スポーツ

1: 2017/04/01(土) 19:44:22.67 ID:CAP_USER9

今、ある「改革」が競馬界を激震させている。騎手や調教師の間で論議を呼び、「審議ランプ」が点灯中の問題とは──。

競馬解説者が言う。「きっかけは、競馬ファンからJRAへかかってきた苦情の電話だったようです。例えば、ある騎手を担当するエージェント=トラックマンが紙面で、その騎手が騎乗する馬に重い印を打って、凡走することがある。それが馬券操作ではないのか、というようなものらしい。あるいはその逆で、担当騎手の馬がすごく気配がいいのに印を打たず、エージェントが自分で馬券を買って儲けることができるんじゃないか、とか。そこでJRAは、現在のエージェント制度(騎乗依頼仲介者制度)を廃止し、来年1月から新たに『騎手代理人制度』なるものを運用すべく、動きだしたのです」

騎手本人に代わって馬主や調教師と接触し、騎乗馬の交渉、確保を行うのがエージェントで、1人のエージェントが担当できる騎手は最大で、3人+減量騎手1人。各専門紙のトラックマン、元トラックマンがそのほとんどを担っているのが現状だ。

JRAが提唱する新制度は、「疑念払拭」のため、そうした予想行為ができる人物を排し、同時に、1人の代理人が担当できる騎手は1人だけ、というもの。「馬券予想に関与する人がエージェントをするのはダメだというのは、心情的にはわかります。しかし、さすがに競馬の素人にやってもらうわけにもいかない。例えば、牧場のスタッフや装蹄師などになるんですかねぇ‥‥」(前出・競馬解説者)

今年に入り、JRAは騎手会、調教師会と意見交換会を開き、エージェントに対しても、説明会が行われた。先の横山と蛯名は「そういうことなら、エージェントに頼むのをやめる」と、新制度運用開始を待たず、自分で騎乗馬探しをすることにしたという。

こうした「改革」の提唱に、騎手会や調教師会は困惑の色を隠せない。トラックマンが言う。「特に関西騎手会は猛反発しています。所属騎手に匿名でアンケート調査を行った結果、圧倒的に反対の声が多かった。福永祐一(40)などは『報道関係の人(トラックマン)にやってもらわないと、自分は成り立たない。独立では無理』と訴えている」

福永の言う「独立」とは、新制度ではトラックマンに頼むことができないため、新聞社などに所属しない「フリー」の立場の人物を採用することを指している。つまり、その騎手専属として働く代理人だ。福永が訴える問題点はまず、ここにある。
【【朗報】JRA・エージェント制廃止に騎手会猛反発 wwwwww】の続きを読む

1: 2017/04/01(土) 23:19:18.66 ID:CAP_USER9

プロフィギュアスケーターの安藤美姫はツイッターで「ゆづくん神だった」「なんと度肝を抜かれた感動的な試合」と称賛し、女子フィギュアスケートの本田真凜も、ツイッターに「やばいやばいやばいやばいやばいやばいやばいやばいやばいやばいやばいすごすぎるやばいすごすぎるやばいすごすぎるやばいすごすぎるやばいすごすぎるやばいすごすぎるやばい」と投稿した。
【【朗報】本田真凜ちゃん、やばいやばいやばいやばい wwwwww【スケート】】の続きを読む

1: 2017/04/01(土) 23:43:27.35 ID:CAP_USER9
 
 プロフィギュアスケーターの安藤美姫(29)が1日、ツイッターを更新。「みなさん今まで応援ありがとうございましたm(_ _)m スケートから離れようと思います。 本当にありがとうございましたm(_ _)m」とつづった。真偽を図りかねるつぶやきに、「エイプリルフールと言ってください!」「エイプリルフールネタである事を祈る」など心配する書き込みが相次いだ。

 その後、再びツイートし、「エイプリルフールでしたので ごめんなさい… スケートは私の人生の一部。 スケートがあったからいろんな出会いがあって 学べて 今がある スケートまだ滑ります! そして 何があってもスケートからは離れません 皆さんの支えに感謝」と平謝りしていた。

 安藤はフィギュアスケートの元世界女王で、五輪は2大会連続で出場。2006年トリノ五輪は15位、10年バンクーバー五輪は5位だった。13年に現役を引退し、世界王者ハビエル・フェルナンデス(25)=スペイン=と交際している。 
【安藤美姫「スケートから離れようと思います」→「エイプリルフールでしたので ごめんなさい…」】の続きを読む

このページのトップヘ