プロ野球タイムズ【野球まとめ】

プロ野球ニュース、試合結果、スコア速報、選手の移籍情報、ファンの反応
NPB、MLB、WBC、侍JAPAN、高校野球・・・野球まとめブログです~!

エンタメ

1: 2017/10/01(日) 13:43:27.94 ID:CAP_USER9

女優の有村架純が29日、NHKの「あさイチ」に生出演。有村は30日で最終回を迎える連続テレビ小説「ひよっこ」で主人公の谷田部みね子を演じているが、視聴者からの質問で、有村本人は「ヒデ派」であることを告白した。

「ひよっこ」では有村演じるみね子の恋が2度、描かれている。一度目は同じあかね荘に住んでいた大学生の島谷純一郎との恋。2度目はすずふり亭で一緒に働くコック・シェフのヒデとの恋。ネットでは、「島谷派」と「ヒデ派」に別れ、それぞれが熱い思いをみね子に重ねていた。

あさイチでは、早速視聴者から「みね子ではなく、架純ちゃんだったら島谷さんとヒデさんのどちらのタイプが好きですか?」の質問が。有村は一瞬考え込んだものの「私はヒデさんかな~」とヒデ派であることを告白。「島谷さんもすごく自分にはない部分があるんですけど、等身大でいられるのはヒデさん。ヒデさんは背伸びしなくていい」と、ヒデ派の理由を語った。

井ノ原快彦も「島谷さん、色々大変そうだもんね。会社のこととか」と、島谷は実家の会社を継ぐために佐賀県に戻った経緯に触れると、「憧れの存在ではあるけど…」と話していた。

また、島谷と別れた直後のシーンについても言及。バー「月時計」で迎えに来た親友の時子に抱きつき、「島谷さんにすごいひどいことばっかり言って…」と号泣したセリフはアドリブだったことも明かしていた。

また、番組では、有村の母からの手紙を紹介。母は「ヒデ派」か「島谷派」かという質問に「私はみね子のお父さん、実派です」と回答、有村も「そっちか」と爆笑していた。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170929-00000047-dal-ent 
【有村架純、ヒデ派を告白!母はまさかの www】の続きを読む

1: 2017/10/01(日) 22:32:39.43 ID:CAP_USER9

ダレノガレ明美(27)が自身のインスタグラムを更新した。ダレノガレといえば、自身のTwitterやインスタグラムであの体形をキープするために行っているトレーニングの風景などを度々公開し、多くの女性が参考にしていることでも有名。

そんなダレノガレが23日に公開した写真は露出の激しいトレーニングウェア姿で街を歩いている姿だった。この写真には「毎回ウェアで行き、ウェアで帰る。太りやすい体質だから自分で自分の管理をしてます!モデルさんはどうせ太らないんでしょ?って言われるけど、私はすぐ太るし、モデルにしては背も大きくないから、しっかり自分の体を知って嫌いだった太りやすい体質、背の小ささも好きになっていこうと思ったの。(中略)もう67kgには戻らない。」というコメントが添えられていた。

この投稿にフォロワーからは「すごく励みになる!!」「ダレちゃんでもそんなこと思っているんだね」「私も頑張ろう!って思えました!」などのコメントが多く集まった。

また、この写真のコメントで「まずは自分で試して良かったらみんなにもしっかり教えていくからね。」とも言っているダレノガレ。その言葉で、より信用できるトレーニング法とフォロワーたちは感じたようだ。過去に体重67kgあったことも明かしたダレノガレだが、現在の体型になったのは彼女自身の努力の賜物なのかもしれない。

http://dailynewsonline.jp/article/1360572/

no title

【ダレノガレ明美、露出激しいトレーニングウェアで街を闊歩「もう67キロには戻らない」】の続きを読む

1: 2017/09/30(土) 05:07:58.26 ID:CAP_USER9

今月20日、突如、来年9月16日に引退することを発表した歌手の安室奈美恵(40)。

28日に更新された公式サイトでは、オフィシャルファンクラブが来年9月30日をもって終了することが発表されるなど、着々と引退に向けてのカウントダウンが進んでいるが、仰天情報が飛び込んできた。

「とりあえず一度は引退しますが、その後、何年かしてほとぼりが冷めたら電撃復帰する“青写真”がすでに描かれているというのです。もちろん絵を描いているのは不倫交際が報じられている音楽プロモーターのようです」(レコード会社関係者)

もともと、安室は14年夏にデビュー以来所属していた事務所との“奴隷契約”が原因で独立騒動に発展していることが「週刊文春」(文芸春秋)によって報じられた。翌15年1月に晴れて独立を果たしたが、後に同誌が報じたところによると、独立騒動の最中、前事務所社長に引退を宣言する手紙を送り付けたものの、突っぱねられた経緯があったという。

「前事務所社長は芸能界きってのコワモテで知られている。安室にとっては“育ての親”にあたり、そんな安室に裏切られて激怒。安室が活動をできないように潰そうとしたため、安室は引退する覚悟で手紙を送った。結局、安室の独立で話は収まったが、前事務所にそれなりの“上納金”を支払っていたようだ」(同)

安室の独立後、所属事務所は“ポスト・安室”として西内まりや(23)を猛プッシュ。しかし、安室の足元にも及ばなかっただけに、前事務所もそう易々と安室との関係を断ち切ることは避けたかったようだが、引退の報道時、前事務所社長は引退発表の当日にレコード会社から聞いたことを一部スポーツ紙に明かしていた。

「引退していったん現在の人間関係をリセット。そのうえで、数年後にオリジナルレーベルから復帰する計画のようだ。ライブでがっぽり稼いでいる安室だけに、事務所もレコード会社も独自に立ち上げれば活動に何の支障もない。おまけに、プロモーションしなくてもライブのチケットはバンバン売れる」(芸能記者)

引退後を見据え、京都に高級マンションを購入しているという安室だが、ひっそりと復帰計画を練り込むに違いない。

http://wjn.jp/article/detail/4317425/
【早くも浮上した安室奈美恵の電撃復帰説 www】の続きを読む

1: 2017/09/30(土) 05:35:15.92 ID:CAP_USER9
no title


9月23日に初日を迎えた映画「ユリゴコロ」で主演を務めている吉高由里子。

公開初日の舞台挨拶に登場した彼女は、同作について「自分も摩耗した作品」と表現。「ずっと泣きっぱなし」と撮影時を振り返り、作品への思い入れを語った。

吉高にとって映画「僕等がいた」以来、5年ぶりの映画主演作となった同作品だが、関係者の評判は上々のようだ。

「ここ数年の邦画の中でも屈指の出来栄えではないでしょうか」と語るのは映画関係者だ。

「初週8位と興行収入は思ったより伸びていませんが、シナリオも映像も本当に素晴らしい。十分巻き返しを狙える作品です」と語る同氏は「吉高ファンの男性なら劇場に足を運んでも絶対に後悔しませんよ」と断言する。

「作中、松山ケンイチとのハードなベッド艶技を見せるシーンがあるんですが、とにかく吉高の色香がものすごい。試写会で見ていて目が釘付けになりました」

熱く「ユリゴコロ」の魅力を語る同氏だが「劇場公開に関して非常に不安に思える要素があるんですよ」とも漏らす。

同作の「非常に不安な要素」とは──。

「ホラー表現が生々しすぎて劇場で失神する人が出るんじゃないかという危惧です。吉高が刃物で他人の腕を切るシーンでは思わず目をそむけてしまいました」(前出・映画関係者)

ホラー表現も大きな特徴の同作。吉高の艶技を見るまでに失神しないよう気をつけたい。

https://news.infoseek.co.jp/article/asageiplus_89915/
【吉高由里子、ハード艶技な最新主演映画の失神者続出危惧シーンとは?】の続きを読む

1: 2017/09/30(土) 13:13:56.37 ID:CAP_USER9
2000年7月、沖縄サミットで世界の首脳を前にイメージソング「NEVER END」を歌う安室奈美恵さん
no title

沖縄県の翁長雄志知事は29日の県議会(新里米吉議長)9月定例会の一般質問で、県出身歌手の安室奈美恵さん(40)に県民栄誉賞を授与する考えを示した。翁長知事は安室さんのデビューから25年間の国内外での活躍を「県民の誇り」とたたえ、「県民の皆さまは十二分に理解している。実績を踏まえ議論し、期待できるような形で物事が進むと思う」と県民の理解を得て、授与する方針を明らかにした。山川典二氏(沖縄・自民)の質問に答えた。

同じく引退を表明している県出身プロゴルファーの宮里藍さんとともに、「さみしく思うと同時に、引き際の鮮やかさが多くの方々に感動を与えたのではないか」とも語った。

安室さんは今月20日、自身の公式サイトで来年9月16日に引退する意向を表明した。1992年にアイドルグループ「スーパーモンキーズ」のメンバーとしてデビュー。95年に「太陽のSEASON」でソロ活動を開始し、シングル「CAN YOU CELEBRATE?」は売り上げ200万枚、アルバム「SWEET 19 BLUES」は300万枚を超える大ヒットとなった。

ファッションをまねた女性「アムラー」も社会現象となるなど国内外で人気を集めた。

http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/149470
【安室奈美恵さんに県民栄誉賞!沖縄の誇り・・・知事が意向示す www】の続きを読む


このページのトップヘ