芸能

1: 2017/05/25(木) 01:39:55.29 ID:mxstIDqL0
プロデューサーの超お気に入りもえあず中心に番組が作られる
もえあずに勝てそうな人は書類選考落とし
混合戦で空気読まずもえあずに勝ったカワザイルは干される
世界戦で過呼吸ドクターストップ
視聴率大爆死

うーんこの

【もえあずとかいう偽大食い女王 wwwwww】の続きを読む

1: 2017/05/24(水) 07:21:36.40 ID:CAP_USER9

アイドルグループ「乃木坂46」が 24日発売「週刊ザテレビジョン」(KADOKAWA)6月2日号の表紙と巻頭グラビアに登場した。メンバーは西野七瀬さん、秋元真夏さん、松村沙友理さん、斉藤優里さん、寺田蘭世さんで、関東版の表紙では白を基調にした衣装で美脚をあらわにし、“生脚エンジェル”に変身した5人の姿が楽しめる。

一方、関西版の表紙では色とりどりの夏服姿を披露。またグラビアでは「ルージュ塗り合い」「ムギュムギュほっぺ」「添い寝」「ひざまくら」の四つのシチュエーションからなる接写カットが楽しめ、表紙を含めて写真は全てメンバーの手によるセルフ撮影になっている。

「週刊ザテレビジョン」6月2日号は関東版・関西版ともに350円。西野さん、秋元さん、松村さん、斉藤さん、寺田さんによる“座談会”も掲載している。

c58977f0.jpg


e9586daf.jpg


a57da2b1.jpg


【【乃木坂46】西野七瀬、秋元真夏、松村沙友理、斉藤優里、寺田蘭世が生脚エンジェルに wwwwww】の続きを読む

1: 2017/05/28(日) 00:38:22.67 ID:CAP_USER9

5月21日放送の『乃木坂工事中』(テレビ東京系)に、乃木坂46の山下美月(17)、齋藤飛鳥(18)が出演。実家での変わった食生活を明かし、バナナマンの設楽統(44)、日村勇紀(45)らを驚かせる場面が見られた。

今回は前回の放送に引き続き、自分の家庭だけの変わったルールやしきたりを発表する「これって我が家だけ? グランプリ」企画の後半が放送された。3番目に登場した齋藤は「日曜日はラーメンごはん」という習慣を発表したのだが、これがいわゆるラーメンライスではなく、ごはんの上にカップラーメンをかけ、さらに砕いたのり塩味のポテトチップスを乗せたもの。その変わった食べ方に、設楽は驚きの表情を見せていた。

この食べ方は母親の発明らしく、齋藤は「うち、すごいデブの食卓で」と実家の食生活についてコメント。これに設楽と日村は「(自分は)ガリガリじゃねえか」と、同時にツッコミを入れていた。

そして実際に齋藤家のラーメンごはんをスタジオで試食したのだが、意外においしかったようで、バナナマンやメンバーは夢中で食べ続けていた。

その後、山下が家で出るごはんは「全部、塩ごはんでした」と発表。山下家のごはんは、最初から塩をかけられているとのことで、おかずの味つけも濃く、最近では「実家帰ったら、なんかもうごはんにドレッシングかけて」と明かし、メンバーを驚かせていた。

しかしその一方で、ソースは使わないようで、揚げ物には塩を使用。その塩好きぶりに設楽が“しょうゆは使わないのか”と聞くと、「しょうゆもかけます。しょうゆかけて塩かけて」と告白。日村から「塩いらないじゃん。しょうゆかけたら」と指摘されたが、山下は塩の塩分に加え、しょうゆのコクも欲しいと主張し、日村を「そういうの、うまいんだ」と感心させていた。

「齋藤さんのラーメンごはんは、とにかく炭水化物の量が多いので、食べ過ぎると完全に太りますね。

山下さんの塩しょうゆごはんも、明らかに塩分過多です。まだ若く代謝の活発な二人だから健康に影響もないでしょうが、中高年には危険すぎる食べ方ですね」(料理研究家)――こんな物食べて、あんなに痩せているなんてズルイ!


no title
【【乃木坂46】齋藤飛鳥、実家のごはんが衝撃的!ごはんの上にカップラーメンをかけ、ポテトチップスを wwwwww】の続きを読む

1: 2017/05/24(水) 07:23:44.80 ID:CAP_USER9

アイドルグループ「乃木坂46」の3期生の山下美月さん、伊藤理々杏さん、大園桃子さんが、24日発売のマンガ誌「週刊少年サンデー」(小学館)26号の表紙と巻頭グラビアに登場した。

グラビアでは、山下さんら3人を「3人それぞれ違うけど……。共通するのは、圧倒的な“透明感”」と紹介。制服姿やワンピース姿を披露したほか、ショートパンツ姿の少しセクシーな写真も掲載された。

同号は、「神のみぞ知るセカイ」などで知られる若木民喜さんの「キング・オブ・アイドル」が巻頭カラーを飾った。

efed180a.jpg


【【乃木坂46】山下美月、伊藤理々杏、大園桃子がグラビア!圧倒的な透明感 wwwwww】の続きを読む

このページのトップヘ