Time After Time

ブックマークしてね~! http://news.blogo.jp/

トピックス

1: 2016/01/15(金)11:19:58
「百度」提供のアプリ、スマホ乗っ取られる恐れ

 スマートフォンの基本ソフト(OS)「アンドロイド」端末向けに
国内で提供されているアプリに、本来存在しないはずの「バックドア」(裏口)が
あると指摘されていたことが分かった。

 情報セキュリティー会社はスマホを乗っ取られる可能性も指摘しており、
アプリ提供会社が利用者に対し、今月中のアプリ削除などを呼び掛ける事態になっている。

 このアプリは、中国検索大手の百度バイドゥが提供するアンドロイド用アプリ
「Simejiプライバシーロック」(SPL)。他人に見られたくないスマホの
写真やアプリなどに個別に鍵をかけ、非表示にする機能を持つ。
国内で約4500人がダウンロードしたとされる。
【【IT】中国検索大手「百度」提供のアプリアンドロイド用アプリ「Simejiプライバシーロック」、スマホ乗っ取られる恐れ [H28/1/15]】の続きを読む

1: 2016/01/08(金)19:37:21
<注目アニメ紹介>「GATE」第2クール 自衛隊の異世界ファンタジー再び

 オタクの自衛隊員と異世界などで奮闘するファンタジーアニメ
「GATE(ゲート) 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり」の第2クールが8日深夜から順次放送される。
柳内たくみさんのライトノベル(アルファポリス)が原作で、2015年7~9月に放映されたアニメの続編だ。
【【アニメ】「GATE」第2クール 自衛隊の異世界ファンタジー再び [H28/1/8]】の続きを読む

1: 2016/01/11(月)10:24:40
music.jp ニュース
エロが世界を救う!?地上波なのに過激なアニメTOP5

5位「最近、妹のようすがちょっとおかしいんだが。」

4位「お兄ちゃんだけど愛さえあれば関係ないよねっ」

3位「健全ロボ ダイミダラー」

2位「ハイスクールD×D」

1位「モンスター娘のいる日常」

【【アニメ】エロが世界を救う!?地上波なのに過激なアニメTOP5[2016/01/11]】の続きを読む

1: 2016/01/15(金)06:36:14
バス転落 39人ケガ、11人心肺停止か
(長野県)

(略) 

15日午前2時頃、長野県軽井沢町にある国道18号碓氷バイパスの入山峠付近で
群馬方面から長野方面に進んでいたスキーバスが対向車線をはみ出してがけ下に転落した。
警察や消防によると11人が心肺停止。
また、39人がけがをして長野県や群馬県の病院に運ばれたという。  
バスには約40人が乗っていて東京のツアー会社が運行していたとみられている。
【【社会】バス転落 39人ケガ、11人心肺停止か 長野 [H28/1/15]】の続きを読む

1: 2016/01/15(金)06:34:34
銃乱射犯に負け犬の若い男が多い理由
Why are Shooters Invaliably Young Men?
メディアが、銃乱射犯のことをはみ出し者として描き出すのも無理はない。彼らは往々にしてそういう人間なのだ
2016年1月14日(木)19時30分
フランク・マクアンドリュー(米ノックス大学心理学教授)

 殺人の85%以上は男性によるものだ。さらにいえば、同性間で発生した殺人の91%、
加害者と被害者が見ず知らずの同性間殺人の97%が、男性によるものだ。

 驚くべき数字だが、銃乱射事件といえば犯人は男性、というのもまた実感だ
(ただし、昨年12月にカリフォルニア州サンバーナディーノの福祉施設で発生した銃撃事件は、
夫婦2人が銃撃犯という異例のケースだった)。

 銃乱射事件が起きると、政治家とメディアは判で押したように精神疾患対策の不備や
銃規制の必要性といったお決まりの問題を引き合いに出して悲劇を読み解こうとする。

 しかし、こうした解釈はある重要な疑問を覆い隠してしまう。
つまり、銃乱射事件を起こすのがいつも男性なのはなぜか、
犯人が必ずといっていいほど若い男性なのはなぜなのか、という疑問だ。

 その答えのヒントは、進化心理学にある。

不安定な男らしさ
 心理学者のジョセフ・バンデロとジェニファー・ボッソンは、
「precarious manhood(不安定な男らしさ)」という用語を生み出し、
男性のみが直面すると思われるジレンマを説明しようとした。

 簡単に言えば、「男らしい」というステータスは、絶えず獲得し続けなければならないものだ、
というのだ。そして男性の自尊心は、「本物の男」としてみなされることと結びついている。

 不安定なのは、その地位がいともたやすく失われてしまうからだ。
身体的な勇敢さを試されたり、ほかの男性と人望や地位を争うときなど、状況はさまざまだ。

 筆者がそうした考え方を男子学生に紹介すると、すぐさま私の言わんとしていることを理解する。
だが女性は、困惑した表情を浮かべることが多い。
話をすれば、「男らしさ」は「女らしさ」よりも不安定であることは明らかだ。

 男らしさははかないものだが、それを獲得し続けなければ自尊心を保てない
──男性が直面するこのジレンマは、歴史をはるかに遡った有史以前から存在していた。

 動物の世界では、メスにとって最も魅力のないオス同士が、繁殖相手を求めて争う。
序列の高いオスは、常により多くのメスと繁殖機会を得るが、その地位をめぐる生存競争は熾烈を極める。
【【科学】銃乱射犯に負け犬の若い男が多い理由 [H28/1/15]】の続きを読む

このページのトップヘ