スポーツ

1: 2017/08/21(月) 15:38:05.75 ID:CAP_USER9

現地時間19日に行われたブンデスリーガ第1節でハンブルガーSVはアウグスブルクと激突。開始8分にニコライ・ミュラーが決めたゴールによるリードを守りきり、ハンブルガーSVは1-0で勝利を収めている。なお、この試合では酒井高徳はベンチ入りしたものの、出場はしていない。

開幕白星を飾ったハンブルガーSVだが、ゴールを決めたミュラーにはとんでもない災難が待っていた。

前半8分、同選手は右サイドからのクロスに反応し、ファーサイドから右足ダイレクトでネットを揺らした。ゴールを決めた後、ミュラーはゴールラインの後ろを走りながら、回転ジャンプ。コーナーフラッグ付近で着地に失敗して倒れ込むと、激痛のあまり右ひざを抱えて苦痛の表情を浮かべた。

翌日、メディカルチェックを受けた結果、右足のじん帯裂傷と診断され、全治まで7カ月ほどかかる見通し。

ハンブルガーSVのスポーツディレクター、イェンス・トッドは「この診断結果は、我々にとっても計算外であり、大きな衝撃だった。これはニコライにとって厳しい現実となってしまった」と語り、白星スタートも同選手の大ケガに手放しで喜ぶことはできていないようだ。

また、マルクス・ギスドル監督も「これは最悪のニュースだね。こんな悲劇見たことがないよ」とメディアの前で語っている。

1987年生まれ、現在29歳のミュラーはグロイター・ヒュルト育ちで、同チームでトップデビュー後、ザントハウゼン、マインツを経て2014年からハンブルガーSVでプレーしている。昨シーズンはリーグ戦25試合5ゴール6アシストを記録し、ゴールとアシストはいずれもチーム最多タイ。HSVの1部残留に大きく貢献した、文字通り“攻撃の要”だった。

今回の負傷でミュラーは来年春までの離脱がほぼ確実に。また、今夏の移籍市場ではヴォルフスブルクから興味を持たれていたとドイツメディアで報じられていたが、今回の一件で移籍の可能性も完全消滅したようだ。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170821-00000010-goal-socc

【【サッカー】酒井高の同僚がゴールパフォーマンスで全治7カ月の重症を負う悲劇、ステップアップの移籍も消滅】の続きを読む

1: 2017/08/18(金) 11:19:27.35 ID:CAP_USER9

メキシコ1部のパチューカが現地時間18日にアウェイで行われるモレリア戦の招集メンバーを発表した。今年7月に同クラブへ加入した日本代表FW本田圭佑は招集外となっている。

 本田はパチューカに加入して以降、筋肉系の怪我により公式戦デビューを飾ることができていない。最近、ようやくチーム練習に合流したようだが、メキシコ紙『メディオ・ティエンポ』は「高度に順応できず、実戦でリズムを保つことに問題を抱えている」と指摘している。

 パチューカは今季、既にリーグ戦4試合、カップ戦(コパ・メヒコ)を3試合終えていた。モレリア戦にも招集されないことが決定したため、本田は公式戦8試合連続でベンチ外となっている。

846413f7.jpg


【【サッカー】<本田圭佑>練習合流も…パチューカデビューは来週以降「高度に順応できず、実戦でリズムを保つことに問題」】の続きを読む

1: 2017/08/18(金) 10:32:55.51 ID:CAP_USER9

メキシコ1部のパチューカに所属する日本代表FW本田圭佑が、現地時間17日にバルセロナで発生したテロ事件の犠牲者に対する哀悼のメッセージを、自身のツイッターに掲載した。

テロ事件は現地時間17日、観光客が多く集まるバルセロナ中心部のカタルーニャ広場近くで発生。白いバンが歩道に突っ込み、多くの人々を跳ね飛ばした。現時点で13人が死亡し100人以上負傷したことが確認されている。

この一報を知った本田は、自身のツイッターに「バルセロナのために祈ります。僕の心はバルセロナの全ての人々と、特に影響を受けた家族とともにあります。このような犯罪行為が再び起こらないことを願っています」とコメントしている。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170818-00226764-footballc-socc

【【サッカー】本田圭佑、テロ事件受け哀悼の意「僕の心はバルセロナの全ての人々と共にある」】の続きを読む

1: 2017/08/21(月) 19:21:35.88 ID:CAP_USER9

日本代表の6大会連続6回目の本大会出場に向け大詰めを迎えた、サッカー・ワールドカップ(W杯)ロシア大会アジア最終予選。B組首位の日本は、ホームでオーストラリア戦(31日・埼玉)、アウェーでサウジアラビア戦(9月5日・ジッダ)と上位決戦に挑む。1勝すれば出場が決まるという正念場で、日本代表に故障者が続出。24日の代表メンバー発表を前に、ハリルホジッチ監督が頭を悩ませている。

 W杯出場権は各組上位2チームが獲得でき、日本は残り2試合。1勝もできないと、サウジアラビアとオーストラリアの結果次第で3位に後退し、A組3位とのアジアプレーオフ、北中米カリブ海4位との大陸間プレーオフを勝ち抜かなくてはいけない。

 「試合に出ていない、また試合数が少ない選手を、次の試合で使うのは難しい」。19日、視察に訪れたJリーグの会場でハリルホジッチ監督がうなった。今回は集合から試合までの期間が1週間足らずと短く、状態が悪い選手に調整の時間が少ない。

 ダメージが大きいのが大迫(ケルン)の負傷だ。7月末に右足首を負傷し、20日のドイツ1部リーグ初戦もベンチ外。岡崎(レスター)が2試合連続得点と好調なのが救いだが、主力1トップとして台頭していた大迫を欠けば戦術面でも選択肢は狭まる。「経過は良好だが、試合に間に合うかは別問題」と表情を曇らせた。

 メキシコに移籍した本田(パチューカ)は右足痛などで開幕5戦連続ベンチ外。「試合に出て試合勘を取り戻している、身につけている選手が次は必要」という指揮官の言葉からすると、状況的に厳しい。国内組でも、ともに試合で負傷した清武(セ大阪)、森重(FC東京)の招集は絶望的だ。

 一方、右膝手術からリハビリを経て復帰した長谷部(アイントラハト・フランクフルト)については、ハリルホジッチ監督が「膝が少し腫れているという情報もある」と心配したが、20日の今季初戦でフル出場。大黒柱となる主将の回復は心強い。左肩脱臼の香川(ドルトムント)は19日の初戦で後半41分から途中出場した。

 「来日後、いちばん難しい状況かもしれない」と語るハリルホジッチ監督。ドイツやメキシコにも代表スタッフを派遣して綿密に情報収集し、最終判断する。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170821-00000054-mai-socc

【【サッカー】<サッカー日本代表>けが人続出 ハリル監督、選考に悩む】の続きを読む

1: 2017/08/21(月) 19:30:54.58 ID:CAP_USER9

昨シーズン、マンチェスター・ユナイテッドでリーグ戦28試合17ゴールの成績を残したズラタン・イブラヒモビッチ。同選手は4月20日に行われたヨーロッパリーグ準々決勝の第2戦、アンデルレヒト戦の試合終盤に右ひざのじん帯を断裂。その負傷により戦列を離れ、契約延長を勝ち取ることができなかった。マンチェスター・Uとの1年契約が満了したことにより、現在はフリーの身となっている。

だが、『ESPNFC』が伝えたところによると、マンチェスター・Uと再び1年契約を結ぶ見通しにあり、今週中にも再契約を結ぶ可能性が高いという。

すでにプレミアリーグ開幕節を消化しているが、ジョゼ・モウリーニョ監督は昨シーズン、公式戦で28ゴールを記録したイブラヒモビッチの得点力と、リーダーシップ、カリスマ性にも期待を寄せているようだ。

イブラヒモビッチは順調に回復しても年内の復帰は難しいと見られているが、回復後はロメル・ルカクのバックアッパーとして、ターンオーバーで起用される可能性が高い模様。現時点でマンチェスター・Uはルカク不在時の“柱”が不在となっているが、イブラヒモビッチが再契約で復帰となれば、タイトル奪還を目指すモウリーニョ監督にとって大きな力添えになることは間違いない。

同選手にはLAギャラクシーや古巣のミランなども獲得に関心を示していたが、離脱期間の長さが障害となり、ここまで交渉は具体的な段階まで進展していなかった。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170821-00000016-goal-socc

【【サッカー】イブラヒモビッチがマンチェスター・Uと再契約締結へ…今週中にも決着の見通し】の続きを読む

このページのトップヘ