Time After Time

ブックマークしてね~! http://news.blogo.jp/

スポーツ

1: 2016/02/04(木) 12:18:31.85 _USER*.net
 疑問を感じている人は少なくない。

 福士加代子(33)は、先日の大阪国際女子マラソンで日本歴代7位の2時間22分17秒の好タイムでぶっちぎり優勝。「これでリオ(五輪代表)決定だべ!」と満面の笑みを浮かべたのも束の間、あろうことか、最後の選考レースである1カ月半後の名古屋ウィメンズ(3月13日)に出場するというのだ。

 福士は先の大阪国際で陸連設定の派遣基準記録2時間22分30秒を突破。「22分30秒切り」は、07年東京の野口みずき(2時間21分37秒)以来9年ぶりのこと。リオ五輪キップは手中にしたと思いきや、陸連は「代表当確」を出していない。

福士が所属するワコールの永山忠幸監督(56)は、「日本陸連から確定と言ってもらえず、(代表から)外れる可能性も数%残っている。無理は承知だが、福士の名前が必ず残るようにしないといけない」と言って名古屋を走らせるというのだが、何も陸連は福士が嫌いなわけではない。

 リオ五輪マラソン代表選手選考要項によれば、選考基準は(1)「内定条件」と(2)「選考条件」に分かれている。

 (1)は、昨年の世界陸上(北京大会)8位以内入賞者で、日本選手最上位者1人。これにより7位の伊藤舞(2時間29分48秒)には即内定が出た。

 (2)は、昨年11月のさいたま国際、今年1月の大阪国際、3月の名古屋ウィメンズの3レースにおいて日本人3位以内から、次の1、2の優先順位で選考する。
1、陸連設定記録を満たした者(最大1人)

2、選考3レースの記録、順位、レース展開、タイム差、気象条件等を総合的に勘案し、五輪で活躍が期待されると評価された者

 (2)は、評価に曖昧な部分があることは否めないが、陸連は3つの選考競技会が終わってから選考基準にのっとり、最終的には理事会で決定するため、まだ選考レースが残っている以上、福士に「代表当確」は出せないのだ。

 ある実業団の関係者はこう言う。

「今の国内女子選手の力では2時間22分台がゾロゾロ出るとは思えない。でも、名古屋を走る木崎良子(30)や前田彩里(24)、田中智美(28)の頭には、福士のタイムがある。それに近い時計、もしくは上回らなければ五輪キップは無理と思っている。

ペースメーカーが5キロを16分30~40秒台のペースで30キロまで走り、それについていけば、ペースメーカーがいなくなってからもスピードはガクッと落ちないのではないか。可能性は低いとはいえ、福士と同等かそれ以上のタイムが出るかもしれません」

 これまで五輪や世界陸上の代表選びで物議を醸したのは一度や二度ではない。そのたびに「代表選考は一発勝負にするべきだ」と言われてきたが、今も実現しない。

「これまでマラソン大会をサポートしてきたテレビや新聞、多くのスポンサーへ陸連は配慮せざるをえない。ひとつだけ注目度が異常に高まるレースをつくるわけにはいかないのです」(広告関係者)

 名古屋ウィメンズの結果次第では、女子マラソンのリオ五輪代表選びも紛糾しそうだ。 
【【マラソン】五輪確定へ名古屋も走る福士加代子は陸連曖昧基準の犠牲者】の続きを読む

1: 2016/02/01(月) 11:04:44.62 _USER*.net
元バレーボール女子日本代表・大友愛が性格の悪さをモロに露呈し、
お茶の間の不快指数を上昇させてしまった。

1月23日に放送されたトークバラエティ番組「ジョブチューン」(TBS系)は、
「引退した今だからぶっちゃけます!SP」と題して、各界を引退したアスリート達がスタジオに大集結。
そこに大友も出演して現役時代では言えなかったエピソードをぶっちゃけたのだが、
それがまさかの悪口のオンパレード。

まず、現役時代に当時女子バレー代表監督だった柳本晶一のお酒好きが受け入れられず、
柳本に直接「あなたのこと信用できないので(代表)辞めます」と告げたという衝撃告白を披露。
その場はそれで収まったということだったが、以降は海外遠征でもユニフォームを着させてもらえず、
ビデオ係を任される日々が続いたという。

「大友はそのことに腹を立て、陰で不満をグチグチ言っていたようですが、アクシデントもあって
その陰口が監督の耳に入ってしまい、気まずさからその後1年間全日本の合宿に参加しなかったとか。
さらに、大友は、当時の代表メンバーだった栗原恵と大山加奈を実力が伴っていないのに、
メディアが盛大に持ち上げていることにも相当ムカついていたとも語っていました」(テレビ誌ライター)

最後に彼女は一言、「(当時は)若かったので尖っていたかもしれません」と付け加えていたが、
その敵意をむき出しのコメントの数々に、視聴者からは「いやいや、完全に性格が悪いだけだろ!」
と総ツッコミが入る始末。
ネット上には
「現役から大嫌いでした」「女の悪さが凝縮されている」
「あたかも自分が正しいかのように言ってるが、何も正しくない」と、
彼女の言動を非難する声があふれかえった。

「大友は風呂場でV字に開脚したヤバい写真が表に出たこともあり、だらしない私生活に
いい印象を抱いているバレーファンは少なかったですね。選手としても、重要な場面での
サーブミスが非常に多く、プレイ中にふてくされる場面をカメラに抜かれることが何度もあった。
ビデオ係にされたのも自業自得だったと思いますね」(スポーツライター)

番組のコンセプトどおりの“活躍”を見せた大友に制作側は大満足かもしれないが、
聞いても笑えない口撃は、視聴者からは完全にブロックされてしまったようだ。

http://news.infoseek.co.jp/article/asageiplus_51803/

元バレーボール女子日本代表 大友愛
no title

【【テレビ】 性格悪すぎ!元バレー日本代表・大友愛の逆恨み口撃を視聴者が完全ブロック】の続きを読む

1: 2016/01/31(日) 18:56:27.98 _USER*.net
リオデジャネイロ五輪の代表選考を兼ねた大阪国際女子マラソンは31日、
ヤンマースタジアム長居(大阪市)発着で行われ、
ケニア出身のK・チェピエゴ(30=九電工)が31キロ過ぎで倒れこみ、動けなくなるアクシデントが発生した。

序盤から先頭集団で走り続けていたチェピエゴは、30キロ手前から後退。
苦しそうな表情を見せ、右脇腹を押さえて一気にペースダウンした。

すると、31キロを過ぎたあたりで左脇腹を押さえ、うつ伏せの状態で地面に倒れこんでしまう。
呼吸はしているものの、全く動くことができず。その後、救急車で搬送され、無念のリタイアとなった。

【【陸上】大阪国際女子マラソンでアクシデント! 30キロ過ぎで倒れ込み…救急搬送】の続きを読む

1: 2016/01/31(日)08:38:09 ID:???

 【ソウル支局】「信じられない」。サッカー日韓戦で、韓国は2点差で前半を折り返しながら、
後半矢継ぎ早に3点を失い、逆転負けしたことに韓国のネットユーザーからは悲鳴に似た書き込みが相次いだ。

 「勝つと思って、緊張を解いたとたん…。国家代表がまともにやんないと。こんなに腹が立ったのは初めてだ」。
日本に3点目を得点された後、韓国人サポーターの1人はこうつぶやいた。

 別のネットユーザーは試合終了直後、「連続ゴールなんて。あんまりの油断。次の韓日戦は何があっても勝利だ!」と書き込んだ。

【【日韓頂上決戦】「信じられない」「こんな腹立ったのは初めて」 韓国ネットユーザー悲鳴「あまりの油断…」[H28/1/31]】の続きを読む

1: 2016/01/31(日)01:39:16
 U-23日本代表は30日、リオデジャネイロ五輪アジア最終予選(AFC U-23選手権)決勝でU-23韓国代表と対戦した。
前半20分に韓国に先制された日本は、後半2分に追加点を奪われる。
しかし、同22分にFW浅野拓磨(広島)、同23分にMF矢島慎也(岡山)が立て続けにネットを揺らして同点にすると、
同36分には浅野が決勝ゴールを奪い、3-2の逆転勝利を収めた。一次予選から9連勝を飾った日本が、アジアの頂点へとたどり着いた。

【【五輪】サッカーU-23代表、韓国を激闘の末3-2で逆転し優勝を飾る[2016/01/31]】の続きを読む

このページのトップヘ