Time After Time

2chまとめブログです!芸能・アイドル・スポーツ・なんJ・VIP・・・!

芸能

1: 2017/03/28(火) 05:04:24.69 ID:CAP_USER9

北乃きいがSEXYキャリアウーマン!『社長室の冬-』で女の色気魅せる


女優、北乃きい(26)が4月30日スタートのWOWOW連続ドラマ「社長室の冬-巨大新聞社を獲る男-」(日曜後10・0)に出演することが27日、分かった。総合司会を2年務めた日本テレビ系「ZIP!」を昨年9月に卒業後、初の女優作品で、キャリアウーマン役に初挑戦。役者人生で初めて髪を40センチ切った北乃は「今は撮影している夢を見ます。役に入り込んでいる証拠なので幸せ」と芝居に燃えている。

ホットなニュースをお茶の間に届けてきた北乃が、再び“女優一本”で熱い演技を披露する! 2014年9月から昨年9月まで「ZIP!」(月~金曜前5・50)の総合司会を担当し、女優業と両立してきた北乃。番組卒業で時間の制約がなくなり、芝居に打ち込む日々に「すごく頑張っていますと自分で言えるぐらい、頑張っています」と笑顔を見せた。

元新聞記者の作家、堂場瞬一氏(53)原作の「社長室の冬」は、日本を代表する新聞社が身売りを決意し、米巨大ネットショッピング会社との交渉を始めるも、過激な要求を受けて翻弄される様子を描く作品。

北乃は、主演の三上博史扮するネットショッピング会社の日本法人社長・青井聡太の娘で父の秘書を務める亜都子役。トランプ米大統領(70)ばりに過激な弁論術を駆使する父の右腕で、トランプ氏の長女で実業家、イバンカさん(35)を彷彿させるキャリアウーマンを演じる。

「ZIP!」出演中に大統領選を伝えた経験があり、豊富な知識と語彙力を持つ才色兼備の演技派として起用され、同番組卒業後初のドラマが決定。等身大の女性役が多かった北乃が“デキる大人の女”に初挑戦する。

セクシーで勝ち気な亜都子になりきるため、自身の提案で役者人生で初めて髪を40センチも切った。さらに色気のあるしぐさを学ぶため、プロのダンサーに歩き方やイヤリングの触り方などを習い役作りも徹底した。

2年ぶりに演技ざんまいの日々に戻った北乃は「今は撮影している様子の夢を見ます。起きても疲れているときがありますね。合間を縫っての仕事だと夢を見ないから、役に入り込んでいる証拠。それに殻を破れるようになったかも。今なら何でもできる気がします」と瞳を輝かせた。

生放送の司会で成長した北乃が、女優としても新たなステージに進む。


・胸元が開いたキャミソール&ジャケット姿で挑発的な視線を送る北乃きい。ストイックに役作りしたセクシーなキャリアウーマン姿は必見!(写真:サンケイスポーツ)
no title
【【朗報】北乃きい(26)女の色気を魅せる wwwwww】の続きを読む

1: 2017/03/28(火) 05:14:33.61 ID:CAP_USER9

・愛するこの衣装と一緒に…会いに来ました! [taotsuchiya_official]
no title

・カッパは横から見ると、かなりおなかがフンワカしているのです [taotsuchiya_official]
no title

no title



女優の土屋太鳳が、26日にSNSで公開した“河童(かっぱ)”姿が大きな反響を呼んでいる。頭頂部に皿を乗せ全身緑のコスチュームでも「カッパ太鳳ちゃん可愛すぎ」「こんな可愛いカッパ太鳳ちゃんだけ」とファンを魅了しているのはさすがだ。

この日は都内で行われた映画『PとJK』の舞台挨拶で、劇中で披露した河童コスで登場した土屋太鳳。同作は内緒の結婚生活を送る警察官の佐賀野功太(亀梨和也)と女子高生の本谷歌子(土屋)が織りなすピュアラブストーリーで、この衣装は彼女が学校の文化祭で着用していたものであり、河童の姿で演じた空き教室でのラブシーンは観客に強い印象に残している。

そんな彼女は『土屋太鳳 taotsuchiya_official Instagram』で、「今年のハロウィン、ぜひぜひカッパはいかがでしょうか♪ 本気でおすすめ!」と記している。また、『PとJK』の公式ツイッターでは河童ダンスも披露するなどノリノリで、本人もこの河童コスは大のお気に入りのようだ。

だが、フォロワーからは「太鳳ちゃんの見ちゃったら違いすぎてできないよ(笑)」「こんなに可愛く着こなせるのは太鳳ちゃんだからです」との声が目立つ。 
【【朗報】土屋太鳳さん、可愛すぎる河童コスを披露 wwwwww】の続きを読む

1: 2017/03/28(火) 02:59:40.16 ID:4qCmRjfL0

連続ドラマ『リバース』(TBS系) 原作:湊かなえ

平凡な毎日を送っていた主人公・深瀬和久(藤原竜也)の恋人・美穂子(戸田恵梨香)のもとに
「深瀬和久は人殺しだ」と一通の手紙が届き、藤原演じる主人公が封印していた
“暗い過去”に向き合っていくというストーリーだ。

【【悲報】藤原竜也が4月から主演するドラマのストーリー wwwwww】の続きを読む


このページのトップヘ