莉乃(26)が13日放送のフジテレビ系「ワイドナショー」に出演し、NGT48の山口真帆(23)が昨年12月、新潟市内の自宅で男性2人から暴行された問題について、運営が明らかにした再発防止策を「全てが軽いように感じます」と批判した。山口暴行を受けて、運営は全グループメンバーへの防犯ベルの支給、各自宅への巡回等の対策を徹底するなど、再発防止策を講じるとしている。

指原は「それが一番自分の中で気になっていて。防犯ベルって、じゃあその瞬間引っ張って音が鳴って、誰がどうしてくれんのって話で。もちろん警戒はできると思うんですけど、じゃあその場でどうしてくれんの?って感じじゃないですか。なんでそこで、その(10日に運営が発表した)文章で、警備を強化して必ず自宅の玄関まで送るようにしますとか、そういう他の対処の仕方とか(ないのか)。全てが軽いように感じます」と、運営の対策を批判した。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190113-00000040-dal-ent

【【HKT48】指原莉乃「全てが軽いように感じます」】の続きを読む

このページのトップヘ