Time After Time

2chまとめブログです!芸能・アイドル・スポーツ・なんJ・VIP・・・!

女優

1: 2016/02/21(日) 02:07:44.89 _USER*.net
2月15日に放送された有村架純主演のフジテレビの月9ドラマ「いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう」第5話の視聴率が8.8%だったことがわかった。
同ドラマは放送以来、視聴率を下げ続けている。

「第5話では、東日本大震災の日までを描く第1章を完結させるとあらかじめ予告で煽り、さらに終盤には善人キャラだった高良健吾演じる練を、
悪の性格へ豹変させるといった怒涛の展開を盛り込みました。また放送時間を15分拡大させ、
後番組である『SMAP×SMAP』の視聴者を取り入れるなど、あらゆる手段を打ったにも関わらず、視聴率の低下は止められませんでした」(テレビ誌記者)

月9といえば昨年、同枠史上初の視聴率1ケタスタートとして、福士蒼汰主演「恋仲」が話題になったが、それでも全話を通して8%台まで落ちることはなかった。

現在、歴代の月9で最低記録を維持しているのが、尾野真千子主演の「極悪がんぼ」だという。

「『極悪がんぼ』は初回こそ13.6%というまずまずの数字を記録したものの、最終回前の10話では7.8%まで下降。
それが月9における史上最低記録となっています。
それがここにきて『いつ恋』が8%台を出したことで、尾野が持つ“月9最低視聴率女王”の冠を有村が継承する可能性が出てきた。
尾野といえば、あまりの低視聴率に、打ち上げで号泣したことが話題となりました。
そのため、今、尾野ファンからは、彼女を傷つけたこの不名誉な肩書きを有村に押し付けたいと、
『いつ恋』の最低記録更新を望む声がネットで飛び交っているのです」(前出・テレビ誌記者)

次回からは第2章として、5年後の主人公たちの姿が描かれる。はたして有村は、歴代最低視聴率女王という不名誉な烙印から逃げ切ることができるだろうか。


no title

【「月9」大爆死!有村架純が打ち上げで号泣したあの女優の後継者に!?】の続きを読む

1: 2016/02/22(月) 20:29:31.69 _USER*.net

女優の多部未華子(27)が22日、主演映画「あやしい彼女」(監督水田伸生、4月1日公開)
の都内で行われた完成披露試写会で、共演の倍賞美津子(69)、小林聡美(50)、要潤(35)らとともに
舞台あいさつに立った。

多部は73歳の毒舌おばあちゃんだが、ひょんなことから20歳の体を手に入れてしまうという役どころ。
倍賞との“2人1役”だったが、「同一人物なので同じシーンはなかったんですけれど、
同じ撮影日があって倍賞さんは私を心配して、たくさん声をかけてくださったのに、
はい、そうですねしか言えず申し訳ありません」と公開謝罪だ。

倍賞は、「感じも体つきも全く違うから、心だけはつながっていようねって言っただけ」と優しくフォロー。
「よくできました」というお褒めの言葉に、多部もホッとした表情を浮かべた。

だが、天性の歌声を持っている設定に話題が及ぶと、要が
「天性の歌声ってあるんだって、思わずひざから崩れ落ちそうになった」、
ロックバンド「DISH//」のボーカルでもある北村匠海(18)も
「ここまでストレートに心に響く歌を久々に聴いた」とちゃかし気味に絶賛。

多部は、「ちょっと、もう本当にやめて」と照れることしきりだった。


・映画「あやしい彼女」の完成披露試写会に出席した(左から)要潤、倍賞美津子、多部未華子、小林聡美
no title

倍賞美津子(左)と多部未華子
no title

http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2016/02/22/kiji/K20160222012088260.html


∥その他の画像∥
no title

no title



∥関連∥
・映画『あやしい彼女』公式サイト
http://ayakano.jp/

【多部未華子 天性の歌声“ホメ殺し”に悲鳴「もう、やめて」】の続きを読む

1: 2016/02/22(月) 10:18:14.98 _USER*.net
昨年、激太りしたことでネット民たちのネタにされていたタレントの北乃きいが、歌手活動再開を発表。
ところが、早くもその再スタートに対して冷やかしのコメントが目立っている。

来月9日、北乃は4年ぶりとなるアルバム「K」をリリースすることが決定。
このアルバムには、彼女のデビュー曲をセルフカバーした「サクラサク 2016 feat. 童子-T」や、
大友康平とのデュエット曲が収録されている。

そんな彼女の久々のアルバムリリースだが、
セールス面では正直いって期待はできないと音楽関係者は見ているようだ。

「北乃はデビュー当初、清純系女優で売り出されていましたが、2010年に俳優の佐野和真と
路上キスするところを撮られ、熱愛スキャンダルに発展しました。彼女はそれを深く反省し、
『ケジメをつけ、お仕事第一優先で頑張ります』と謝罪し、佐野と別れました。ですが
その代償はあまりに大きく、人気もイメージもガタ落ち。結局は最初のスキャンダルから
3年後に佐野と復縁し、現在では交際を認める発言までしています。それに最近は
体形のこと以外で話題になった記憶もありませんし、このタイミングでアルバムが
売れるとは到底思えませんね」(音楽誌ライター)

ネット上でも
「人気が回復しなかったから復縁というのはちょっとナメてる」
「この若さでセルフカバーって、歌手としてダメじゃない?」「いったい誰が買うんだろ?」
「やっぱ体形が…」といったコメントが多く並び、あまり興味がないという雰囲気がありありだ。

2月25日からは舘ひろしと共演するドラマ「クロスロード」(NHK-BSプレミアム)が放送開始されるが、
その完成試写会でも相変わらずの激ポチャぶりを露呈。
少しでもポッチャリを隠すため(?)の黒い衣装だったもの、
遠目から見た記者が「アデル(イギリスの有名シンガー)みたいだ」とつぶやいていたとか。

世界中でアルバムが1位を獲得しているアデルに“歌”で並べるならともかく、
体形だけ互角になったところで、やはり“完全復活”には程遠いかもしれない。

ドラマ『クロスロード』試写後会見に出席した北乃きい
no title

no title

【体形だけアデルにそっくり!?北乃きい4年ぶりのアルバム発売に「誰が買うの?」】の続きを読む

1: 2016/02/18(木) 05:30:05.94 _USER*.net

女優、小芝風花(18)が3月15日に初写真集「風の名前」(ワニブックス、3024円)を発売する。

昨年9月に高知で撮影。制服姿や体のラインが出たセクシー衣装に加え、
スクール水着やビキニにも初挑戦。「水着はすごい抵抗があったけれど、頑張りました。
メークも衣装もナチュラルな感じで、今までにない姿を見ていただけると思います」とアピールした。

NHK連続テレビ小説「あさが来た」(月~土曜前8・0)で、波瑠(24)演じるヒロインの長女役を好演中。
「20歳までに女優としての土台を作りたい。今年は人とのご縁を大切に、いろいろ挑戦したい」と意気込む。

3月20日正午から東京・福家書店新宿サブナード店で発売イベントを行う。

no title

no title

no title

no title

no title

no title

【小芝風花、初写真集でスクール水着やビキニ挑戦「今までにない姿」】の続きを読む

1: 2016/02/22(月) 10:32:18.33 _USER*.net
◆松岡茉優の「コーモン」発言に「バラエティ女王最有力」の声

NHK朝ドラ「あまちゃん」への出演を機にブレイクし、今や女優業だけでなく、
バラエティもこなす松岡茉優のナイスなひと言に注目が集まった。

ナインティナインと共にお笑い特番「ENGEIグランドスラム」(フジテレビ系)のMCを務める松岡は、
言い間違い漫才でおなじみのお笑いコンビ・ナイツの漫才がよほどツボにハマったらしく、
化粧が取れるほどの涙を流した。

ナイツの「オレ、コーモン(こう)見えても」というフレーズを気に入った岡村隆史が、
涙をぬぐう松岡に「コーモンも拭いといてくださいね」と下ネタをかましたのだが、
彼女はあっけらかんと「コーモンは綺麗です」と返し、スタジオに爆笑を誘った。

この発言には矢部浩之が「口にしないほうがいい」とダメ出ししていたが、松岡のとっさのボケ返しは、
バラエティ能力の高さを感じさせるものだった。

「反応速度が速く、言葉選びが巧みという印象が強いです。
14年に放送されていたバラエティ番組『うつけもん』(フジテレビ系)でも松岡はMCを務めていましたが、
共演したおぎやはぎも彼女のしゃべりに圧倒されたそうで、『女優がダメになっても、一生食っていけますよ』と絶賛していました。
現在はその後継番組の『ツギクルもん』でも、そのセンスをいかんなく発揮しています」(芸能ライター)

ボケ返しとはいえ、松岡の下ネタ発言に妄想を掻き立てられた視聴者も多かったようで、
ネット上では「さらっと言えるからいやらしくない」「バラエティ女王になれる好感度と頭の良さ」
「デートしたら楽しそう」「絶世の美人じゃないけど絶対にモテるタイプ」と絶賛の嵐だ。

現バラエティ女王の小島瑠璃子も松岡をライバル視しているようだが、下ネタへの対応力の高さは圧倒的に松岡が上だろう。 
【女優・松岡茉優「コーモンは綺麗です」発言に「反応速度が速く、言葉選びが巧みで“バラエティ女王最有力”」の声】の続きを読む


このページのトップヘ