★芸能

1: 2018/08/18(土) 19:59:01.76 ID:bSdWJe520 BE:328765197-2BP(1669)

https://sirabee.com/2018/08/17/20161754249/
■「ポッキー」で息子と熱いキス?
辻は13日に自身のインスタグラムを更新。海辺で息子とポッキーを食べる様子を公開した。「ポッキーチュウ」とコメントが添えられたこちらの投稿。息子と熱いキスを交わしているかのような写真も。
no title


■「これは引く」とファン絶句
こちらの投稿は、女性向け匿名掲示板『ガールズちゃんねる』でも話題となり、辻の行為に批判的な意見が相次いで寄せられている。

・子供と口同士でキスしてるお母さんいるけど結構引く
・いちいち叩かれてかわいそうだな?って思っていたけど、これは引く
・ほっぺにチュッにしとけばいいのに、口と口とかは子供が小さくても引くわ
・何のために、こんなことするの? 私も男の子二人いるけど、ほっぺにキスくらいだよ

辻に限らず、我が子の唇にキスをする親について「理解できない」といった声が目立つ。中には「虫歯菌がうつりそう」など、衛生面を危惧する声も。

■「子供がかわいそう」との声も

また、「母親とキスをする写真」をSNS上で公開されてしまった子供を心配する声も多く寄せられている。
・がっつりキスしてるのを世界発信するとか子供がかわいそう
・口ちゅーも問題なんだろうけど、1番の問題は写真をネットにアップする行為じゃない? 子供が思春期になったときかわいそう……
・(辻を)擁護してる人はもし、自分の彼氏や旦那の写真見てたらお母さんとポッキーちゅうしてる写真発見しても引かないで微笑ましく思えるのかね。私は無理だわ。見方変わるか、しばらくモヤモヤする自信あるわ


子供とキスをしたとしても、その写真をSNSで公開してしまうのはいかがなものか…とする意見が目立つ。また、「自分の彼氏や夫が母親とポッキーチュウをしている写真を見つけたら…」と想像を膨らませたうえで、子供の将来への影響を指摘する声も。
【辻希美、息子とのキス写真が「これは引く」「子供かわいそう」「性的なスキンシップ」と騒然 www】の続きを読む

1: 2018/08/18(土) 20:16:23.58 BE:599478628-2BP(1500)

前田敦子と勝地涼の披露宴中継をテレビ局争奪戦 フジは3億円提示情報も

交際発覚からわずか半年足らずでスピード結婚をした元AKB48で女優の前田敦子(27)と俳優の勝地涼(31)。この新婚カップルに色めき立っているのがテレビ界だ。あわよくば披露宴中継で高視聴率を取ろうとソロバンをはじいているからだ。「芸能人の披露宴中継は高視聴率が約束された“お宝コンテンツ”。過去には2007年の『陣内智則と藤原紀香の披露宴』は関東で24・7%、関西で40・0%でした。10年の『市川海老蔵と小林麻央の披露宴』は関東で18・7%。いずれも億単位の放映権料が発生していますが、それだけ出す価値があるものです。もし、前田と勝地の披露宴中継が実現できれば視聴率20%超えは確実でしょうね」(編成関係者)

もっともここ最近、大掛かりな結婚披露宴を行って中継もさせる芸能人が激減しているのも事実なのだ。「最近はお金には換えられないプライスレスな思い出や家族関係を大事にする芸能人が激増しているんです。また、テレビ局から莫大な放映権料が出るとしても、地味婚でも良いという話になるケースは多いし、そもそも、披露宴そのものをやらないというケースだって増えている。それに離婚した時のリスクもありますからね」(キー局編成関係者)

さらに最近は披露宴の中継に対し、快く応じてくれるホテルを見つけるのも一苦労だという。「コンプライアンスや個人情報保護法がハードルを高くしているんです。一般の招待客全員から契約書のような出演承諾書を、それこそ子供から大人まで全てもらうんです。実務はテレビ局がやるとしても、根回しなどは披露宴の主役である芸能人の協力が必要となる。非常に面倒なんですよ」(制作関係者)

確かにここ数年間で山本耕史&堀北真希、南明奈&よゐこの濱口優、北川景子&DAIGOなど多くの芸能人夫婦が誕生しているが、誰一人として披露宴中継を行っていない。そんな中にあって最後の希望の星と言われていたのが勝地&前田の2人だという。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180818-00000000-tospoweb-ent

前田敦子と勝地涼
no title

【【元AKB48】前田敦子と勝地涼、結婚式テレビ生中継へ!フジテレビが3億円提示 www】の続きを読む

1: 2018/08/18(土) 22:46:22.83 BE:599478628-2BP(1500)

矢吹奈子ちゃん17歳
no title

no title

no title

no title

no title

no title

no title

動画
君に届くようにチーム(矢吹奈子、ナ・ゴウン、チョ・ユリ、チャン・ギュリ、キム・チェウォン)


『PRODUCE 48』で露呈した、日韓アイドルの決定的な違い 同調のみでは突出した才能は生まれない

【【悲報】韓国アイドルさん、AKB48・矢吹奈子さんを容赦なく処刑 www】の続きを読む

1: 2018/08/18(土) 10:59:08.89 ID:CAP_USER9

https://www.nikkansports.com/entertainment/news/201808180000318.html

モデルの水原希子(27)が、自身の発言を曲解されることに「ちゃんと説明したいのに、他人が関わってるから説明出来ないもどかしさ」と苦しい胸中を明かした。水原は18日、ツイッターを更新。「何か言う度に勘違いされるの、、前は気にしてなかったけど、なんか嫌になってきたなぁ」と書き出した。詳細については明かさなかったが「ちゃんと説明したいのに、他人が関わってるから説明出来ないもどかしさ とにかく心配しなくて大丈夫ですよ!!と強く言いたい!笑」と訴えた。

水原はこれまで、さまざまな言動で注目を浴びてきた。ネット上では人種差別的な表現を含む誹謗中傷を受けることがたびたびあった。また、今年3月にはファッション業界に存在する差別の実情を暴露し、物議をかもした。そのほか、恋愛関係でも韓国のアイドルグループ、BIGBANGのG-DRAGONや、俳優の野村周平との交際を週刊誌に報じられ、注目を集めた。
【水原希子「何か言う度に勘違いされる…嫌になってきた」】の続きを読む

1: 2018/08/18(土) 11:05:24.51 ID:CAP_USER9

https://www.musicvoice.jp/news/201808180101019/

歌手のきゃりーぱみゅぱみゅ(25)が17日放送の日本テレビ系『アナザースカイ』に出演。デビュー以降の葛藤を語る一方で、「『えっ、これは夢なのかな』みたいなライブをやっていきたい」とアーティストとしての望みを率直に話した。
16年末に映画『SING』のワールドプレミアに招待されて以来となる米ロサンゼルスを訪問したきゃりー。25歳を迎え、大人っぽさに興味を持つようになってきたと言い、お洒落な雑貨店などに足を運びながら、過去のエピソードや思いを語った。

2013年の『NHK紅白歌合戦』では、うんちをモチーフにした衣装を採用。ところが、「一応、なんか言われた時のために、これはソフトクリームと言えるように、イチゴとかトッピングして免れようとしてました」と明かし、「もう時効なんでしゃべってます」と懐かしそうに笑みを寄せた。ただ、2011年、初となる海外ライブでは大きな屈辱を経験した。楽曲「PONPONPON」と「つけまつける」の2曲しか発表していない時、訪れたLAの小さなステージで、「PONPONPON」の楽曲中に音響のミスで音が止まるハプニングがあった。「私の人生の中でかなりエモい話」と話すきゃりーは、衣装のまま道路上で泣いたという。

その後、2013年に8カ国、2014年に11カ国、2016年に6カ国をまわるワールドツアーを成功させ、今年は4カ国7都市のツアーを実施。LAでもステージに立ち、番組ではそのライブの模様を紹介。ファンを巻き込んだカラフルでファンタジックなライブ空間が映し出された。ただ、きゃりーのキャリアは順風満帆だったわけではないようだ。インタビューの中で、きゃりーは「別に私、ロボットじゃないのに、きゃりーぱみゅぱみゅとしてモノとして扱われることが嫌だなって思うのがあって」との葛藤も抱えていたようだ。

そのきゃりーは、自身の楽曲「もんだいガール」の歌詞に触れ、「“機械みたいに生きてるわけじゃない”という歌詞があるんですけど、初めて歌詞を見たときに震えて泣きそうになった。こんなふうに曲にできるんだ」と感激したことを語る。20代前半の女性がロボットのような生活を余儀なくさせることへの反発。好奇の目にさらされることから逃げ出したい気持ちも強かったきゃりーだが、「ここ最近の喜怒哀楽が本当にすごくて」「賛否両論なこととかありますけど、おかしいなって思うことはちゃんとおかしいなって自分で言えるようにしたい」と、自ら殻を破ろうと取り組んでいることを明かした。

そのきゃりーは抱負を口にする。「もともとは夢みたいなことを現実で表現できる女性になりたいなと思って、そういう気持ちでミュージックビデオだったり、今回やってるライブだったり、『えっ、これは夢なのかな』みたいなライブをやっていきたい」と語る。そして、「その時に面白いなってこととか、自分の中に取り込んで発信していけたらいい」と自らのこれからを見つめていた。

no title

【きゃりーぱみゅぱみゅ「ロボットじゃないのに…モノとして扱われることが嫌」】の続きを読む

このページのトップヘ