Time After Time

2chまとめブログです!芸能・アイドル・スポーツ・なんJ・VIP・・・!

芸能

1: 2017/04/25(火) 01:45:33.87 ID:CAP_USER9

北条司「エンジェル・ハート2ndシーズン」が、5月25日発売の月刊コミックゼノン7月号(徳間書店)にて完結を迎える。本日4月25日発売の同誌6月号に予告が掲載された。

「エンジェル・ハート」は、代表作「シティーハンター」のキャラクターや設定を使って新たな物語を紡いだリメイク作品。2001年に週刊コミックバンチ(新潮社)で連載が始まり、2010年からは掲載誌を月刊コミックゼノンへと移籍しタイトルが現在の「エンジェル・ハート2ndシーズン」へと変更された。2005年にはテレビアニメ化、2015年にはテレビドラマ化もされている。

ゼノンでは、完結を迎える7月号から記念企画を多数展開。3号連続付録の「エンジェル・ハート」名場面クリアファイルを始め、作品の歴史を振り返る「HISTORYofXYZ」や、ゼノン作家陣が描き下ろしイラストを寄せる「私のエンジェル・ハート」、北条の描き下ろしミニ色紙が「エンジェル・ハート」全443話に合わせて443名に当たるプレゼント企画などを実施する。東京・吉祥寺のCAFEZENON、ソラZENONでも関連したイベントや展示が行われる予定だ。
【エンジェル・ハート完結へ!シティーハンターのリメイク作品 wwwwww】の続きを読む

1: 2017/04/24(月) 16:09:34.96 ID:CAP_USER9

女優の宮崎あおいが出演する清涼飲料水の新CMが4月21日からスタートした。

海外の駅に降り立った宮崎が人混みをよけて「あわてないあわてない」と清涼飲料水をゴクリ。一休さんをモチーフにしている。

このCMが始まると、ファンの間で悲鳴があがった。「宮崎は髪の毛をベリーショートにしているのですが、はっきり言ってこれが似合っていないんです。『森ガール』と呼ばれた彼女のキュートさは微塵も消え失せ、なんだか強そうに見えますね」(エンタメ誌ライター)

さっそくネットやSNSにも非難の声が続々と上がり「まったく似合っていない」「かわいくない。誰がこれをやろうといい出したのか」といった意見が見受けられる。

「そんな意見の中でも特に支持されているのが『デビュー直後の森昌子にしか見えない』という意見です。これには思わず膝を打ってしまいました。しかも、沢尻エリカが現在アルコール飲料のCMに出演していて、同じぐらいの長さのベリーショートにしています。沢尻はショートが似合っていてとてもきれいなんですが、宮崎は‥‥。比較されて公開処刑状態になっています」(前出・エンタメ誌ライター)

ショートの宮崎をどう思うか、交際中だとされるV6の岡田准一に聞いてみたいものだ。



no title

【【悲報】宮崎あおい、ショートカットが似合わなさすぎて沢尻エリカに公開処刑 wwwwww】の続きを読む

1: 2017/04/25(火) 19:58:10.08 ID:CAP_USER9

嵐・相葉雅紀(34)が主演を務める月9ドラマ『貴族探偵』(フジテレビ系)の第2話が4月24日に放送され、平均視聴率が8.3%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)だったことが分かった。初回は平均視聴率11.8%をマークし、毎回のように低視聴率が話題になる「月9」枠で3期ぶりの二桁発進と期待は大きかかった。しかし、その好スタートの一方で「相葉くんの棒演技が酷すぎる」「次から見ない」などと酷評が噴出。早くも2話目で一桁に急落してしまったことで「月9の息の根を止める作品」といった声まで上がっている。

■初回の“棒演技”で嵐ファン以外は見限った?

同ドラマは人気作家・麻耶雄嵩氏(47)のミステリー小説を原作に、貴族を名乗る謎の貴族探偵(相葉)が召使いに推理をさせて自分は何もしないという異色の探偵モノとなっている。

準主役の女探偵役に武井咲(23)、貴族探偵の師匠役に井川遥(40)、メイド役の中山美穂(47)、執事役の松重豊(54)、運転手役の滝藤賢一(40)、刑事役の生瀬勝久(56)、さらにスマホの秘書アプリの音声を仲間由紀恵(37)が担当するなど月9史上屈指の豪華メンバーが脇を固めており、死角はないように思われた。

ところが、初回は肝心の主演を務める相葉の“棒演技”に酷評が噴出。ネット上で「相葉くんの演技が酷すぎる」「ひとりだけ学芸会レベル」「まったく貴族に見えない」「ドラマ面白いのに相葉ちゃんの棒演技で台無し」などと散々に叩かれてしまった。豪華な脇役陣の演技が完璧であるために、余計に相葉が悪目立ちしてしまった面もある。

「決してドラマのデキは悪くなく、原作ファンからは概ね好評でした。さらにF2層(女性35?49歳)、F3層(女性50歳以上)の支持も高いというデータもある。しかし初回の相葉さんの演技によって、いわゆる”嵐ファン以外”の視聴者が大量に離れてしまったようです。正直、庶民派の相葉さんに貴族キャラを求める方がおかしいので気の毒でもありますが……。また、事件を締める“おいしい役どころ”のはずの中山さんの演技も評判がよろしくない。そういった原因が積み重なり、一桁に急落してしまったといえそうです」(テレビ局関係者)

役柄と合っていようがいまいがジャニーズタレントが主演、なぜ起用したのかよく分からない老け顔が目立つメイド役の中山美穂。いずれも過去の黄金期が忘れられないフジテレビの時代錯誤が生み出したミスキャストといえそうだ。 
【巨額予算でも大コケ?嵐・相葉雅紀『貴族探偵』一桁落ちで関係者も騒然 wwwwww】の続きを読む

1: 2017/04/25(火) 11:15:12.57 ID:CAP_USER9

4日に放送された『貴族探偵』(フジテレビ系)第2話の平均視聴率が8.3%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことがわかった。

初回こそ2ケタ視聴率を確保し、ここ最近の月9の中では飛びぬけた数字を残したものの、2話で一気に1ケタ突入。

ここ数年の作品の中でもダントツの豪華キャスト、制作費をかけているという話もあっただけに、今回の数字はフジテレビとしてもショックが大きいだろう。

 もともと主演の相葉雅紀に大きな不安があったが、中山美穂や武井咲などの演技にも酷評が相次いでいる状況ではあった。今回の結果にも「予想通り」という声が多数。そこまで視聴率急落は目に見えていたのか。

「全体的にミステリーなのに緊張感がなく、次が気になる構成ではないという指摘は多いですね。コメディタッチでもいいのですが、そこから引き込むものがないということでしょうか。相葉くんの演技も微妙ではありますが、貴族役というのはそもそも難しい。少々気の毒ではあります」(記者)

嵐主演ということだが、それではカバーできないほど内容が視聴率獲得に向いていないということだろうか。このままでは莫大とされる制作費の回収すらおぼつかないのではないか......。ネット上では、結果が出ないなら「特別措置があるのでは」なんて声も。

「今後は豪華キャストのギャラを減らすべく、毎回一人ずつ消えていくのでは......なんて揶揄されています。

ミステリーですしそんな展開はある意味おもしろいかもしれませんが、原作もありますのでそれは難しいでしょう」(同)すでに八方ふさがりの『貴族探偵』。今後も視聴者は離れていくのだろうか。
【【悲報】フジテレビさん、ショック・・・貴族探偵、視聴率大暴落 wwwwww】の続きを読む

1: 2017/04/25(火) 04:17:04.61 ID:CAP_USER9

映画『アメリカン・ジゴロ』や『プリティ・ウーマン』など大手スタジオのAリスト(一流クラス)俳優として活躍するも、反中国発言でハリウッド追放状態となったリチャード・ギアが、The Hollywood Reporter に胸の内を明かした。中国は今やアメリカに次ぐ世界第2位の映画市場となっており、ハリウッドが中国と親和性を高めていることはよく知られている。

熱心なチベット仏教徒かつ人道主義者であるリチャードは、1993年のアカデミー賞授賞式でプレゼンターを務めた際、台本を無視し、中国によるチベット抑圧は「恐ろしく人権が侵害された状態」だと非難。激怒したプロデューサーにオスカー出禁にされるも、2008年には北京オリンピックのボイコットを訴え、2012年にもインドで行われた仏教イベントで中国について「世界で最も偽善的な国」を語るなど、臆することなく発言を続けてきた。

仕事への影響を実感したのは『北京のふたり』(1997)でのことで、突然、スタジオからプロモーション活動をしないでくれと言われたという。「そのとき、MGM(メトロ・ゴールドウィン・メイヤー)は中国と契約を結びたかったんだ。だからこの映画を捨てることにしたんだよ」。そしてリチャードは、ここ10年は大手スタジオの作品に出演していない。事実上のハリウッド追放状態について「中国が『彼が出ているならダメだ』と言うだろうからということで、僕が出演できなかった映画はもちろん何本もある。最近も、僕が出ていたら中国を怒らせるだろうから、出資はできないという話を聞いたばかりだ」と淡々と明かした。

また、近年はインディペンデント映画界に活躍の場を移したが、中国での公開を見込んでいない小規模な作品においても圧力をかけられたことがあるとのこと。「中国の監督と仕事をすることに決まっていたのだが、撮影2週間前に彼から『申し訳ない。できなくなってしまった』と電話があった。安全な回線で話したのだが、もし僕と仕事をすれば、彼と彼の家族は二度と中国を出られない、二度と仕事ができない、ということだった」。 
【リチャード・ギア、反中国発言でハリウッド追放 wwwwww】の続きを読む


このページのトップヘ