Time After Time

2chまとめブログです!芸能・アイドル・スポーツ・なんJ・VIP・・・!

歌手・音楽

1: 2017/06/21(水) 05:23:18.18 ID:CAP_USER9

6月19日放送の『しゃべくり007』(日本テレビ系)に、浜崎あゆみ(38)が出演した。7年ぶりに日本テレビ社屋を訪れたという浜崎は「音楽番組でしか来たことがない」と、トーク番組への出演がかなり異例だということを強調。そして謎に包まれた私生活について語っていった。

 「家にはお手伝いさんが5人くらいいる」「スマホが使えない」「スマホは素っ裸で持ってる(ケースを使っていない)」「スマホの『連絡先』がどこに出てくるのか分からない」「アプリとかわからない」と、浮世離れぶりをこれでもかとアピールした浜崎。だが浜崎のインスタグラムを見るとこれらの発言は明らかにおかしい……。

 まずスマホはルイ・ヴィトンのケースに入れており「素っ裸」ではないことが明らかで、浜崎のインスタにはたびたび、相当の補整・加工済みと思われる彼女自身の撮影画像が投稿されている。アプリなどを駆使してバリバリに写真加工しているとしか思えないのだが、今回の「アプリとかわからない」発言は暗に「写真を加工などしていない」と示すためだろうか。そもそもインスタグラムへの投稿は彼女自身のスマホではなく身近な誰か、それこそ「お手伝いさん」の機種を利用しているのだろうか? スマホ専用のルイ・ヴィトンのポーチまでぶら下げていたこともあり、かなりのスマホ愛好家だと思われるのだが……。ちなみに2013年にはファンとアプリゲーム「LINEバブル」で対戦するというイベントを行い「私ゲーム中うるさいんです」とも言っていた。…

http://www.excite.co.jp/News/entertainment_g/20170620/Messy_48475.html


ゲームまでバリバリやっているじゃないか……。

 浜崎はツアー中の行動についても語ったのだが、「どこにいってもあまり人に会いたくない」とインドア派な性分を明かし、「趣味は愛犬とお喋り」と素朴アピール。一方で朝起きたらカーテンを開けて自宅でヨガインストラクターとヨガをし、青汁を飲む。冷蔵庫には無くなったものが勝手に補充される、などセレブ風を吹かせることも忘れない。しかしすでにスマホの件で嘘をおりまぜているので何が本当で何が虚勢かさっぱりわからない。

 さらにネット上では、全盛期の頃のギャルな喋り方と異なるおしとやかな口調、アキラ100%(42)など芸人を目の前にした時の“きょとん顔”などが強い違和感を与えるという指摘も多数出ている。ファンからさえ「なぜこんなにぶりっ子するのだ。あゆ」「あゆってこんなぶりっ子みたいなしゃべり方だっけ?」「ぶりっ子やめて欲しい。ぶりっ子してないあゆが好きだった」「あゆなんでずっときょとん顔? こんなキャラだったっけ」と困惑する声が上がる始末で、久々のテレビバラエティでのトークを楽しみにしていたファンまでがっかりさせてしまった。

 一方でファンからは「綺麗な佐藤仁美みたい」「激太りとかなんとか騒がれてたけど、全然普通に今までのあゆじゃん! 歳とった感がない!」と良い意味で驚きの声も上がっていたが。トークで謎の素朴・天然アピールさえしなければ、彼女の全盛期を知らない世代や、彼女に興味のない層にも刺さる可能性はあったのに、なぜこのキャラ設定にしたのだろうか。 
【【悲報】しゃべくりで浜崎あゆみが嘘を連発! ファンも困惑 wwwwww】の続きを読む

1: 2017/06/21(水) 17:37:12.87 ID:CAP_USER9
藤井フミヤ、チェッカーズ再結成「難しい」

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170621-00000321-oric-ent

no title


1983年から1992年に活動した男性7人ポップスバンド・チェッカーズのメンバーで、実の兄弟である藤井フミヤと藤井尚之のユニット・F-BLOODが21日、東京・Shibuya O-EASTで、アルバム『POP ‘N’ ROOL』リリース記念ライブを行った。

 ライブ終了後に行われた囲み取材では、同バンドの今後についてフミヤが「このF-BLOODに解散っていう言葉はないですね」と明言。1992年に惜しまれつつも解散したチェッカーズ再結成の可能性については「難しいでしょうね。もう音楽やっていない人間もいますし」とコメントした。

【藤井フミヤ、チェッカーズ再結成「難しい」】の続きを読む

1: 2017/06/21(水) 18:28:08.97 ID:CAP_USER9

歌手の浜崎あゆみさん(38)が、2017年6月19日放送のバラエティ番組「しゃべくり007」(日本テレビ系)に出演した際に映った「タトゥー」に注目が集まっている。

薄ピンク色の肩を大きく露出したドレスで登場したため、カメラに映る角度によっては右肩に彫られたタトゥーが何度もチラ見えしていた。

no title

no title


■「見るたびに長瀬くん浮かぶ」

浜崎さんのSNSにはこれまでにも、タトゥーがはっきりと分かる写真が投稿されている。タトゥーはハートマークに片翼が生えたデザインで、ハートの中には「A」のイニシャルがあしらわれている。もともとは元彼であるTOKIOの長瀬智也さん(38)とペアになったデザインだったが、破局後にアレンジを加え、変更したと考えられている。

二人は2001年に交際宣言、2007年に破局を報告。ペアのタトゥーもファンの間ではよく知られていたが、視聴者の中からは「あゆ、結構がっつりタトゥー入ってるんだな」「え、あゆのタトゥーって長瀬くんとお揃いなの?」という驚きの声があがった。

タトゥーを知るファンでさえ、「あゆのタトゥー見るたびに長瀬くん浮かぶよね」「あゆのタトゥーまだあるんだ...完全なハートにはなってるけど...」「あゆの背中のタトゥー見ると切なくなる。。。。消さないのね」などと複雑な思いを吐露している。

また昨今では、テレビ出演の際にタトゥーを隠す風潮があることから、「なぜあゆはタトゥー出してテレビに出れるの?他の人は隠すのに」と疑問視する人も現れている。

https://www.j-cast.com/2017/06/21301171.html

【浜崎あゆみ、タトゥーに漂う哀愁「見ると切なくなる。。。。」】の続きを読む

1: 2017/06/20(火) 05:16:13.91 ID:CAP_USER9

毎年生まれる名曲の数々。今までもミリオンヒットを記録したような名曲が多数存在します。そのような名曲を多数世に送り出すアーティストもいれば、代表曲は爆発的に売れたものの、それ以外の曲はそれほど…というアーティストもいます。そこで今回は、ぶっちゃけ一発屋だと思う2000年以降のアーティストについて探ってみました。

1位 植村花菜 (代表曲『トイレの神様』)
2位 May J. (代表曲『レット・イット・ゴー ~ありのままで~』)
3位 三木道三 ※現在はDOZAN11(代表曲『Lifetime Respect』)
4位 鼠先輩 (代表曲『六本木~GIROPPON~』)
5位 ゴールデンボンバー (代表曲『女々しくて』)
6位 河口恭吾 (代表曲『桜』)
7位 花*花 (代表曲『あ~よかった』)
8位 Hilcrhyme ヒルクライム (代表曲『春夏秋冬』)
9位 青山テルマ (代表曲『そばにいるね feat. SoulJa』)
10位 秋川雅史 (代表曲『千の風になって』)

■1位は「植村花菜」!

幼いころの祖母との思い出を歌に込めた『トイレの神様』が大ヒットをおさめた植村花菜。懐かしく切ない祖母とのエピソードに自分を重ね合わせ、感動して涙してしまったという人も少なくありません。抜群の歌唱力と印象的な“トイレの神様”というタイトルで当時幅広い世代の人から愛された曲となり、大晦日の定番である『第61回NHK紅白歌合戦』への出演も果たしています。リリースから7年経った今も、記憶に新しいこの曲。しかしこの曲の印象が強すぎたせいか、それ以降の彼女の曲を知らないという人が多数。一発屋だと感じている人が多く、1位となりました。

no title


■2位は「May J.」!

MayJ.といえば高い歌唱力を活かした名曲のカヴァーで有名。一青窈の『ハナミズキ』や、宇多田ヒカルの『FirstLove』をはじめ、数々の名曲をカヴァーしていることから“カヴァーの女王”と呼ばれています。しかし、自身のヒット曲には恵まれていない彼女。ディズニー映画『アナと雪の女王』で使用された楽曲『レット・イット・ゴー~ありのままで~』を歌ったことで有名になったものの、それ以降代表作に恵まれず、一発屋のイメージを持つ人も多いようです。

no title


■3位は「三木道三」!

レゲエ調の曲で男性目線の夫婦愛を歌った『LifetimeRespect』は若い世代を中心に「素敵」「こんな夫婦になりたい」と共感を集め、大ヒットを記録しました。カラオケで歌ったことがあるという人も多いのではないでしょうか。しかしそれ以外の彼の曲を知らない人が多数。3位となりました。ちなみに彼は今“DOZAN11”という名前で活動しています。

no title


このように、一発屋だと思われているアーティストは少なくありません。しかし一曲でも日本中に影響を与える代表曲を持っていること自体がすごいことですね。みなさんは、どのアーティストが一発屋だと思いますか?
【ぶっちゃけ一発屋だと思うアーティストランキング!植村花菜、May J.、三木道三、鼠先輩、金爆、青山テルマ、秋川雅史など wwwwww】の続きを読む


このページのトップヘ